プロフィール

はじめまして、ゆずと申します。

僕は今、メディア運営をメインに働いてます。

具体的には雑記ブログや特化サイト、YouTubeなどのメディアを運営し、
アドセンスやアフィリエイトなどで収入を得ています。

あとはコンサルしたり、友達のホームページを作ったりもしてます。

PC1台あれば、いつでもどこでも働けるので、
1日のスケジュールは自分次第です。

 

目覚めの良い朝はサッと起きて冷ためのシャワーを浴びて、
コーヒーを飲みながら仕事を始めたり、

前日の夜が楽しすぎて昼まで寝ていた日は、
ジムに行って汗をかき、カフェで仕事をしてます。

毎日が自由なので責任を感じる瞬間はありますが、
自分の人生を自分の足で歩いてる感覚が僕は好きです。

また、最高の仕事も手に入れられました!

小学生から今でも好きな趣味についてブログに書き、
収入を得られるようになったんです。

趣味と仕事の線引きのない、
定年後も楽しく続けられる最高の仕事もしてます。

今でこそ僕はこんな働き方をしてますが、
約7年間、会社で営業マンをしていました。

なぜこんな働き方になったのか、どんな風に今の生活を実現したのか。

そんな話をしていきます。

目次

仕事ファースト

就職氷河期のなか、就職情報を扱うリクルート系の中小企業に入社。

当時の僕はこんな夢を持ってました。

スピード出世して、お金も時間も手に入れる!

なるべく若いうちからお金にも時間にも余裕のある人生にしたかったんですよね。

自分のやりたいことを最優先にできるほうが楽しいですし、
大切な人がピンチのときに真っ先に駆けつけられる男はカッコいいと思ってます。

それを実現するには収入も時間も必要なので、
仕事ファーストの日々を過ごしてました。

平日は朝7時に会社近くのカフェに行って、
コーヒーを飲みながら日経新聞&社長の推薦図書を読み、
9時から18時までは営業先を訪問したり新規のテレアポしたり。

帰社してからは営業会議に参加して、次の日の提案書&見積書を作成し、
上司から任された業務に対応してたら毎日が終電ダッシュ。

おかげさまで、
平日の飲み会には誘われなくなりました。

 

休日は週明けの仕事を先取りしたり、
営業セミナーや異業種交流会などに参加したり。

忙しない1週間を年中過ごしてました。

その結果、当時の彼女から「私と仕事、どっちが大事?」と
ドラマのような質問をされ、答える間もなくフラれました。

ここまで仕事中心にできたのは、

今は苦労を買ってでもする時期だ。
大丈夫、あとでお金と時間はついてくる。我慢だ!

こんな風に自分に言い聞かせてたからです。

「会社員」という働き方の限界

収入と時間に余裕を持つために出世しよう、仕事がんばろう、俺がんばろう!

こんな思いで仕事に向き合っていたんですけど、
約7年間サラリーマンを続けて、1つの結論にたどり着きました。

それは会社員の限界です。

出世すれば給料は増えます。

ですが、額面は会社が決めるので期待する収入には届きませんし、
貰ってる給料以上に時間は会社に奪われ、疲弊していきます。

仕事を頑張り、お金をとるか。
仕事はセーブして、自分の時間をとるか。

「お金 or 時間」の二者択一。

 

この会社員の限界に気づいたとき両方は手に入らないのだと落ち込みましたが、
最終的にお金を選ぼうと決めました。

趣味などの自分の時間は定年後に満喫すれば良いし、
先輩や同僚たち、周りの友だちも同じような人生プランを立てています。

「結局、会社員は定年後に人生を謳歌するプランしかないんだ」

本音は若くして収入と時間に余裕をつくって、
大切な人たちと色んなところに行ったり、同じ時間を過ごしたかった。

だけど、サラリーマンの楽しみは定年後からなんだと現実を受け入れました。

定年後に人生謳歌プランかぁ…。
まぁ、しょうがないのか。

 

ところが…、ある日。

会社から呼ばれて会議室に向かうと、
第二志望の定年後に人生謳歌プランも危ういと感じる事件が起こりました。

第三志望の人生プラン

やりがい搾取に遭ってる人

コートを着るかどうかで迷う季節の変わり目。

朝の役員会議に呼ばれた僕は所属していた新規事業部の撤退を知らされ、
その場で次の部署への移動命令を受けました。

このとき「俺の人生ヤバい方向にいってる!!」と猛烈に焦ったんです。

人事異動はよくある話ですが、問題だったのは配属先。

つぎも会社のなかでは若い事業で、
しかも数年間、売上に苦しんでる事業部でした。

このまま会社にいたら定年後も真っ暗だ…。

 

生活は少し苦しいけど生きていけなくはない給料を渡され、
その割に時間を会社に奪われ、心の余裕もないサラリーマン。

定年後に人生を謳歌したくても十分な貯蓄はなく、
1日1日を切り詰めながら、生きてるのではなく生かされてる毎日。

第一志望の「若いうちにお金も時間もある人生プラン」を諦めたのに、
第二志望の「定年後に人生謳歌プラン」でさえも無理なのか。

このままだと死ぬまでお金と時間に追われる人生になってしまう。

今までに1度も味わったことない今後の人生への恐怖を感じ、
人生の流れを変えられるきっかけはないかと情報収集を始めました。

日経新聞にあるビジネス書ランキングの本をアマゾンで手当たり次第ポチったり、
起業セミナーや副業セミナーに参加したりしました。

そのなかで1冊の本と出合ったんです。

週4時間だけ働く 日本

営業の途中に寄った駅ナカの本屋で、胡散臭すぎる本に目が釘付けになりました。

タイトル「週4時間だけ働く

※実際に読んだ「週4時間だけ働く」

タイトルは僕の第一志望の人生プランに近かったんですが、
いざ言葉にしてみると怪しさしかありませんw

ところが、本の内容は超マジメ!

著者は会社員を辞めて通販サイトを立ち上げ、
ほとんどの業務を外注化し、週4時間しか働いてなかったんです。

あまりの説得力に最初の不信感はふっ飛び、本を読み終えたらワクワクしてました。

著者はアメリカ人だけど日本で本を出してるってことは、
日本人でも同じような働き方をしてる人がいるかもしれない。

そこで「週4時間だけ働く 日本」でググると、
ある男性のサイトにたどり着き、そこには「ブログで給料より稼いでます」との記載。

いやいや…w

 

ここでも疑り深い性格が発動しましたが、
本の一件もあったのでメルマガに登録してみたんです。

そして、メルマガのなかでブログ収入の仕組みを理解しました。

毎日3時間くらいで月30万円以上を得られるチャンスがあり、
初期費用と年間維持費用は月1,500円くらい。

「今のままだったら何も変わらないのは確定だし、やってみるか!」

オンライン講座に申込み、副業でブログ運営をはじめて、
4ヶ月後に月収11万円、その4ヶ月後には月収31万円を得られました。

そして、サラリーマンを辞めました。

自由な働き方への違和感

さらっと書きましたが、会社を辞める前は不安でした。

ですが、それを忘れるほど退職してからも絶好調!

作業時間を減らしつつブログ収入を増やせないかと考え、外注化を開始。

その甲斐あって1日1時間くらいの作業で月収50万円を超え、
収入にも時間にも余裕のある生活を実現できました。

出来た時間で特化サイトやYouTubeなど、
違うメディア運営を始めました。

 

今の働き方はPC1台あれば、どこでもいつでも働けます。

これはサラリーマンのときに想像していた以上に自由な働き方で、
会社に支配されていた人生を取り返せた気分になれました。

いつまで寝てても良いですし、平日に能登半島に行っても仕事をできます。

収入と時間もあって、働き方も自分次第。

第三志望の人生プランまで蹴落とされたのが幻だったかのように、
第一志望の人生プランをクリアし、その遥か上まで来ていました。

「これが追い求めた人生だ!」

そう思ってたんですが、違和感を感じるようになったのです。

好きをお金に変えるメディア

1日1時間くらい雑記ブログの作業をすれば、
ある程度の収入を得られるようになりました。

でも、いつからかは覚えてないんですが、
雑記ブログの運営に違和感を感じるようになったです。

ブログ収益とは広告収入なんですけど、
雑記ブログで広告収入を稼ぐにはアクセス数が必要になります。

そのためどれだけ興味がなくても、心の底からどうでもいいわと思ってても、
アクセスの集まるネタなら書かないといけません。

このブログ運営方法が自分のなかでモヤりだしたんです。

うぅ〜ん…、
気が進まない…

 

もちろん、そこを割り切ってやるのが仕事ですし、
少ない時間で大きく収入を稼げるので辞めたいわけではありません。

ただ、「楽しい!!」と心の底から思える仕事もしたかったんです。

作業中に気を許すと思わずニヤついてしまうような、
そんなメディアで収入をつくれないのかな?

そう考えて辿り着いたのが趣味ブログでした。

自分の好きなことを書いて、それが誰かの役に立つ、
そんな「好きをお金に変えられるメディア」を作ろう!

好きを最優先にすればモチベーションを維持できるし、
今よりももっと楽しく働ける!

それから小学生から好きな趣味に関するブログを開設し、
月収1万円、3万円、5万円と着実に収益を伸ばし、

今では月収10万円以上を稼げるようになりました。

毎日作業してても、
まったくイヤになりませんw

 

収入がメインのメディア運営は今でも続けてますが、
趣味ブログは僕にとってライクワークであり、ライフワークになってます。

最高のもう1つの仕事を!

会社員でもフリーランスでも自営業でも、
生活のため、お金のために働くのが普通です。

好きなことをメインの仕事にできるのは、限られた人たちだけです。

プロのスポーツ選手でもアーティストでも芸術家でも、
好き+才能」を持ち合わせてるから、それだけで生活ができています。

これが事実だからこそ「好きなことを仕事にはできない」
「好きよりも適正のある働き方をすべき」が世の中の正論になってます。

たしかに、他を凌駕する才能がなければ好きなことだけでは生きていけません。

ですが、メディアを使えばメインの仕事にはならないまでも、
好きなことをもう1つの仕事にするくらいなら十分にできますし、

楽しみながら好きなことに熱中して知識や経験を増やし、
メディアでの発信を続ければ、いつのまにかメインの仕事になってる可能性もあります!

僕もそこを目指してます。

 

『好きを仕事にするのを諦めるのではなく、もう1つの仕事にしたり、
熱中してたらメインの仕事になってたりする働き方。』

好きなことを仕事にしてる人たちは、みんな目がキラキラしてますよね!

そんな人たちを1人でも増やせるように、
好きなことを持ってる人たちがそれをお金に繋げられるように。

そのサポートやアドバイスをしていきたいと思ってます。

ブログでは個人メディアで収入を得る方法、
メルマガでは好きをお金に変える具体的なステップをお話してます。

「自分の好きなことで収入を得られたら最高!」

「趣味を絡めた副業をしたい!」

「今までの経験や知識で誰かの役に立ちたい!」

「定年後でも出来る仕事を1つ持っておきたい!」

もし、あなたもこんな風に思ってるなら、
好きををお金に変える、最高のもう1つの仕事を手に入れましょう!

目次
閉じる
\最高のもう1つの仕事を手に入れよう/
PC1台で好きをお金に変えるメールマガジン
\PC1台で最高の仕事を/
好きをお金に変えるメルマガ