朝起きるのが辛い人

朝起きるのが辛くて、会社に行きたくない…。

とくに連休明けに強く思いますよね。

 

僕も会社員だったころ、朝起きたときに「まだ寝ていたい衝動」に猛烈に駆られたり、「こんな目覚めの悪い朝を、あと何十年も迎えるのか…」と憂鬱になったりしてました。

 

毎日自分が満足するまで寝て、ゆっくりコーヒーでも飲みながら仕事をしたい!

 

そう思った僕は、早起きしなくていい働き方はないかと探してみたんです。

 

そして今では気が済むまで寝て、自分のタイミングで仕事を始められるようになりました。

 

今回は、朝起きるのが辛くて会社に行きたくない人に向けて、僕が実践した早起きしない働き方を紹介していきます。

朝起きるのが辛くて会社に行きたくない!

朝起きるのが辛くて、会社に行きたくない…。

そう思いますが、連休明けの月曜日にはもっと思いますよね。

 

だけど、不思議だと思いませんか?

 

出勤日の朝は起きるのが辛いのに、旅行に行く日や楽しみなイベントがある日の朝はツラくないんです。

 

どうして

同じ「朝」なのに、「辛い日」と「辛くない日」があるんでしょうか?

 

そこには「朝起きるのが辛い」という理由もありますが、他にもいくつかの理由があるんですよね。

朝起きるのが苦手

1つ目の理由は、そもそも「朝起きるのが苦手」です。

 

アラームで一瞬は目を覚ましても、睡魔に襲われ無意識レベルで二度寝してたり、自分を奮い立たせて起きても頭が何だか重たかったりと…。

朝に「こんな葛藤」を繰り広げてる人は、朝起きるのが苦手なタイプです。

 

僕は旅行に行く日でも、こんな感じの葛藤は少しあるので、朝起きること自体が苦手です…。

仕事をしたくない

2つ目の理由は、「仕事をしたくない」ですね。

 

朝起きるのがツラいんじゃなくて、実は仕事がしんどいパターンです。

これも結構あるあるです。

 

僕は新人営業マンだったころ、9時~18時までオフィスでひたすらテレアポしてた時期がありました。

1日3件のアポ(※ノルマ)が取れた日はハッピーですが、0件の日が長く続くと、会社に行くのがイヤになるんですよね。

そして朝起きるのもツラくなっていきました。

 

こんな風に朝がツラいのは、仕事がしんどいからという理由もあります。

職場の人間関係が上手くいってない

3つ目の理由は「職場の人間関係が上手くいってない」です。

 

「パワハラちっくな上司」がいたり、後輩に仕事を振って「自分は仕事をしない先輩」がいたり、お菓子ばかり食べてる「後輩」がいたりなど。

自分と価値観が違う人が多すぎる職場はキツイですよね。

 

そんな職場に行きたくないから、朝起きるのもツラくなっていきます。

夜型人間

4つ目の理由は、実は「夜型人間」タイプのパターンです。

 

早起きするのは苦手だけど夜遅くまで起きてるのは苦じゃないとか、夜中のほうが頭が冴えまくるなど。

 

タイプ的に「夜型人間」なら、朝起きるのはツラいと思います。

会社員である以上は早起きから逃れられない

会社に行く日の朝に起きるが辛いのは、「早起き」か「会社関係」のどちらかに理由があります。

人それぞれ理由は違いますが、1つだけ間違いないことがあります。

 

それは「会社員である以上は早起きから逃れられない」です。

 

もちろんリモートワークを推進してる会社はあります。

だけど、まだまだ少数ですし、職種も限定されてますよね。

ほとんど場合は、朝9時には自分のデスクの前に座ってないといけません。

 

サラリーマンならこれが普通なんです。

 

では、「早起きが辛くて会社に行きたくない!」をどうやって解決したら良いのか?

 

そこには4つの方法があります。

 

  1. 意地でもリモートワークできる会社に行く
  2. 早起きへの対策を立てる
  3. 働き方を変える
  4. 仕事関係の理由を解消するために転職する

 

「③」と「④」は後ほどお話するので、ここでは「①」と「②」を解説します。

 

1つ目の「意地でもリモートワークできる会社に行く」で早起き問題を解決できます。

推進してる会社や職種はまだまだ少ないので枠は少ないですが、今のままでは何も解決しません。

リモートワークできる会社を探して、就活するのはありです。

 

また、2つ目の「早起きへの対策を立てる」のも良いですよね。

今この瞬間に「早起きが苦手」は克服できませんし、「夜型人間」から「朝型人間」に変われませんが、時間をかければ十分に可能です。

しっかりと対策を立て、地道に積み重ねれば「早起き問題」を解決できます。

 

ただ、もし「早起きが本当にしんどい」とか「会社の人間関係」が理由なら、この2つの方法で解決するのは厳しいです。

 

そんな時には「③:働き方を変える」と「④:仕事関係の理由を解消するために転職する」で解決するといいですね!

早起きしなくて良い働き方とは?

別に働きたくないわけじゃなけいど、とにかく早起きがしんどい。

 

そんな風に「早起き」そのものが苦手なら、早起きしなくて良い働き方を目指したほうが良いですね!

 

では、早起きしなくて良い働き方とはどのようなものなのか?

 

それは「インターネットビジネス」です。

パソコンとインターネット環境があればいいので、満足するまで寝てから仕事を始められます。

また、「いつ働いて、いつ休むか」も自由に決められるので、朝だけではなく毎日を思うように過ごせます。

 

  • ブログアフィリエイト
  • YouTubeアフィリエイト
  • せどり
  • 株・FX

 

これらが代表的なインターネットビジネスです。

 

それぞれ収益化ハードルは違いますが、どれも収入が軌道に乗れば、朝早く起きる必要はなくなります。

 

ただ…正直な話、インターネットビジネスは、ラクして簡単に稼げるわけではありません。

どんな仕事でもそうですが、ラクして簡単には稼げませんよね。

 

インターネットビジネスもそうなんです。

それなりの「時間」と「労力」をかけなければ、インターネットビジネスの収入は軌道に乗りません。

 

え?そんな当たり前なことを言ってるの?

ここまでの話を聞いて、あなたがこんな風に思ったなら大丈夫です。

 

というのも、「お金を稼ぐ以上は、頑張るのは当たり前でしょ!」くらいのスタンスがあれば、インターネットビジネスでも十分に収入を稼げるからです。

逆にそれくらいのスタンスがないのなら、ぶっちゃけ厳しいです!

 

なので「お金を稼ぐんだから、頑張るって普通じゃん」と思う方は、下記ブログ記事をご覧ください。

僕が副業でブログ運営を始めて、月収11万円、月収31万円と稼いだ話をしてます。

インターネットビジネスに挑戦して早起きしなくて良い働き方を実現した人

こんな理由なら転職のほうが良い!

早起きが辛い理由が「仕事がしんどい」とか「職場の人間関係が嫌だ」などの場合なら、転職のほうが良いですね。

 

会社を変えれば、解決できるかもしれません。

 

ただ、留意すべきポイントは2つあります。

 

1つ目は「仕事の何がしんどいのか?」を具体的に考えることです。

これは自己分析をするつもりでやってみるといいですね。

 

たとえば「営業が辛い」ではなく、「テレアポがキツイ」とか「飛び込みが辛い」とか「提案がしんどい」など、具体的に何がしんどいのかを考えたり。

実は営業が嫌いではなくて「テレアポだけが嫌い」だと分かったら、テレアポをしなくていい営業職に転職すれば良いし、飛び込み営業が辛いならルート営業を募集してる会社を探せばいいですよね。

 

こんな風に具体的に考えることで、転職先も明確になってきます。

 

また、2つ目は「働く以上は人間関係はつきもの」です。

 

「パワハラ上司」や「仕事をしない先輩」、「お菓子ばかり食べてる後輩」などは転職したとしても、職場にいるかもしれません。

その度に転職してたらキリがありませんよね…。

 

どこかしらで一線を引いたり、自分にとってマイナスな人たちから上手く逃げる術は身につけたりするといいですね。

「早起きが辛い」で働き方を変えても良い!

今回は、『朝起きるのが辛くて会社に行きたくないなら早起きしなくていい働き方にしよう』をテーマにお話しました。

 

「早起きが辛い」という理由で働き方を変えてもいいんです。

僕は他にも理由がありましたが、早起きが辛かったから働き方を変えました。

(詳しい理由はプロフィールでお話してます。)

 

だけど、それが「働きたくない」とか「仕事したくない」という理由で朝起きたくないのなら話は別です。

それは怠けてるだけですので…。

 

もし、あなたが「働く意志はあるけど早起きだけは勘弁!」と思ってるなら、僕が実現した早起きしない働き方を参考にしてみてください。

 


 


 

OTHER POSTS