アドセンス

Googleアドセンス広告をブログに掲載する場合に「登録料」や「使用料」はかかりません。
アドセンス審査に合格すれば無料で利用できます。

でもブログ開設は必要なんですよね。

今回はアドセンス広告に「登録料」や「使用料」が発生しない理由や
「ブログ収入の仕組み」「ブログの開設費用」を解説します。

ぜひ参考にしてください。

なぜアドセンス広告に「登録料」や「使用料」はないの?

Googleアドセンス広告は「登録料」や「使用料」などは一切かかりません。
アドセンス審査に合格すれば、誰でも「0円」で利用できます。

どうしてアドセンス広告は無料なの?

それはGoogleの想いが大きく影響してるんです。

Googleは世界中で使われてる検索エンジンを運営する会社です。
日々、検索エンジンの利用満足度を上げるために尽力してます。

インターネット上に溢れてるコンテンツを独自の基準で判断して、
ユーザーがググったときに適切な情報を表示したり、
問題解決できるコンテンツを出したりするようにしてます。

Googleの見えない頑張りのおかけで、
困ったときにググればある程度の問題を解決できるんです。

大概のことはググれば何とかなります!

でも肝心のコンテンツはGoogleだけが作ってるわけではありませんよね。
ほとんどはWebサイト運営者たちが作成してます。

ここで問題が発生するんですよ!

ユーザーはGoogleを使うのって無料ですよね。
じゃあWebサイト運営者たちはどうやってお金を貰えばいいんでしょうか?

商品・サービスの販売ができるWebサイトなら問題ないですが、
何も売る物がないと無償でコンテンツを作成することになります。

タダ働きはキツい…。

その問題を解決するためにアドセンス広告が誕生です。

『売り物がないWebサイトや軌道に乗ってないWebサイトでも
良質なコンテンツを提供し続けられるように収入面をバックアップしよう。』

そんな想いがアドセンス広告にはあるので、
Webサイト運営者には「登録料」や「使用料」が必要ないんですよね。

また、いろんなWebサイトが生まれれば、
情報の偏りがなくなりますし競争性が生まれ量質なコンテンツが生まれやすいので、
検索エンジンを運営するGoogleにとってもメリットがあります。

アドセンス広告の仕組み

ページCTRとクリック率の違いを勉強してる人

とは言えですよ、
Googleも無償でアドセンス広告を提供してたら、
ただのボランティアになってしまいます。

Googleもそこまでお人好しではありません。
実はアドセンス広告で収入を得てるんです。

アドセンス広告にはGoogleも収入を得られるカラクリがあります。

【Googleアドセンス広告の収益の仕組み図】

アドセンス広告の収益の仕組み

アドセンス広告の仕組みは、

①広告主がGoogleに広告出稿を依頼。
②GoogleはWebサイトなどに広告配信。
③広告主はGoogleに広告費を支払う。
④GoogleはWebサイト運営者に成果報酬を支払う。

こんな流れです。

ひょっとしたら、もうお気づきかもしれませんが
「広告主→Google→Webサイト運営者」の中でGoogleは中間マージンを得てるんです。
(中間マージンの割合は30%から40%くらいだそうです)

AdSense の収益分配率とは
コンテンツ向け AdSense の広告掲載では、該当サービスに関連する収益として Google が認識した額の 68% がサイト運営者様の収益となります。検索向け AdSense の場合、サイト運営者様の収益となるのは Google が認識した額の 51% です。これらの分配率はサイト運営者様の所在地に関係なく一定ですが、個々のサイト運営者様によっては異なる分配率が適用されている場合もあります。なお、その他の AdSense プロダクトの収益分配率は公開しておりません。開発費用やサポート費用の違いにより、収益分配率はプロダクトに応じて異なります。

Webサイト運営者がGoogleアドセンスを無料で利用できるのは、
このような収益の仕組みもあるからなんです。

ブログ開設費は必要!

Googleアドセンスは無料で利用できます。
でもアドセンス広告を始めるにはオリジナルのコンテンツが必要です。

一般人がアドセンス広告を始めるにはブログを用意します。

・レンタルサーバー費用
・ドメイン費用
・テンプレート費用

ブログ開設するのにはこの3つの費用がいるんです。

レンタルサーバー費用

まずブログを開設するにはレンタルサーバーが必要です。
サーバーとはインターネット上の「土地・建物」みたいなものです。

いくつかの会社でレンタルできて、
安いレンタルサーバーだと月額198円だったりします。

ただ安かろう悪かろうだったりするので、
個人的にはXserver(エックスサーバー)がおすすめです。

僕はブログを始めたときからXserverを使ってますがトラブルに遭ったことがないですし、
1つのレンタルサーバーを契約すると複数のブログを運営できます。

他の安いサーバーだと複数ブログを運営できなかったり、
サーバーダウンする回数が多かったりします。

月額が安くても見えないコストが発生してるんですよね。

サーバーは常に平常運転できるのが最高の証なので、
とくにブログを初めて始める方にはXserver(エックスサーバー)をおすすめしてます。

Xserverの契約方法は下記記事で詳しくお話してます。

ドメイン費用

つぎにドメインです。

ドメインとは「◯◯.com」「◯◯.jp」の部分で、
インターネット上の「住所」みたいなものですね。

サーバーでインターネット上の土地を確保して、
その土地にドメインで住所をつけてブログの居場所が出来上がります。

ドメインの取得方法には2種類あります。

・レンタルサーバー
・ドメイン専売店

費用もピンきりで100円〜取得できます。

個人的におすすめなのはレンタルサーバー内で取得です。
先程ご紹介したXserver(エックスサーバー)もそうなんですけど、
無料でドメイン取得ができたりします。

僕もXserverで無料でドメイン取得しました。
(※キャンペーン期間のみ)

サーバー内でドメイン取得した方が設定作業も簡単です。

Xserverでのドメイン取得は下記記事で解説してます。

テンプレート費用

最後3つ目はテンプレートです。

テンプレートは「ブログの衣装」みたいなものです。
ブログにテンプレートを適用すると一気に本格的なWebサイトに様変わりします。

無料テンプレートもありますが、
ブログで収益化するなら有料テンプレートのほうがいいです。

ブログの内蔵設計が綺麗なのでSEO的に有利という情報が多いですし、
初期設定の作業を簡易化できます。

またTOPページや記事内の装飾も多いので、
見やすくて分かりやすいブログを作れるんですよね。

見やすさはとっても大切です

デザイン的も作業的にも有料テンプレートのほうが
メリットが多いのでおすすめしてます。

またテンプレート費用はピンきりです。
3,000円程度からあれば、10,000円以上するテンプレートもあったりします。

基本的には1度購入したら追加費用は発生しないですし、
複数のブログでも使えたりするのでトータルで考えると良い買い物です。

ブログのジャンルに合わせたり、
自分好みのテンプレートを探したりするといいですね!

ブログを作ろう!

今回は『Googleアドセンスに登録料や使用料はないけどブログの開設費用は必要』をテーマにお話しました。

Googleアドセンス広告の利用には一切の費用が発生しません。

でもブログを開設してアドセンス審査に合格する必要があります。
なのでまずは、自分だけのブログ開設ですね!

作業量は多いですが作業難易度は低いので、誰も簡単に作れます。

 

OTHER POSTS