アドセンス広告の配置位置|各種類の特徴を活かしてクリック率を上げよう!

広告の配置位置を決めてるひと

「アドセンス広告って、どこに配置するものなの?」

「どの位置が1番クリックされるんだろう?」

こんな疑問を持ってる方に向けてアドセンス広告の配置位置を解説します。

アドセンス広告にはディスプレイ広告や関連コンテンツ広告など様々な種類がありますが、
それぞれの特徴を活かした位置に掲載するのが王道です。

僕自身もその考え方でアドセンスの広告位置を見直したところ、
クリック率(ページCTR)が1.5%から約3%までに上がりました。

今回はその実体験をベースにブログ記事内に最適なアドセンス広告
ベストな配置位置について紹介していきます。

アドセンス広告の位置を見直すだけでクリック率(ページCTR)は上がるので、
サクッと変更してしまいましょう!

目次

アドセンス広告には最適な配置位置がある

アドセンス広告には最適な配置位置があります。

広告のデザインを見れば最適な掲載位置がわかったり、
Googleが推奨してる配置位置があったりするんですよね。

この規則性を守れば、

アドセンス広告がクリックされない!

なんてことはありえませんし、クリック率(ページCTR)を3%前後に維持できます。

実際に僕の場合だと各アドセンス広告のデザインの特徴を考えたり、
Google推奨の位置に掲載したりしたところクリック率が1%〜2%ほど上がりました。

アドセンス収益を最大化させるために最適な位置にベストな広告を掲載しましょう!

記事内に最適なアドセンス広告の種類

ページCTRとクリック率の違いを勉強してる人

アドセンス広告には5種類あります。

ディスプレイ広告、記事内広告、インフィード広告、検索エンジン、関連コンテンツ。

このなかでブログ記事内に最適なアドセンス広告はこちら!

・ディスプレイ広告
・記事内広告
・関連コンテンツ広告

この3つのアドセンス広告をブログ記事内に掲載していきます。

アドセンス広告ユニットの作り方はこちらで解説してます。

ディスプレイ広告

1つ目はディスプレイ広告です。

ブログ記事内の鉄板です。

 

【※ディスプレイ広告イメージ】

アドセンスのディスプレイ広告のイメージ

初期ブログならディスプレイ広告だけでも十分に収益を確保できます。

もし今以上に収益性を上げたいなら、ディスプレイ広告をカスタマイズしましょう!

レスポンシブのままで広告サイズを最大に変更すれば、
クリック率(ページCTR)は若干上がります。

広告は大きいほどクリックされやすいです。

 

ディスプレイ広告のカスタマイズ方法はこちらで解説してます。

記事内広告

2つ目は記事内広告です。

記事内広告はディスプレイ広告の進化版になります。

【※記事内(ネイティブ)広告のイメージ】

アドセンスの記事内広告のイメージ

記事内広告とディスプレイ広告の大きな違いは1つ。

記事内広告には「もっと見る」ボタンがあるんですよね!

「もっと見る」ボタンによって、
ユーザーに関心を持ってもらえます。

 

実際に僕のブログでディスプレイ広告の一部を記事内広告に変更したら、
若干クリック率が上がりました。

記事内広告の設定方法はこちらで詳しく解説してます。

関連コンテンツ広告

最後3つ目は、関連コンテンツ広告です。

関連記事のなかにアドセンス広告を表示できるのが「関連コンテンツ広告」です。

【※関連コンテンツ広告イメージ】

アドセンスの関連コンテンツ広告のイメージ

関連コンテンツ広告は関連記事と一緒にアドセンス広告を表示できるので、
ユーザーに違和感を与えず、クリック率(ページCTR)が高い傾向にあります。

ディスプレイ広告や記事内広告よりもページCTRが圧倒的に高いので、
今すぐにでもブログ記事内に掲載したい広告です。

ただ、関連コンテンツ広告をブログに掲載するには条件があります。

「運営期間」や「1日のアクセス数」など条件をクリアしたら掲載できるんですけど。
具体的な条件(数値)をGoogle側は公表してないんですよね。

1日でも早く掲載したい広告なのに目安を知らないのはもったいないので、
関連コンテンツ広告が開放される条件を実体験をベースにまとめてます。

アドセンス広告のブログ記事内の配置位置

それではアドセンス広告のブログ記事内の配置位置を解説します。

・記事上
・記事中
・記事下

この3箇所に「ディスプレイ広告」と「記事内広告」を配置すれば、
クリック率(ページCTR)は安定していきます。

(※関連コンテンツ広告は後半に説明します。)

図にしてみると、こんな感じです。

【ブログ記事内へのアドセンス広告の配置位置】

ブログ記事内へのアドセンス広告の基本的な配置位置

それでは詳しく解説していきます。

(※サブタイトル(見出し)が3つの場合のアドセンス広告の配置位置です)

記事上

1つ目のアドセンス広告の配置位置は記事上です。

ブログ記事の「導入文(リード文)」と「サブタイトル(見出し)①」の間ですね。

ここにディスプレイ広告記事内広告を設置します。

1回両方とも試してみて、
クリック率が高い方を定番にするといいですね!

記事中

つぎの配置位置は記事中です。

「サブタイトル(見出し)②」のテキスト後と「サブタイトル(見出し)③」の間になります。

ここにもディスプレイ広告記事内広告を掲載します。

「記事上」とは逆パターンがオススメです。

 

サブタイトル(見出し)が増えたら、記事中のアドセンス広告の掲載位置も変わります。

「見出し4」までなら「サブタイトル③」と「サブタイトル④」の間、
「見出し5」までなら「サブタイトル④」と「サブタイトル⑤」の間ですね。

記事下

最後3つ目のアドセンス広告の配置位置は記事下です。

「サブタイトル(見出し)③」のテキスト後です。

ここにもディスプレイ広告記事内広告を掲載します。

「記事下」は3箇所のなかで一番クリック率が高いです。

 

また記事下のアドセンス広告の位置も見出しが増えたら変わります。

「見出し4」まであるなら「サブタイトル(見出し)④」のテキスト後、
「見出し5」までなら「サブタイトル(見出し)⑤」のテキスト後です。

記事下はブログ記事の1番下にすればOKです!

関連コンテンツ広告の配置位置

関連コンテンツ広告の配置位置は「記事下の下」です。

【※関連コンテンツの配置位置】

関連コンテンツの基本的な配置位置

関連コンテンツ広告のデザインは関連記事との並列なので、
ユーザーがブログ記事を読み切ったあとに見てもらいましょう!

あとウィジェット(サイドバー)にも掲載します。

ただ、記事下のアドセンス広告との距離には注意点が必要です。

連続してアドセンス広告を表示するのは問題ないですが、
ユーザーがスクロールしないとコンテンツを見られない状態はポリシー違反になります。

広告ラベルスペースを活用して、アドセンス広告同士の距離をとりましょう!

関連コンテンツ広告の設置方法はこちらで解説してます。

クリック率(ページCTR)を3%へ

アドセンス広告の配置位置を解説しました。

・記事上
・記事中
・記事下

ブログ記事内にはこの3箇所にテキスト広告記事内広告を掲載して、
記事下の下に関連コンテンツ広告を配置します。

ここさえ守ればクリック率(ページCTR)は3%前後まで上がるはずです。

また、テキスト広告と記事内広告のどちらが良いのかは、
ブログのジャンルや自動広告の有無によって変わるのでテストしてから決めましょう。

目次
閉じる