広告の配置位置を決めてるひと

アドセンス広告の配置位置について様々な情報があります。

色んな説があるので「結局どれが良いの?」と迷うと思います。
僕もクリック率(ページCTR)を上げるために試行錯誤してきました。

そのなかで分かったのはGoogleアドセンス広告は基本的な配置場所で、
クリック率(ページCTR)を3%程度は維持できるということです。

ブログ記事のアドセンス広告の掲載位置に迷ってるなら、
基本に立ち返った設置場所をおすすめします。

アドセンス広告の配置位置には規則性がある

アドセンス広告の配置位置には規則性があります。

え?そうなの?

広告のデザインを見れば最適な掲載位置がわかったり、
実はGoogleが推奨してる配置位置があったりします。

なのでこの規則性を守っておけば、

アドセンス広告がクリックされない!

なんてことは起こりませんし、
ちゃんと掲載すればクリック率(ページCTR)は3%くらいは維持できます。

なのでアドセンス広告の掲載位置は、
広告のデザインを分析したりGoogleが推奨してる位置を調べたりして、
決めていくのがおすすめです。

基本的な掲載位置を守ってクリック率が落ち着いたら、
ブログに合わせて試行錯誤するといいですね!

記事内に最適なアドセンス広告の種類

ページCTRとクリック率の違いを勉強してる人

ブログ記事内に最適なGoogleアドセンス広告の種類があります。

・ディスプレイ広告
・記事内(ネイティブ)広告
・関連コンテンツ広告

この3種類です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告」は、ブログ記事内の鉄板です。

【※ディスプレイ広告イメージ】

ディスプレイ広告

初期ブログでも「ディスプレイ広告」だけで十分に収益を確保できます。
ただデフォルト状態のデザインだとクリック率がそこまで上がらないんですよね。

なので少しカスタマイズするのをおすすめします。

レスポンシブで広告の大きさを最大に変更してみましょう。

レスポンシブとはパソコンでもタブレットでもスマホでも、
ブログをユーザーが見たときに広告サイズを自動で調整してくれます。

また広告は大きいほど目に入るのでクリックされやすいです。

ユーザーに広告を見てもらうのが大切です!

「ディスプレイ広告」のカスタマイズ方法は下記記事で解説してます。

記事内(ネイティブ)広告

ディスプレイ広告の進化版が「記事内(ネイティブ)広告」です。

【※記事内(ネイティブ)広告のイメージ】

※記事内(ネイティブ)広告のイメージ

「記事内(ネイティブ)広告」と「ディスプレイ広告」の大きな違いは1つです。

広告デザインに「もっと見る」ボタンがあります。
この「もっと見る」ボタンによって、ユーザーにより関心を持ってもらえるようになります。

僕のブログでディスプレイ広告の一部を記事内広告に変更したところ、
若干クリック率が上がりました。

ユーザーに次のアクションを促してるので、
強いんだと思います。

「記事内(ネイティブ)広告」の設定方法は下記記事で詳しく解説してます。

関連コンテンツ広告

ブログ記事の関連記事かのようにアドセンス広告を表示できるのが「関連コンテンツ広告」です。

【※関連コンテンツ広告イメージ】

関連コンテンツ広告

「関連コンテンツ広告」は他ブログ記事と同列でアドセンス広告を掲載してるので、
ユーザーの広告アレルギーを軽減できます。

ページCTR(クリック率)も高いので、ブログ記事内には設置しておきたい広告です。

ただ「関連コンテンツ広告」を導入するには一定の条件があります。
具体的な条件(数値)についてGoogle側は公表してません。

そこは教えてよ、
Googleさん!

なので僕の実体験をベースに関連コンテンツ広告の解放条件の目安をまとめました。

アドセンス広告の掲載位置

それではブログ記事内のアドセンス広告の掲載位置を解説します。

・記事上
・記事中
・記事下

この3箇所に「ディスプレイ広告」と「記事内(ネイティブ)広告」を配置します。
(※関連コンテンツ広告は後半で説明してます。)

図にしてみると、こんな感じです。

【ブログ記事内へのアドセンス広告の基本的な配置位置】

ブログ記事内へのアドセンス広告の基本的な配置位置

記事上

記事上の位置はブログ記事の「導入文(リード文)」と「サブタイトル①」の間です。

ここに「ディスプレイ広告」か「記事内(ネイティブ)広告」を設置します。

1回両方とも試してみて、
クリック率が高い方を定番にするといいですね!

記事中

記事中の位置は「サブタイトル②」のテキスト後と「サブタイトル③」の間です。

ここにも「ディスプレイ広告」か「記事内(ネイティブ)広告」がいいですね。
「記事上」とは逆パターンがオススメです。

記事下

記事下の位置は「サブタイトル③」のテキスト後です。

ここにも「ディスプレイ広告」か「記事内(ネイティブ)広告」を掲載しましょう。

「記事下」は「記事上」「記事中」「記事下」の3つの設置場所のなかで、
一番クリック率が高いと言われてます。

テストしてから定番を決めるといいですね!

関連コンテンツ広告の配置位置

関連コンテンツ広告の配置位置は「記事下の下」です。
3つ目のアドセンス広告の下部分になります。

【※関連コンテンツの基本的な配置位置】

関連コンテンツの基本的な配置位置

関連コンテンツ広告のデザインは関連記事との並列です。
なのでブログ記事を最後まで読み切ったユーザーに見てもらえるようにしましょう。

ただ留意点があります。
それは3つ目のアドセンス広告との「距離」です。

連続してアドセンス広告を表示するのは現時点ではポリシー違反ではありません。
でもユーザーがスクロールしないとコンテンツを見られない状態はポリシー違反です。

なので「広告ラベル」や「スペース」などを活用して、
ポリシー違反にならないように気をつけましょう。

テキスト量が多い場合

ブログ記事のなかにはサブタイルが3つ以上だったり、テキスト量が多い場合もあります。
その場合はご紹介したアドセンス広告の掲載場所をベースに追加するといいですね。

Googleはアドセンス広告の掲載数の上限を撤廃してるので、
テキスト量に応じて広告数を増やすのはポリシー違反ではありません。

貼りすぎはNGです。

ブログ記事のテキスト量が増えた場合のアドセンス広告の掲載数は下記記事で解説してます。

基本を守ってから試行錯誤しよう!

今回は、アドセンス広告の基本的な配置位置を種類別で解説しました。

アドセンス広告の掲載位置には規則性があります。
まずはそれを守ってクリック率を見てみるといいですね!

そして、そのクリック率を基準に試行錯誤してみて
上がったか、下がったかを分析していきましょう!