会社のために働きたくない!」

そんな強い想いを持ってる方に向けて、
僕が実践してる自分のためになる働き方をお話します。

僕もサラリーマンでしたが、今は自分が頑張った分だけ収入と時間が増える働き方をしてます。

・成果を出してるのに給料が増えない。
・給料は高いけどプライベートの時間が全然ない。

そんな悩みを持ってる人に向けてお話します。

会社のためじゃなく、自分のために働きましょう!

「会社のために働きたくない…」はダメ?

給料を貰ってるんだから、会社のために働くのは当たり前!

昭和のサラリーマンの考え方と思いきや、令和の時代にも根強くあります。

・会社のためにどれだけでもサービス残業する。
・会社の決めたことに文句を言いたいんだけど、黙って従う。
・会社におかしな点があってもゴクリと飲み込む。

これがサラリーマンの常識です。

なので「会社のために働きたくない!」と思っても、な〜んか気持ち悪くなりますよね。

会社のために働けない自分は異常なのかなと思ったり、
給料を貰ってる立場なのに文句を言うのって最悪だよなと思ったり。

会社のために働きたくないんだけど、会社のために働けない自分はおかしいんじゃ…。

こんな複雑な心境になります。

こっちがおかしいのか?

でも!

会社のために働きなくないは、まったくダメではないんです!

自分のために働くのが自然!

なんのために働くのか?

それは人それぞれですし、誰かに強制されるものでもありません。
僕は自分のために働くのが自然だと思ってます。

お金のために働いても、ある程度の収入が手に入ればモチベーションは下がるし…。

なんかドライだよな…、お金のためだけって。

一方で家族や子どものため、お客さんのために働くのは素敵なことなんですけど、
なんか恩着せがましいですし、本気でお客さんのために働きたいなら無償で頑張るべきですよね。

そう考えてみると、自分のために働くのが一番健全だと思うんです。

理想の生活を実現するために働く。

これが働く目的なら自然とお金は必要ですし、
家族や子どもの笑顔が見たいってなりますし、
お金を稼ぐためにお客さんに価値提供しなきゃってなりますよね!

自分のために働けば、それがお金や家族、お客さんのためになる。

これが何のために働くか?の答えだと思ってます。

ちなみにイチロー選手は自分のために野球をやっていたそうです。

自分のためになる働き方

じゃあ、自分のためになる働き方ってなんなのか?

それは「自分でビジネスをする」です!
この働き方が一番自分のためになります。

自分でビジネスをするってことは、自由もあれば責任もあります。

いつ仕事してもいいし、収入を得られなかったら誰も助けてはくれません。

でも、成果を出せばダイレクトで自分に返ってきます!

生活水準が上がったり、好きなタイミングで海外旅行に行けたり、
オンオフの切り替えを自由にできたりするんです。

自分のために働きたいなら、自分でビジネスを始めましょう!

僕が実践してる働き方

個人ビジネスなら、自分のためだけに働けます。

そして今の時代、個人でも働ける方法ってたくさんありますよね。

株・FX」「YouTube」「ブログ」「ネットショップ」…etc、
他にも結構あるので、一体どれが良いのか分かりません。

どれが現実的かなぁ〜?
自分に合うかなぁ〜?

僕もどのビジネスにするか迷いまくったので条件を考えたんです。

個人ビジネスの条件

・副業から始められる。(※確保できる時間は1日3時間がMAX)
・初期費用が少ない。(※月5万円が限度)。
・頑張った分だけ成果に繋がりやすい。

そうしたらブログアフィリエイトが条件をすべてクリアしてたんですよね!

月1,000円くらいで始められて、毎日2時間〜3時間の作業で
月収30万円以上をつくれそうでした。

よし!とりあえずやってみるか!

それから副業でブログ運営を始めて4ヶ月後に月収10万円、
その4ヶ月後には月収30万円以上を稼げたんですよね、毎日2時間の作業で。

今は会社を辞めて、自分ひとりで働いてます。

複数のブログを運営したり、個人ブログの収益化コンサルを始めたり、
企業サイトのサポートや制作をしたりと。

働いた分だけ自分にダイレクトで返ってくるので、
毎日、自分のために働いてる感が満載です!

副業でブログを始めてから会社を辞めるまでの話はプロフィールで詳しくしてます。

自分のためが誰かのためになる!

会社のために働きたくない人に向けて、僕が実践してる自分のためになる働き方をお話しました。

会社のために働けないなら、自分のために働きましょう!
自分のために働けば、回り回って誰かのためになります。

『利他心からの自利心ではなく、自利心からの利他心
この流れが健全だとお寺の住職さんも仰ってました。

個人ビジネスを始めて、思いっきり自分のために働きましょう!