ブログにGoogleアドセンス広告を設置した日から収益画面を見るのはちょっとした楽しみですよね。

ただ、アドセンス管理画面を見てるといくつか不思議なことがあります。

「見積もり収益額の”見積もり”ってなに?」とか「見積もり収益額と残高はどうして違うの?」とか「アドセンス収入が発生してるのに支払われてないんだけど…」など。

分かりそうでわからないことがあったりしますよね。

なので今回はGoogleアドセンスの「見積もり収益額」と「残高」の仕組みや違い、支払いスケジュールなどについて解説していきます。

「見積もり収益額」と「残高」について

まずはアドセンス管理画面の「見積もり収益額」と「残高」について解説していきます。

「見積もり収益額」とは現時点で発生してるアドセンス収入額です。

なので、12日に確認したなら1日~12日までのアドセンス収入を確認できますし、末日に確認したなら1日~末日までを確認することができます。

ただ、見積もり収益額は実際に支払われる金額ではありません!

(僕はブログ初心者時代に見積もり収益額が支払われると思ってたんですけど、実際にGoogleから支払われた金額に差があったのでびっくりしました笑)

あくまでも”見積もり”収益額なんです。

では、実際に支払われる金額をどこで確認すればいいかと言うと「残高」なんですよね。

(※アドセンス画面の「お支払い」にある「ご利用履歴」からも確認することができます)

見積もり収益額と残高の違い

見積もり収益額と残高には金額の差が生まれたりします。

なぜ金額に差がでるのかというと見積もり収益額は現時点でのアドセンス収入額ですが、残高はGoogleが有効なアドセンス収入なのかを確認した後の収入額だからです。

つまり、Googleが見積もり収益額から無効なクリックだったり偶発的なクリックで発生したアドセンス収入を差し引いてるのが残高ということなんですよね。

なので「見積もり収益額でワクワクしてたら実際に支払われた金額が少ない…」なんて悲劇が起こってしまうんです。

アドセンス収入の支払いルール

つづいて、アドセンス収入の支払いルールについてまとめていきます。

まずGoogleからアドセンス収入が支払われる日は「毎月21日前後」です。

なので、8月のアドセンス収入なら9月21日前後に支払われるということですね。ただ、あくまでも”前後”なので21日以降に支払われるくらいの感覚でOKです。(※21日以前に支払われることはほぼありません)

また、Googleからアドセンス収入が支払われるには最低金額を超えなければなりません。

その最低金額は「8,000円」です。

なので、最低金額を超えなかった場合には翌月の繰越となり、その合計が8,000円を超えたらGoogleからアドセンス収入が支払われます。

たとえば8月のアドセンス収入が5,000円なら9月の支払いはなしで、9月のアドセンス収入が6,000円なら繰越分と併せて11,000円がGoogleから10月に支払われます。

ブログ初期のころは8,000円がとんでもなく高い壁に思えますが、ブログが軌道に乗れば1日もあればクリアできるようになるので、そこを目指してブログ運営をしていきましょう。

とにかく見積もり収益額を積み重ねよう!

今回は、Googleアドセンスの「見積もり収益額」と「残高」の反映の仕組みについて解説しました。

見積もり収益額と実際に支払われるアドセンス収入は異なりますが、ブログ運営者としてできることは見積もり収益額をとにかく増やすことのみです。

たまに1万円以上の差が出てしまうときもありますが、ヘコタレずに淡々とブログ運営をしていきましょう。