広告の種類

アドセンスには様々な種類の広告があります。

・ディスプレイ広告
・関連コンテンツ広告
・リンク広告
・記事内(ネイティブ)広告
・カスタム検索向けボックス広告

気になるのは「一体どれがクリック率が高いのか?」だと思います。

今回は、アドセンス広告の種類をサンプル画像を交えながら紹介しつつ、
僕が運営するブログを元にクリック率が高いアドセンス広告を解説します。

アドセンス広告の種類

アドセンス広告の種類です。

サンプル画像を交えながら掲載するときのポイントもお話します。

ディスプレイ広告

まず1つ目はディスプレイ広告です。

ディスプレイ広告はオーソドックスな広告です!

ディスプレイ広告サンプル

掲載するときのポイントは、そのままのデザインでは使わないことです。

・大きさを変更する
・ブログデザインに合わせる

こんな風に少しカスタマイズするだけで、クリック率(ページCTR)は上がります。

ディスプレイ広告のテキスト色や背景色をブログと揃えたり、
サイズをカスタマイズしたりするのがおすすめです。

カスタマイズのしすぎは、
ポリシー違反なので気をつけてください。

ディスプレイ広告のカスタマイズ方法は下記記事で解説してます。

関連コンテンツ広告

つぎが関連コンテンツ広告です。

関連コンテンツ広告はブログの関連記事の中にアドセンス広告が入ってるデザインです。

【※関連コンテンツ広告のイメージ】

グーグルアドセンス広告の関連コンテンツ広告のイメージ

関連記事の中にアドセンス広告が表示されるので、
ユーザーの広告アレルギーを軽減できるのが大きな特徴ですね。

掲載するときのポイントは、設置する位置です。

・記事下(記事終わり)
・ウィジェット(サイドバー)

この2つの位置に関連コンテンツ広告を掲載すれば、よくクリックされます!

ただ…、関連コンテンツ広告を掲載するには条件があります。
しかもGoogleはその条件を明かしていません。

ま、まさかのトップシークレットか〜い!

運営するブログをベースに解放条件の目安をまとめたので、こちらもどうぞ!

リンク広告

3つ目がリンク広告です。

リンク広告は、テキスト形式でメニューのように表示されるデザインです。

【※リンク広告のイメージ】

グーグルアドセンス広告のリンクユニット広告のイメージ

リンク広告を掲載するときのポイントも設置位置です。
「トップ画像と記事の間」がリンク広告のクリック率は高いんですよね!

広告単価は安いんですけど他のアドセンス広告とデザインはカブってないので、
リンク広告分の収益は純増です。

アドセンス収益を最大化したいならリンク広告はおすすめです。

リンク広告の設置方法は下記記事で解説してます。

記事内広告

つづいて記事内広告です。

記事内(ネイティブ)広告は、ディスプレイ広告に「もっと見るボタン」がついたデザインです。

【※記事内(ネイティブ)広告のイメージ】

グーグルアドセンス広告の記事内(ネイティブ)広告のイメージ

記事内(ネイティブ)広告の特徴は「もっと見るボタン」です。

掲載するときのポイントは、基本的な配置位置を守ること。

・記事上
・記事中
・記事下

これらの位置にディスプレイ広告と併用しながら掲載するのがおすすめです。

ディスプレイ広告を3つ設置してるなら、
その1つを記事内広告に変更してみるとか。

それでクリック率の様子を見ながら設置数を調整するのがおすすめです。

記事内広告の設置方法は下記ブログ記事で解説してます。

カスタム検索向けボックス広告

最後5つ目がカスタム検索向けボックス広告です。

カスタム検索向けボックス広告は検索窓(※Search部分)が広告になるデザインです。

【※カスタム検索向けボックス広告のイメージ】

カスタム検索ボックス広告

「カスタム検索向けボックス広告」でブログ内を検索してみると、
検索結果が「検索エンジンの検索結果」みたいになります。

ブログ記事一覧の上に、
リスティング広告が表示されます。

【※カスタム検索向けボックス広告の検索結果画面のイメージ】

カスタム検索向けボックス広告の検索結果画面

カスタム検索向けボックス広告の特徴は、
ブログ内の検索部分をアドセンス広告にできる部分です。

検索が頻繁にあるブログでないと収益は期待できませんが、
他のアドセンス広告とデザインがカブってないないですし、
設置しないよりはしたほうがいいですね!

ブログ内に検索ボックスは必ず設置しますしね!

「カスタム検索向けボックス広告」の設定方法は下記記事で解説してます。

クリック率が高いアドセンス広告は?

それではクリック率が高いアドセンス広告を解説します。

僕が運営するブログをベースにしてます。
クリック率が高いアドセンス広告
1位:関連コンテンツ広告
2位:リンク広告
3位:記事内広告
4位:ディスプレイ広告
5位:カスタム検索向けボックス広告

クリック率が高いのは関連コンテンツ広告リンク広告ですね!
この2つのアドセンス広告のクリック率にそこまでの差はありません。

そして、ちょっと差があいて記事内広告とディスプレイ広告で、
そこから結構な差があいてカスタム検索向けボックス広告です。

アドセンス広告の種類を増やすだけでクリック率は上がります!

もしブログにディスプレイ広告しか掲載してないなら、
それ以上にもったいないことはありません。

アドセンス広告には様々なデザインがあるので、
定期的にアドセンス広告の種類を見直すのがおすすめです。

アドセンス広告の最適な掲載位置はこちらで解説してます。

アドセンス広告の種類は増やした方が良い

アドセンス広告の種類を解説しました。

アドセンス広告の種類を増やすだけで、クリック率は上がります。

アドセンス広告の種類を増やすのは30分もあればできますし、
導入したその日からクリック率は上がるので、やらない手はありません!

また、Googleは不定期で新たなアドセンス広告をリリースしてます。
クリック率が高いか低いかは分かりませんが、積極的にトライしましょう!