Googleアドセンス審査に合格した人たち

このブログ記事をご覧になられてるということは、Googleアドセンス審査に合格したんですね。

 

おめでとうございます!

 

ブログ収益化へのスタート地点なので、これから張り切っていきましょう!

さて今回はWordPressブログでGoogleアドセンス審査を合格したあとの広告掲載方法と「やること」をまとめていきます。

ぜひ参考にしてください。

Googleアドセンス審査合格後にやること一覧

具体的な説明のまえに、まずはGoogleアドセンス審査合格後にやること一覧をまとめていきます。

 

全体感を把握して漏れなく作業を済ませましょう。

  1. アドセンス審査用コードの対処
  2. アドセンス広告ユニットの作成
  3. ブログ記事内にアドセンス広告の掲載
  4. プライバシーポリシーの更新

Googleアドセンス審査に合格した後にやることは、この4つです。

アドセンス審査用コードの削除

アドセンス審査を受けるために〈headタグ〉に審査用コードを貼り付けましたよね

そのアドセンス審査用コードを削除しましょう。

 

〈headタグ〉なので基本的に問題ないと思いますが、予期せぬ悪さをしたり、思わぬ場所にアドセンス広告が出現したりする可能性はあります。

なのでアドセンス審査用コードは削除しておきましょう。

 

テンプレートに〈headタグ〉部分があるならそこで削除すればOKですし、WordPress管理画面の「外観」から「テーマ編集」の「header.php」で削除すればOKです。

 

アドセンス審査用コードの設置画面

 

アドセンス広告ユニットの作成

続いてアドセンス広告ユニットを作成していきます。

アドセンス広告ユニットを作成して、アドセンスコードを取得し、そのコードをブログに貼り付けていきます。

 

アドセンス広告の表示方法には2種類あります。

  • 自動表示
  • 手動表示

まずはこの2つの違いを解説しますね。

 

自動表示」とは、Googleがブログに合わせて「広告掲載場所」や「アドセンス広告の種類」を決めてくれます。

アドセンス管理画面で「自動表示(広告)」を選択すれば、ブログ運営者は何もする必要はありません。

 

手動表示」とは、ブログ運営者が「広告設置場所」や「アドセンス広告の種類」を決めます。

アドセンス管理画面で表示したいアドセンス広告の種類を選択して広告ユニットを作成し、ブログ記事内にアドセンス広告を自分で設置します。

 

つまり「自動表示」と「手動表示」の大きな違いは、広告設置場所やアドセンス広告の種類を「Google」が決めるのか「ブログ運営者」が決めるかです。

 

どちらにもメリット・デメリットはありますが、「手動表示」と「自動表示」の二刀流をおすすめしてます。

手動表示で基本的な配置位置にアドセンス広告を設置して、あとの表示場所はGoogleに任せるイメージですね。

 

ただ注意点があって、「自動表示」はブログのアクセス数やブログ訪問者の属性などの情報が不十分だとアドセンス広告が配信されない可能性があります。

なのでブログ初期なら自動表示だけに頼るのは避けたほうがいいですね。

 

アドセンス広告の基本的な配置位置は下記ブログ記事で解説してます。

アドセンス広告の種類

Googleアドセンス広告には様々な種類があります。

  • テキスト&ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内(ネイティブ)広告
  • リンクユニット広告
  • 関連コンテンツ広告
  • 検索向けボックス広告

ブログ内に設置したいアドセンス広告を選び、広告ユニットを作成していきましょう。

 

ただ最初はどれがどれなのか分からないですよね。

参考までに僕が今までブログ運営してきたなかで各アドセンス広告の収益効果クリック率(ページCTR)を下記ブログ記事でまとめてますので、ご参考にどうぞ。

アドセンス広告をブログ記事内に掲載

アドセンス広告ユニットを作成したらブログ記事内にアドセンス広告を掲載していきます。

(※「自動表示だけの方」は必要ない作業なので「プライバシーポリシーの更新」に進んでください)

 

アドセンス広告をブログ記事内に掲載する方法は3つあります。

  • アドセンス広告ユニットのコードをブログ記事内に直接貼り付ける
  • 「テーマ編集(cssやphp)」でアドセンス広告ユニットのコードを埋め込む
  • プラグインを利用してブログ記事内に貼り付ける

主にこの3つの方法で掲載できるんですけど、個人的には「プラグイン」を活用するのをおすすめしてます。

「アドセンス広告ユニットのコードを直接貼り付ける」のは作業中にミスする可能性があるし、「テーマ編集(cssやphpシート)でアドセンス広告ユニットのコードを埋め込む」のは、少し難易度が高いし、変更したいときにまた時間がかかります。

 

「プラグイン」を活用すればミスなく簡単にアドセンス広告を掲載できるし、掲載場所もブログ記事のレイアウトに合わせて選択できます。

ただ一部のアドセンス広告は「テーマ編集(cssやphpシート)で埋め込む」方が便利だったりするので、慣れてきたらやってみると良いですね。

 

アドセンス広告を掲載できる「プラグイン」は様々ありますが、個人的には「AddQuicktag」をおすすめしてます。

プラグイン設定が簡単だし、ブログ記事内への掲載も簡単なんですよね。

 

「AddQuicktag」の設定方法やブログ記事内へのアドセンス広告の掲載方法は下記ブログ記事で解説してます。

 

アドセンス広告のユニットの作り方は下記ブログ記事で解説してます。

アドセンス広告の設置数と設置箇所について

次にブログ記事内にアドセンス広告を掲載します。

 

ただ!

「テキトーな場所」に掲載したり、ブログ記事内に「アドセンス広告を貼りまくる」のは止めましょう。

 

アドセンス広告にはクリックされやすい基本的な掲載位置(※先ほどご紹介しました)があるし、貼りまくるのはポリシー違反になったり、広告単価やクリック率(ページCTR)が下がったりします。

ブログ初期であれば「基本的な掲載場所」に「適切な広告数」でアドセンス広告を掲載すると良いですね!

 

適切なアドセンス広告の数は下記ブログ記事で解説してます。

プライバシーポリシーの更新

ここまでの作業が完了すれば、ブログでの収益化ができてます。

どんどんアクセスを集めて、ブログ収入をガンガン増やしていきましょう!

 

今から解説する「プライバシーポリシーの更新」は、もしアドセンス審査時に「Googleアドセンスについて明記してない方」のみに必要なことです。

プライバシーポリシーに「Googleアドセンスで収益化してる」ことを明記する必要があるので、その旨を追記しましょう。

 

プライバシーポリシーに広告配信の項目を追加する画面

 

雛形を用意してますので、あなたが運営するブログ用に編集して活用してください。

 

プライバシーポリシーの雛形

サイトURL”は、Google adsenseの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

 

プライバシープライバシーに「広告配信について」の項目を設置すれば、アドセンス審査合格後にやるべきことは完了です。

あとはブログアクセスを伸ばすだけ!

今回は、WordPressブログでGoogleアドセンス審査を合格した後の広告掲載方法と「やること」を解説しました。

今回ご紹介した4つステップを参考にしていただきながら、ブログ収益化をしていきましょう。

 

只今メルマガにご登録いただいた方に、「ネタの見つけ方」や「キーワード選定方法」、「タイトルの付け方」などブログのアクセスアップ術を解説してる動画コンテンツをプレゼント中です。ぜひ、ご活用ください。

 


 


 

OTHER POSTS