関連コンテンツ

関連コンテンツ広告の解放条件をお話します。

アドセンスの関連コンテンツ広告を設置できれば、
ページCTR(クリック率)が上がるのでブログ収入は確実に伸びます。

でも、掲載するには一定の条件があるんですよね!

・アクセス数
・記事数

Googleは関連コンテンツ広告を解放する条件をこの2つとしてますが、
具体的な数値は公開してません。

なので僕が複数のブログ運営をするなかで、
関連コンテンツ広告が解放されたアクセス数と記事数の目安をお伝えします。

関連コンテンツ広告とは?

「関連コンテンツ広告」とは、
関連記事の紹介のなかにアドセンス広告が表示させるデザインです。

  【※関連コンテンツ広告イメージ】

グーグルアドセンス広告の関連コンテンツ広告のイメージ

ブログ記事一覧の中にアドセンス広告が表示されるので、
サイト訪問者にストレスなく広告を見てもらえます。

それによりアクセス数が増えたり、収益率がアップしたりするんですよね!

実際にGoogleの報告だとアクセス数が9%、滞在時間が10%アップとあります。

アクセス数やユーザーの滞在時間が増えれば広告表示回数が増えたり、
クリックされる確率も上がったりするので収益アップに繋がるんですよね!

関連コンテンツ広告の解放条件

それでは関連コンテンツ広告の解放条件です。

関連コンテンツ広告は、誰でも掲載できる広告ではありません。

アドンセンス審査に合格したばかりだったり運営期間が短かったりするブログだと、
関連コンテンツ広告がアドセンス管理画面に表示されないんですよね。

関連コンテンツ広告の解放条件は2つです。

・アクセス数
・記事数

この2つが一定基準値を超えると関連コンテンツ広告が解放されます。

ブログの運営期間は関係ありませんよ!

しかし…、

Googleは2つの条件は公表してるんですけど、
合格ラインの具体的な数値は明確にしてないんですよね。

ご自身のアドセンス画面で解放されてるか確認してください」とだけあるんです。

つ、冷たすぎるよ、Googleさん!!!

Googleさんの言い分はごもっともなんですけど、毎日確認するのも大変ですよね…。

なので僕が複数のブログ運営をするなかで、
関連コンテンツ広告が解放されたアクセス数と記事数を目安にご紹介していきます。

関連コンテンツ広告の解放条件の目安

それでは僕の実践ベースをもとに、
関連コンテンツ広告が解放されるアクセス数と記事数の目安をお話します。

アクセス数の目安

まずはアクセス数の目安です。

アクセス数は1日1,000PVが目安だと思います。

ただ「1日だけ1,000PVを超えた!」では多分無理です。
1日1,000PV以上を安定して超えるのがポイント!

1週間のうち5日以上は超えたいですね!

1日1,000PV以上を継続できたら関連コンテンツ広告が解放される可能性は高いです。
アドセンス管理画面を確認しましょう!

記事数の目安

つぎに記事数の目安です。

記事数は50記事以上が目安だと思います。

ただ50記事以内でも5,000PVくらい集めれてるなら、
関連コンテンツ広告が解放される可能性は高いです!

記事数よりもアクセス数のほうが大切です。

逆に100記事以上を書いても1,000PVも集まってないなら、
関連コンテンツ広告が解放される可能性は低いですね。

関連コンテンツ広告の設定方法はこちらで解説してます。

定期的に確認しよう!

関連コンテンツ広告の解放条件を解説しました。

・アクセス数
・記事数

この2つの条件をクリアできれば関連コンテンツ広告は解放されます。
50記事以上で1日1,000PVを安定して超えたくらいが目安だと思います。

ブログの運営期間は関係ないので、
この目安を超えてきたらアドセンス管理画面を定期的に確認しましょう!

関連コンテンツ広告を掲載できればページCTR(クリック率)も収益率もアップします。
1日でも早く掲載できるように敏感になりましょう!