ページビュー数を分析してる人

アナリティクスとアドセンスのPV数は違います。

 

その理由は「カウント方法」なんですよね。

1カウントする対象がアナリティクスとアドセンスで違うから、ページビュー数も変わってくるんです。

 

ただ、もしアナリティクスとアドセンスのPV数が3倍~4倍も違うなら、2重カウントしてる可能性があります。

 

なので今回は、アナリティクスとアドセンスのPV数が違う理由と2重カウントのチェック方法を解説するので、参考にしていただければと思います。

GoogleアナリティクスとアドセンスのPV数が違う理由

GoogleアナリティクスとアドセンスのPV数が違う理由は、カウント方法が違うからです。

なのでアナリティクスとアドセンスのPV数のカウント方法の違いについて解説していきます。

アナリティクスのPV数のカウント方法

Googleアナリティクスは、サイト内のページURLがクリックされたらカウントします。

 

アナリティクスのページビュー数のカウント方法
サイト内(TOPページを含む)のページにアクセスがあったら1カウント。

 

「問い合わせフォーム」や「サイトマップ」にアクセスがあっても1カウントですし、BOTやクローラーがページURLにアクセスしても1カウントです。

 

ポイントは、「ページにアクセスされたらすべてをカウントする」です。

アドセンスのPV数のカウント方法

つぎにアドセンスですが、アドセンス広告が表示された時点でカウントします。

 

アドセンスのPV数のカウント方法
ページ内に掲載したアドセンス広告が表示されたら1カウント。

 

なので…、

 

・アドセンス広告を掲載してないページ
・アドセンス広告が表示される前にページから離脱された場合

 

上記のような場合なら、ページにアクセスがあってもアドセンスはPV数をカウントしません。

 

ポイントは、「アドセンス広告が表示されたら」です。

アナリティクスとアドセンスのPV数が違う理由

それでは「アナリティクス」と「アドセンス」のPV数が違う理由をまとめます。

 

アナリティクスとアドセンスのPV数が違う理由
・アナリティクスは、サイト内ページにアクセスされたらすべてをカウントする。
・アドセンスは、アドセンス広告が表示されたらカウントする。

 

なので必然的にアナリティクスのページビュー数の方が多くなります。

「お問い合わせフォーム」や「プライバシーポリシー」、「サイトマップ」などのアクセスもカウントしますからね。

 

またアドセンス収入を得ている場合には、アドセンスのページビュー数のほうが大切です。

アドセンス広告が表示されないと収益化できませんからね…。

 

なのでアナリティクスとアドセンスのページビュー数が違う理由は、「すべてのページ」か「アドセンス広告の表示」かの違いで、アドセンス収入を得るならアドセンスのPV数を大切にしましょう。

PV数の違いすぎには注意!

通常の状態ならアドセンスよりアナリティクスのほうがPV数が多いです。

 

ですが、ページビュー数の差が「3倍~4倍」もあるなら異常な状態です。

ホント多くて2倍までの違いには収まりますし、BOTやクローラーからのアクセスを省く設定をしてれば、誤差レベルの範囲です。

 

なのでアナリティクスとアドセンスのページビュー数に3倍以上の差があるなら、アナリティクスの2重カウントを疑ってみるといいですね。

アナリティクスの2重カウントのチェック方法

それではアナリティクスの2重カウントのチェック方法を解説します。

 

アナリティクスの管理画面で2つの項目をチェックすれば確認できます。

「直帰率」を確認

まずはアナリティクス管理画面で「直帰率」を確認します。

 

直帰率:サイト訪問者が目的のページだけをみて離脱したパーセンテージ。

 

直帰率は「雑記ブログ」なら80%以上、特化ブログなら60%以上くらいになります。

 

なので直帰率が「10%~30%」くらいなら低すぎるので、2重カウントの可能性は高いです。

ページ/セッションを確認

つぎに「ページ/セッション」を確認します。

 

ページ/セッション:1度の訪問(1セッション)で何ページ見られたのかのパーセンテージ

 

「ページ/セッション」が2以上なら、2重カウントの可能性は高いです。

「ページ/セッション」が2以上の状態は、すべてのブログ訪問者が1回の訪問で2ページ以上を見てることになります。

 

特化ブログなら関連性の高い記事が多いので1度の訪問で他の記事も見られますが、さすがにすべての訪問者が2ページ以上を見てるのは考えにくいですし…。

雑記ブログだと1度の訪問で2ページ以上を見る人は少ないですよね。

 

なので「ページ/セッション」が2以上の場合には、2重カウントになってる可能性はとても高いです。

2重カウントの原因の見つけ方

つぎに「アナリティクス」が2重カウントになってる原因の見つけ方を解説します。

 

主に2つの原因が考えられます。

WordPressのプラグイン

ありがちな2重カウントの原因は、WordPressのプラグインです。

 

「headタグ」にアナリティクスコードを設置したのに、プラグインにもアナリティクスコードを設置してるパターンです。

これだと見事に2重カウントになってしまいます。

 

とくにプラグイン「All in One SEO Pack」を導入してるなら注意が必要です。

このプラグインにはアナリティクスコードを入れる部分があるので、設定するときに設置してしまってる可能性があります。

 

また、WordPress管理画面内でアクセスを確認できるプラグインにも、アナリティクスコードを設置できたりします。

 

2重カウントの疑いがあるなら、1度プラグインの設定を見直してみるといいですね。

アナリティクスコードを2つ貼り付けている

「headタグ」に、アナリティクスコードを2つ貼り付けてるパターンもあります。

 

ありえないと思うかもしれませんが、意外とありえます。

サイトエラーなどで重複してアナリティクスを設置してたり、テンプレートで簡単に設置できたりすると、2つ貼り付けてたりするんですよね。

 

もし、その可能性がありそうならGoogle Chromeの拡張機能「Tag Assistant」を活用すると便利です。

 

「Tag Assistant」を使えば、アナリティクスコードが「headタグ」や「css」、「php」部分のどこに貼られてるのかを見つけられます。

なのでアナリティクスコードを2つ貼り付けてそうなら、「Tag Assistant」で確認するといいですね。

 

ただ、プラグインに貼り付けてる場合には「Tag Assistant」では見つけられないので、注意してください。

まとめ

今回は、アナリティクスとアドセンスのPV数が違う理由と2重カウントのチェック方法を解説しました。

 

・アナリティクスは「すべてのページアクセスを1カウント」
・アドセンスは「アドセンス広告が表示されたら1カウント」

 

これがアナリティクスとアドセンスにページビュー数の違いがでる理由です。

なので通常は「アドセンス」よりも「アナリティクス」のPV数のほうが多くなります。

 

でも、3倍~4倍もの差があるなら2重カウントしてる可能性が高いです。

「プラグイン」や「headタグ」をチェックしてみるといいですね。

 

OTHER POSTS