Googleアドセンス

Googleアドセンス広告をWordPress投稿画面内に挿入するのに便利だった「Adsense Manager」ですが、WordPressの新パージョン(※5.0以上)には対応してません。

なので「AdSense Manager」ではなく、代わりのプラグインを活用してアドセンス広告を挿入しましょう。

アドセンス広告を挿入するには様々なプラグインがありますが、「AdSense Manager」に似てる「AddQuicktag」がおすすめです。

設定方法も設置方法も「AdSense Manager」と同様に簡単です。

それでは「AdSense Manager」の代替プラグインである「AddQuicktag」の設定方法や投稿内にアドセンス広告を設置する方法を解説します。

「AdSense Manager」はWordPressに不対応

WordPressの投稿ページ内に簡単にアドセンスコードを挿入できる「AdSense Manager」。

僕も便利なプラグインなので活用してたんですが、残念ながらWordPressの新パージョン(5.0以上)に不対応です。

なので、これからブログ運営を始める方や「AdSense Manager」を活用してアドセンスコードを挿入していた人は、代わりのプラグインを導入しましょう。

ちなみにですが…、「AdSense Manager」をWordPressの新パージョン(5.0)以上で「有効化」してると、投稿画面が真っ白になります。

この状態はWordPressの投稿画面だけで、検索エンジン上のブログ記事は真っ白になってません。

大事には至りませんが「AdSense Manager」を「有効化」してる限り、投稿画面が復旧しないので、直ちに無効化しましょう。

「AdSenseManager」の代わりは「AddQuicktag」

WordPressの新パージョンに対応してない「AdSense Manager」の代わりのプラグインには「AddQuicktag」がおすすめです。

「AdSense Manager」と遜色ないくらい設定が簡単で、投稿ページ内へのアドセンスコードの設置方法もあまり変わりません。

アドセンスコードを挿入できるプラグインは様々ありますが、設定がめんどくさかったり、「AdSense Manager」と使い勝手が違って、戸惑うことが多いです。

「AddQuicktag」は似てる部分が多いので、「AdSense Manager」のイメージでWordPress内にアドセンス広告を挿入できます。

簡単に設定が終わりくつろいでる人

「AddQuicktag」の設定方法

それでは「AddQuicktag」の設定方法を解説します。

まずWordPress管理画面「プラグイン」の「新規追加」をクリックして「AddQuicktag」と入力してください。

そして「今すぐインストール」をして「有効化」しましょう。

 

AddQuicktagのインストール画面

 

次に詳細の設定をします。

WordPress管理画面「プラグイン」の「AddQuicktag」の「設定」をクリックしてください。

設定箇所は5箇所です。(※詳細は画像下で解説してます)

 

AddQuicktagの詳細設定画面

 

【※「AddQuicktag」の設定箇所】

「AddQuicktag」の設定箇所

 

「ボタン名」と「ダッシュアイコン」は、WordPress投稿ページ内で表示されるものです。

「テキスト&ディスプレイ広告」や「リンクユニット広告」、「記事内(ネイティブ)広告」など数種類のアドセンス広告を投稿ページ内に掲載するなら、それぞれで登録できるので区別できる「ボタン名」と「アイコン」にしましょう。

また「開始タグ」と「終了タグ」は、「開始タグ」は「/script」より前のコード、「終了タグ」は「/script」でOKです。

最後に「AddQuicktag」を活用するページを選択すれば、詳細の設定は完了です。

WordPressの投稿ページに「AddQuicktag」の項目が登場してるかを確認しましょう。

 

WordPress内のAddQuicktagの操作画面

 

「AddQuicktag」には3種類のアドセンスコードが登録できるので、投稿ページ内に設置してるアドセンス広告を登録すると便利です。

「AddQuicktag」でのアドセンス広告の設置方法

では、実際に「AddQuicktag」を活用して、投稿ページ内にアドセンス広告を設置していきます。

まずは投稿ページ内にアドセンス広告を設置したい場所を決めてください。

 

WordPress内にAddQuicktagを活用してアドセンス広告を貼り付ける方法

 

アドセンス広告を貼り付ける場所を決めたら、左上部の「Quicktag」を選択し、設置するアドセンス広告の種類を決めます。

 

WordPress内にAddQuicktagを活用してアドセンス広告を貼り付ける

 

アドセンス広告の種類を選択し、クリックしたら貼り付けは完了です。

 

WordPress内にAddQuicktagを活用してアドセンス広告を貼り付け完了画面

 

上記の画面のように「広告目印」が表示されたら、アドセンス広告の貼り付けは完了です。

他の部分に関しても、同じ手順で実施すればアドセンスコードを挿入できます。

「AddQuicktag」は「AdSense Manager」と使い方が似てるので、違和感なく利用できます。

使いやすいプラグインを活用しよう!

今回は、『AdSenseManagerはWordPressに不対応だから代わりにAddQuicktagを使おう!』をテーマにお話しました。

WordPressでアドセンス広告を設置するプラグインは様々ありますが、自分が使いやすいプラグインでアドセンス広告を挿入すると良いですね!

その点「AddQuicktag」は「AdSense Manager」と使い方が似てるので、おすすめです。

 

 


 

 


 

OTHER POSTS