検索ボックス

Googleアドセンスのカスタム検索ボックス広告とは、
ブログ内の検索ボックス」に広告機能を付け加えた広告です。

他のアドセンス広告とデザインや設置位置がカブらないので気軽に導入できます。

今回はカスタム検索向けボックス広告の設置方法と収益効果について解説するので、
ぜひ参考にしてください。

アドセンスのカスタム検索ボックス広告とは?

アドセンスのカスタム検索向けボックス広告は、
ブログ内に設置してる「検索(SEARCH)ボックス」の検索結果に広告を表示させられます。

実際のデザインはこんな感じです。

【カスタム検索ボックス広告のデザイン】

カスタム検索ボックス広告

【※カスタム検索ボックス広告の検索結果での広告表示画面】

カスタム検索ボックス広告の検索結果画面

ブログ訪問者がブログ内検索したら検索結果画面の上部に広告が表示され、
その下にブログ内の記事が表示されます。

検索結果と同じ形式ですね。
リスティング広告の下にブログ記事が表示されます。

・検索向け広告ユニット
・検索ボックス広告
・カスタム検索広告
・カスタム検索ユニット

検索すると多種多様な言葉でアドセンスのカスタム検索向けボックス広告が出てきますが、
正式名称は「検索向けAdSense」です。

導入したほうがいい広告ユニット

検索広告ユニット

カスタム検索向けボックス広告は導入したほうがいい広告ユニットだと思います。

ブログ訪問者がブログ内検索したときにアドセンス広告が表示されるだけなので、
ブログ構造上の違和感はないし、ユーザビリティーも低下しません。

またカスタム検索向けボックス広告のデザイン広告設置箇所は、

・ディスプレイ広告
・関連コンテンツ広告
・リンクユニット広告
・記事内(ネイティブ)広告

これら他のアドセンス広告とカブらないので収益は純増です。

導入しておいて損はないです。

カスタム検索向けボックス広告の設置方法

それではカスタム検索向けボックス広告の設置方法を解説します。
まずGoogle AdSense管理画面から「検索向け広告」をクリックしてください。

カスタム検索向けボックス広告の設置方法

続いて「新しいカスタム検索エンジン」をクリックします。

カスタム検索向けボックス広告の設置方法つづき

そして詳細設定をしていきしょう。

カスタム検索向けボックス広告内の詳細設定

デフォルト状態から再設定する部分だけ解説します。
(※画像下で詳しい解説をしてます)

カスタム検索向けボックス広告の設置方法の詳細設定

【カスタム検索向けボックス広告の詳細設定】

カスタム検索向けボックス広告の詳細設定

「検索の対象」と「検索結果」だけ、もう少し詳しく解説します。

検索の対象」とは、
カスタム検索向けボックス広告内での検索結果に表示される範囲を指してます。

デフォルト状態の「ウェブ全体」とは「Google全体」の検索結果画面です。
(通常のググった範囲)
ユーザーはサイト内検索してるのに「Google全体の検索結果」になると困惑するので、
「選択するサイトのみ」をおすすめします。

検索結果」では、
カスタム検索向けボックス広告の結果画面のウィンドウを指定できます。
「同じウィンドウ」だと離脱率が増えるので「新しいウィンドウ」がおすすめです。

上記が設定できたら「保存してコードを取得」をクリックして、コードをコピーしましょう。

カスタム検索向けボックス広告のコードを取得

WordPressへの設置方法

カスタム検索向けボックス広告のコードをWordPressへ設置していきます。

WordPress管理画面のメニュー「外観」の「ウィジェット」をクリックしてください。

利用できるウィジェットから「カスタムHTML」を選択して、
サイドバー部分の設置したい部分に挿入します。

カスタム検索向けボックス広告のWordPressへのカスタムHTML設置

続いて、カスタム検索向けボックス広告のコードを「カスタムHTML」に入力していきます。

カスタム検索向けボックス広告コードのWordPressへの設置

タイトル部分には「サイト内検索」や「SEARCH」などが良いと思います。
そして内容部分にコードを貼り付けてください。

最後に「保存」をクリックして「完了」すれば、
カスタム検索向けボックス広告のWordPressへの設置は完了です。

反映されるまで少し時間がかかるケースがあります。

カスタム検索向けボックス広告の収益効果

肝心のカスタム検索向けボックス広告の収益効果を解説します。

僕がカスタム検索向けボックス広告を導入してからの収益効果はゼロ円でした…。

カスタム検索向けボックス広告の収益発生の仕組みは、
ブログ訪問者が検索ボックスで検索をしたら収益が発生するわけではないんです。

検索結果に表示された広告を検索者がクリックしないと収益が発生しません。

カスタム検索ボックス広告の検索結果画面

なので収益化ハードルがなかなか高いんです。

「収益が発生しないなら、設置しても意味ないじゃん」と思われるかもしれません。
でも設置しなければ収益発生する可能性はゼロですが、設置しておけばゼロではありません

WordPressへの設置も簡単なので、
カスタム検索向けボックス広告を配置するのをおすすめします。

デメリットがないアドセンス広告

今回は、アドセンスのカスタム検索向けボックス広告の設置方法と収益効果をお話しました。

残念ながら現在のところ、収益効果はありませんでした。
ただ、カスタム検索向けボックス広告にはデメリットはありません

他のアドセンス広告とデザインや配置位置はまったく違うし、
ブログにサイト内検索は導入してるので、それを置き変えるだけでOKです。

カスタム検索向けボックス広告は設置しておいて損はないアドセンス広告だと思います。

 

OTHER POSTS