ルールは守ろう!

アドセンス広告の上の「広告・スポンサーリンク」表記は、必須ではありません。

必要なケースなら表記して、必要ないケースなら入れなくていいんです。

今回は、Googleアドセンスの「広告・スポンサーリンク」表示が「必要な場合」と「不要の場合」を解説します。

ぜひ参考にしてください。

「広告・スポンサーリンク」表示は必須ではない!

Googleアドセンスの「広告・スポンサーリンク」の広告ラベル表示は、マストではありません。
必要なら「広告・スポンサーリンク」の表記をすればOKです。

実際にグーグルは広告ラベルについて下記のように情報公開をしてます。

誤解を招く見出しの下での広告配置
サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google ディスプレイ広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。Google 広告のラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。

ご覧の通り、
コンテンツとアドセンス広告の区別が出来ない場合には、広告やスポンサーリンクを表記してください」なんです。

また使用できる広告ラベルは「広告」と「スポンサーリンク」の2単語のみです。

「Ad」や「Advertisement」、
「Sponsor Link」や「Sponsored Link」などもNGです。

広告ラベルが必要の場合

それではGoogleアドセンスの広告ラベル表記が必要な場合について解説します。
広告ラベル表記が必要な場合は、「ブログ記事とアドセンス広告の区別がつきにくい時」です。

実際にグーグルも下記のように情報公開してます。

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google ディスプレイ広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。

たた、これだとちょっと分かりづらいので、具体的なケースをお話していきます。

画像や動画と隣接してる

1つ目は、アドセンス広告と「画像」や「動画」が隣接してるときです。

ブログ記事内の画像や動画の「隣」や「すぐ下」にアドセンス広告を掲載するなら、
広告ラベル表記が必要です。

広告ラベルが必要な場合(画像&動画編)

 

この配置だとユーザーが画像や動画と勘違いして、
アドセンス広告をクリックする可能性があります。

動画の再生ボタンを押したかったのに、
広告をクリックしちゃった経験ありますよね。

Googleは「ユーザーの偶発的なクリックを避けるべき」と注意喚起してます。

なので画像や動画とアドセンス広告が近い場合には広告ラベル表記をしましょう。

リンク(URL)が近い場合

2つ目は、リンク(URL)とアドセンス広告が近い場合です。

「関連記事URL」や「参考リンク」などを挿入するコンテンツもあります。
その際に、アドセンス広告とリンクが近いなら広告ラベルを表記しましょう!

広告ラベルが必要な場合(関連記事&リンク編)

ただ広告ラベル表記しててもユーザーが誤クリックしそうなら、
コンテンツの構造自体を見直したほうがいいと思います。

とくに「関連コンテンツ広告」の位置には気をつけたほうがいいです。
「記事下のアドセンス広告」と「関連コンテンツ広告」の距離が近いと、ポリシー違反になる可能性があります。

「広告ラベルを表記したからOK!」ではなく、
ユーザーをミスリードしないのが大前提です。

メニューや検索ボックスに隣接してる場合

3つ目は、メニューや検索ボックスとアドセンス広告が隣接してる」場合です。

これはブログ記事ではなく、TOPページによく当てはまります。

「メニュー」や「検索ボックス」は、ユーザーがクリックして次の画面に移ります。
なのでアドセンス広告が隣接してるとユーザーが間違ってクリックするかもしれません。

その可能性を減らすために、広告ラベルを表記しましょう!

広告ラベルが必要な場合(メニュー&検索ボックス編)

このアドセンス広告の配置は、ユーザーの誤クリックを誘発してしまいます。

メニューや検索ボックスの近くにアドセンス広告を設置するなら、
リンクユニット広告検索ボックス広告に変更するといいです。

誤クリックはなくなりますし、クリック率(ページCTR)も高くなるのでおすすめです。

リンクユニット広告や検索ボックス広告については下記ブログ記事で解説してます。

広告ラベル(スポンサーリンク)の表示方法

広告ラベル(スポンサーリンク)の表示方法を解説していきます。

Googleアドセンスコードの上に、下記コードを追記すればOKです。

〈center 〉スポンサーリンク(広告)〈/center〉

上記のコードを挿入すれば、中央寄背で「スポンサーリンク(広告)」が表示されます。

また「スポンサーリンク(広告)」とアドセンス広告の間に1行スペースを入れたい場合は、
上記コードの下に〈br〉を挿入すればOKです。

〈center 〉スポンサーリンク(広告)〈/center〉
〈br〉

広告ラベルが不要な場合

つづいて、広告ラベルが不要な場合をお話します。

コンテンツとアドセンス広告が明確に区別されてる場合は、
広告ラベルの表記は必要ありません。

記事下(サブタイトル上)

まず、「記事下(サブタイトル①の上)」にアドセンス広告を掲載する場合は、広告ラベル表記をしなくてOKです。

テキスト下にアドセンス広告を掲載してもユーザーは広告だと認識できますし、
アドセンス広告の下に次のサブタイトルがあるなら、まったく問題ありません。

広告ラベルが不要な場合の広告掲載位置

 

アドセンス広告の禁止の配置位置

最後に、Googleアドセンス広告で禁止されてる配置位置を解説します。

広告ラベルを表記しててアウトなので、気をつけましょう。

画像と並列

まず1つ目は、画像と並列でアドセンス広告を掲載する位置です。

Googleアドセンス広告の禁止配置位置(関連画像との並列)

アドセンス広告を関連してない画像ならOKという情報もありますが、
念のため、この配置は避けたほうがいいと思います。

意図的にユーザーのミスリードを狙ってるよう見えます。

他コンテンツとの並列

2つ目は、他コンテンツと並列でアドセンス広告を掲載する位置です。

他のコンテンツを紹介してる中に、アドセンス広告を掲載するのも禁止されてます。

Googleアドセンス広告の禁止配置位置(コンテンツとの並列)

上記の表示方法に類似してるアドセンスの広告種類に「関連コンテンツ広告」があります。
デザインや配置位置は似てるので、こちらを導入しましょう!

関連コンテンツの設置方法や収益効果は下記ブログ記事で解説してます。

紛らわしいワード

3つ目は、「広告ラベルの紛らわしいワード」です。

Googleアドセンスの広告ラベルは「広告」か「スポンサーリンク」の2つのみが許されてます。

・関連記事はこちら
・おすすめの記事はこちら

こんな風にユーザーに誤解を与えるようなワードは使わないようにしましょう!

Googleアドセンス広告の禁止配置位置(紛らわしい見出し編)

これは「関連コンテンツ広告」でも同様なので、指定されてる広告ラベル以外は記載しないようにしてください。

また、今回ご紹介した3つ以外にも禁止されている配置位置はあります
詳細はAdSenseヘルプをご覧ください。

健全にブログ運営をしてれば、禁止されてる位置にアドセンス広告を掲載しないので、
説明は割愛させていただきました。

正しく運用しよう

今回は、Googleアドセンス「広告・スポンサーリンク」表示が必要な場合と不要の場合を解説しました。

広告ラベル表記は、ユーザーが誤クリックしそうな場合に必要で、
しっかりと区別できてるなら表記しなくてもOKです。

もし表記するかどうか迷ったら、
ユーザーをミスリードしそうか?」これを思い出すといいですね!

コンテンツ自体が誤クリックを招くようなら、広告ラベルではなくブログ記事の構造を見直しましょう。

 

OTHER POSTS