アドセンスには「ページRPM」と「インプレッション収益」があります。

今回は、その違いと「ページRPM」と「インプレッション収益」の平均値を解説します。
またページRPMを改善する2つの方法もお話するので、参考にしてみてください。

ページRPMとは?

ページRPMとは、1,000PV当たりの見積もり収益額です。

「サイトに1,000PV集まったら、○○円稼げてますよ。」
ってことです。

これがページRPMです。

ページRPMの計算方法
ページRPM=(見積もり収益額÷ページビュー数)×1000

ページRPMの計算方法

それでは参考までにページRPMの計算方法を解説します。

【ページRPMの計算例】
・見積もり収益額:5,000円
・アクセス数:10,000PV
(5,000÷10,000)×1000=500

この場合のページRPMは500円。
なので1,000PV当たり500円を稼げてることになります。

また、目標金額を達成するために必要なアクセス数をページRPMで計算すれば分かります。

ページRPMが500円の場合、10万円なら20万PV、20万円をなら40万PVです。
こんな風にページRPMで目標金額までにどのくらいのPV数が必要なのか分かります。

インプレッション収益とは?

インプレッション収益とは、広告表示回数1,000回当たりの見積もり収益額です。

「アドセンス広告が1,000回表示されたら、○○円稼げてますよ」
ってことです。

これがインプレッション収益です。

インプレッション収益の計算方法
インプレッション収益=(見積もり収益額÷アドセンス広告の表示回数)✕1,000

インプレッション収益の計算方法

それではインプレッション収益の計算方法を解説します。

【インプレッション収益の計算例】

・見積もり収益額:5,000円
・アドセンス広告の表示回数:20,000回

(5,000÷20,000)×1000=250

この場合のインプレッション収益は250円。
なので、アドセンス広告が1,000回表示されたら250円を稼げてることになります。

ページRPMとインプレッション収益の違い

それでは「ページRPM」と「インプレッション収益」の違いを解説します。

ページRPMとインプレッション収益の違い
・ページRPM:ページビュー数に対する見積もり収益額
・インプレッション収益:アドセンス広告の表示回数に対する見積もり収益額
「ページビュー数」と「広告表示回数」の違いです。

アドセンス収入を稼ぐうえで大切なのは「ページRPM」です。
というのも、アドセンス収入を最大化しようと思ったら、必然的に広告表示回数は増えます。

「関連コンテンツ広告」や「リンクユニット広告」、「インフィード広告」や「検索ボックス広告」…etc。
このようななアドセンス広告をブログに設置すれば、自然と広告表示回数も増えるんです。

なので広告表示回数が増えれば、インプレッション収益も下がるんですけど…、
同じアクセス数でアドセンス収入が増えてるなら問題ありません!

アドセンス収入を増やすのが目的ですからね!

なので「ページRPM」を重視しましょう!

「1,000PV集めたら○○円」というのは、言い換えると「利益率」です。
「1,000PV集めて500円」よりも「1,000PV集めて800円」を目指しましょう!

どうやってページRPMを上げるか?
アドセンス収入を稼ぐうえでは、この考え方が大切になってきます。

ページRPMの平均

それではページRPMの平均をお話していきます。
(周りのブログ運営者の話やWeb上の情報をベースに算出しました)

ページRPMの平均
・特化(専門)ブログ:300円~800円程度
 (扱うジャンルによって大きく変動します)
・雑記(トレンド)ブログ:300円~450円程度
※ゆず調べ

運営するブログのページRPMが、この範囲なら平均です。

逆に、これよりも低いなら改善の余地はあります。

インプレッション収益の平均

つぎにインプレッション収益の平均を解説します。

インプレッション収益の平均
・インプレッション収益の平均:150円~250円
※ゆず調べ

インプレッション収益がこの範囲内なら平均です。

ただ、インプレッション収益が低くても、ページRPMが高いなら問題ありません。
実際に僕が運営するブログの「インプレッション収益」は80円~100円前後ですが、
「ページRPM」は550円~600円くらいです。

ページRPMが高ければ利益率は良いので、インプレッション収益は多少低くてもOKです。

ページRPMを改善する方法

最後にページRPMを改善する方法を解説していきます。

ページRPMを改善するには、「広告単価」と「クリック率(ページCTR)」を上げるのが大切です。

広告単価を上げる

まず1つ目の方法が「広告単価を上げる」です。

そして広告単価を上げるには、2つの方法があります。

広告単価が高いジャンルを選ぶ

 

広告単価が高いジャンル
・保険
・自動車
・不動産
・ダイエット
・転職
・株、FX
・クレジットカード

単価の高い広告に共通してるのは、「利益率の高い商品・サービス」です。
なので「利益率の高い商品・サービス」に関するブログ記事を量産すれば、広告単価は高くなっていきます。

広告をブロックする

広告をブロックするのも有効です。

直接的に広告単価を上げる方法ではありませんが、
単価が安そうな広告をブロックすれば、少しずつ広告単価は上がっていきます。

アドセンス広告をブロックする方法は下記ブログ記事で解説してます。

クリック率(ページCTR)を上げる

ページRPMを改善する2つ目の方法は、「クリック率(ページCTR)を上げる」です。

個人的には、ページRPMを改善したいなら「広告単価を上げる」より「クリック率(ページCTR)を上げる」ほうが良いと思ってます。

どれだけ広告単価を上げようと頑張っても、
最終的にはGoogleがどんな広告を配信するかを決めます

なので単価の高いジャンルの記事を量産しても広告単価は上がらないかもしれないですし、
興味のないジャンルのブログ記事を書くのは苦行です。

一方で「クリック率(ページCTR)」なら、

・アドセンス広告の掲載位置
・アドセンス広告の種類
・アドセンス広告のデザイン
・アドセンス広告の掲載数

これらを改善すれば、1%〜2%くらいは上がります。

なのでページRPMを改善するなら、「クリック率(ページCTR)」を上げるのがおすすめです。

クリック率(ページCTR)の改善方法は下記ブログ記事でまとめてます。

ページRPMは大切な指標

今回は、アドセンスの「ページRPM」と「インプレッション収益」の違いと平均を解説しました。

ブログ運営をアドセンスで収益化するなら「ページRPM」は大切な指標です。

「300円よりも500円」、「500円よりも800円」という感じで、1円でも高くなるようにトライ・アンド・エラーを繰り返しましょう!

 

OTHER POSTS