朝起きるのが辛い人

朝起きるのが辛くて、会社に行きたくない…。
とくに連休明けに強く思いますよね。

まだ寝ていたい衝動に猛烈に駆られたり、
「こんな目覚めの悪い朝を、あと何十年も迎えるのか…」と憂鬱になったり。

満足するまで寝て、自分のタイミングで仕事を始めたい!

そんな働き方はないかと真剣に考えると思います。
実は僕もそうだったんですよね。

会社に行く日の朝はほぼ毎回「もう少し寝たい…」と思ってましたし、
「わざわざ出社する時間がもったいないんだよなぁ」とも嘆いてました。

そこで僕は早起きしない働き方はないのかと情報収集を始めて、
現在は気が済むまで寝てからシャワーを浴びて、ゆったりとコーヒーを飲みながら仕事をしてます!

今回は、朝起きるのが辛くて会社に行きたくない人に向けて、
僕が実践してる早起きしなくていい働き方をお話していきます。

朝起きるのが辛くて会社に行きたくない!

早起きが苦手とか夜型人間の人は、
朝起きるのが辛くて会社に行きたくない理由がはっきりしてます。

朝型人間ではないですからね…。

1日でも早く素敵な朝を迎えるために、
早起きしない働き方を実現したほうがいいと思います!

ただ!

もし、楽しみな旅行に行く日の早起きは苦じゃないのに、
出勤日の朝だけ起きるのが辛いなら他の理由があるってことです。

仕事か会社のどちらかに原因があります。

やりたくない仕事をしてる

1つ目の理由は「やりたくない仕事をしてる」です。

早起きしてまでやりたくない仕事をしたくないですよね。
それが普通だと思います。

仕事がもっと楽しかったら、やりたい仕事ができたら…

そう思える人は早起きが辛い原因は仕事ですね!

会社が好きじゃない!

つぎの理由は「会社が好きじゃない!」です。

働く環境がブラックだったり悪口や愚痴のオンパレードだったりしたら、
会社を好きになれませんよね。

「出社したら地獄が待ってる…」と朝から思いっきりブルーになると思います。

仕事は嫌いじゃないけど職場がなぁ…っと思ってる人は、
今の会社が早起きが辛い原因です。

早起きしなくていい働き方

それでは僕が実践した早起きしなくていい働き方をお話します。

会社に行く日の早起きが辛いのは、
「体質」か「仕事」か「会社」のいずれかに理由があります。

ここの理由は人それぞれだと思うんですけど、1つだけ間違いないことがありますよね。

それは「会社員は早起きしないといけない」ってことです!

リモートワークを実施してる会社はありますが、
一部の企業だけですし、職種も限定されてます。

ほとんどのサラリーマンは朝9時には自分のデスクの前に座ってないといけません。

これが会社員の現実だと僕は気づいたので、
朝思いっきり寝られるように会社を辞めて自分1人で働こうと決心しました。

自分で収入を作れれば、好きなように働けますからね!

ブログメディア運営

僕が早起きしなくていい働き方に選んだのは、ブログメディア運営です。

なぜブログメディア運営なのかと言うと…、

初期費用が少なくて収益化のハードルも低いのに、
初心者から始めても月30万円くらいなら稼げそうだったんですよね!

これほど普通の人でも出来るビジネスってないと
思ってます。

株やFXで収入をつくろうと思ったら初期費用が結構いりますし、
サラリーマン大家さんは借り手がいなかったら借金だけが残ります。

また流行りのクラウドサービスを使って仕事を見つけたとしても、
収入はたかが知れてますし、働き方は会社員とほぼ一緒です。

こういうのを仕事にするくらいだったら、
サラリーマンのほうが賢くないか?

それから僕は副業でブログメディア運営を始めて、
8ヶ月後に月収30万円以上をつくり、会社を辞めました。

今は大体9時過ぎには起きて、10時くらいまでベッドの上でダラダラし、
それからシャワーを浴びてゆったりとコーヒーを飲みながら仕事をしてます。

早起きしないでいい働き方を実現するなら、
自分1人でも収入を作れる方法を見つけるのがポイントです!

僕が副業でブログ運営を始めて月収30万円を稼ぐまでの話はこちらで詳しくしてます。

自分で就業ルールを作ろう!

朝起きるのが辛くて会社に行きたくない人に向けて、
僕が実践してる早起きしなくていい働き方をお話しました。

リモートワークOKの会社に転職できる人は、それも選択肢だと思います。
でも、会社の都合でリモートワークが解除される可能性もありますよね。

それだったら自分1人で収入をつくったほうが良いと思います!

会社に働き方をコントロールされたら、
いつまで経っても早起きしなくていい働き方を実現できませんからね。

自分1人で収入をつくれる働き方を見つけて、自分で就業ルールを作り、
最高に気持ちの良い朝を迎えられる毎日を手に入れましょう!