アドセンス

Googleアドセンス広告をブログに掲載する場合に「登録料」や「使用料」は必要ありません。

アドセンス審査に合格をすれば、無料で利用できます。

ただブログ開設は必要なんですよね。

 

今回はGoogleアドセンスに「登録料」や「使用料」が発生しない理由や「ブログ収入の仕組み」、「ブログ開設費用」や「アドセンス審査対策」までを解説するので、ぜひ参考にしてください。

Googleアドセンスに「登録料」や「使用料」はない!

Googleアドセンスに「登録料」や「使用料」など、初期費用や維持費用は1円も必要ありません。

Googleアドセンス審査にさえ合格すれば、「0円」でGoogleアドセンスを利用できます。

なぜGoogleアドセンスは無料なのか?

でも、どうしてGoogleアドセンスは無料で利用できるのか?

それについて少しお話していきます。

 

Googleは検索エンジンを運営する会社ですよね。

日々、検索エンジンの利用満足度を上げるために尽力してます。

ユーザーがググったときに思うような情報が出てきたり、問題を解決できるコンテンツを表示させたりしようとしてます。

 

でも、そのコンテンツを作成するのはGoogleではなくWebサイト運営者たちです。

Googleはユーザーのために検索結果画面を最適化しようとしてますが、1つ1つのコンテンツはWebサイト運営者やブログ運営者たちが作ってますよね。

なのでGoogleはWebサイト運営者やブログ運営者たちが良質なコンテンツ作成に集中できるように、アドセンスという広告配信サービスを開発したんです。

良いコンテンツを作ってても収益化できなければ継続運営はキツイですし、コンテンツの質が下がったりする可能性もありますよね。

 

つまりGoogleアドセンスに登録料や使用料がない理由は、Webサイト運営者やブログ運営者たちがコンテンツ作成に集中できるようにするためなんです。

Googleの収益の仕組み

とは言え…、現実問題としてはGoogleも収益を確保しないと会社経営できません。

 

実はGoogleもアドセンスで広告収入を得てるんです。

その仕組みを解説していきます。

 

【Googleアドセンスの収益の仕組み図】

アドセンス広告の収益の仕組み

 

Googleアドセンス広告を掲載したい企業(広告主)がGoogleに出稿依頼をします。

Googleは広告主(企業)からもらった広告費の中からWebサイト運営者に成果に応じて報酬を支払っていますが、この部分でGoogleは中間マージンを得てます。

(中間マージンの割合は30%から40%くらいだそうです)

 

AdSense の収益分配率とは
コンテンツ向け AdSense の広告掲載では、該当サービスに関連する収益として Google が認識した額の 68% がサイト運営者様の収益となります。検索向け AdSense の場合、サイト運営者様の収益となるのは Google が認識した額の 51% です。これらの分配率はサイト運営者様の所在地に関係なく一定ですが、個々のサイト運営者様によっては異なる分配率が適用されている場合もあります。なお、その他の AdSense プロダクトの収益分配率は公開しておりません。開発費用やサポート費用の違いにより、収益分配率はプロダクトに応じて異なります。

 

Webサイト運営者がGoogleアドセンスを無料で利用できるのも、このような収益の仕組みもあるからなんです。

ブログ開設費は必要!

Googleアドセンスは無料で利用できますが、ブログを開設するための費用は必要です。

  • レンタルサーバー費用
  • ドメイン費用
  • テンプレート費用

ブログ開設するのに、この3つの費用が発生します。

レンタルサーバー費用

まずブログを開設するには、レンタルサーバーが必要です。

サーバーはインターネット上の「土地・建物」みたいなもので、いくつかの会社でレンタルできます。

安いサンタルサーバーだと月額198円だったりします。

 

ですが個人的には、他のレンタルサーバーより費用が高めなXserver(エックスサーバー)をオススメします。

というのも僕はブログを始めたときからXserverを利用してるんですけど、特にトラブルに遭ったことがないし、1つのレンタルサーバーを契約すれば複数のブログも運営できるんですよね。

他の安いサーバーだと複数ブログを運営できなかったり、サーバーダウンする回数が多かったりするので、見えないコストが発生してるんですよね。

なのでブログ初心者ならエックスサーバーから始めると良いと思います。

 

僕がブログ初心者にXserverをおすすめする理由やレンタル方法は下記ブログ記事で詳しくお話してます。

ドメイン費用

ブログ開設するには、ドメインも必要です。

ドメインとは「◯◯.com」「◯◯.jp」の部分で、インターネット上の「住所」みたいなものですね。

ドメインはレンタルサーバー内で取得できたり、ドメイン専売店で購入できたりします。

また費用もピンきりで、100円でも取得できます。

 

個人的におすすめなのはレンタルサーバー内で取得です。

先程ご紹介したXserver(エックスサーバー)もそうですが、無料でドメイン取得ができたりするんですよね。

実際に僕もXserverで無料でドメイン取得しました。

(ただキャンペーン中だけの話なので、タイミングによって有料になるかもですが…。)

 

Xserverでのドメイン取得は下記ブログ記事で解説してます。

テンプレート費用

テンプレートは、「ブログの衣装」みたいなものです。

テンプレートをブログに適用すると、一気に本格的なWebサイトに様変わりします。

 

無料テンプレートもありますが、ブログ運営をするなら有料テンプレートのほうがオススメです。

ブログ初期設定の作業を簡易化してくれたり、ブログ設計も綺麗だったりするので、ユーザーにとって見やすくて分かりやすいブログにできるんですよね。

 

無料テンプレートだとデザインがカブったり、GoogleアナリティクスやSNSとの同期がめんどくさかったりします。

デザイン的も作業的にも有料テンプレートのほうが良いんですよね。

 

またテンプレート費用もピンきりです。

3,000円程度のテンプレートもあれば、10,000円以上するテンプレートもあったりします。

ただ基本的には1度購入したら追加費用は発生しないし、使い回しできたりするので、金銭面的には優しいです。

ブログのジャンルや自分好みのテンプレートを探すといいですね!

 

WordPressブログを開設するために必要な費用の詳細は下記ブログ記事で解説してます。

 

ブログの初期設定や開設するまでの手順は下記ブログ記事をご参考にどうぞ!

Googleアドセンスの審査を受けよう!

Googleアドセンスを利用するのには、Googleアドセンスの審査に合格する必要があります。

Googleがあなたの運営するブログに広告配信するかどうかを決めるということです。

 

Googleアドセンスの申し込み画面

 

ブログを開設したら、こちらからGoogleアドセンス審査を受けましょう!

アドセンス審査前に準備しておくこと

アドセンス審査はブログを開設したら合格できる」という簡単な話ではありません。

 

Googleアドセンス審査を受けるまえに、必ず準備しておくものがあります。

  • ナビゲーションメニューの設置
  • プロフィール作成と設置
  • プライバシーポリシー作成と設置
  • お問い合わせフォームの設置
  • ブログ記事
  • Search Consoleの登録とサイトマップ送信

ちょっと多く感じるかもしれないですが、作業難易度は低いので1つずつ取り組めば大丈夫です。

 

またブログ記事を作成するときには「独自のコンテンツ」を意識しましょう。

  • 専門家の知識
  • 何かを改善する方法
  • 口コミ情報
  • 独自のアイデア

「独自のコンテンツ」とは、上記4つを意識したコンテンツです。

 

ハードルが高そうに思えますが本業で身につけたスキルや知識、今までの経験や体験談など、これらも立派な独自のコンテンツです。

ブログ記事を作成するときには、あなたがユーザーに提供できる独自の情報を意識するといいですね!

 

アドセンス審査前に準備しておくべきものやブログの方向性の決め方は下記ブログ記事で解説してます。

ブログを作ろう!

今回は『Googleアドセンスに登録料や使用料はないけどブログの開設費用は必要』をテーマにお話しました。

Googleアドセンスの利用には初期費用など一切ありません。

ただブログ開設費用が必要だったり、Googleアドセンス審査に合格したりしないと利用はできません。

ブログ収入への道が遠そうに見えますが、まずはブログを開設しましょう。

作業難易度は高くはないので!

またメルマガにご登録いただいた方に「ブログ開設方法」や「アドセンス審査対策」などを解説してる動画コンテンツをプレゼント中です。ぜひ、ご活用ください。

 

 

 


OTHER POSTS