WordPress(ワードプレス)ロゴ

同じサーバー内に複数のワードプレスをインストールすることは可能です。

たとえばXサーバーの「X20プラン」を契約したら、同じサーバー内で2つ、3つのWordPressブログを運営できます。

これなら余計なサーバー代は発生しないのでお得ですし、便利ですよね。

ただ、どうやって同じサーバー内に複数のワードプレスをインストールするのか分からない…。

今回はそんな方に向けて「同じサーバー内に複数のワードプレスをインストールする方法|Xサーバー編」を解説していきます。

複数のワードプレスをインストールする手順まとめ

同じサーバー内に複数のワードプレスをインストールする方法について具体的に解説するまえに、手順をまとめていきます。

(※Xサーバーでのインストール方法です)

 

基本的には、1つのサーバーに1つのワードプレスをインストールした時と方法は同じです。

  1. 独自ドメインの用意
  2. サーバーにドメインを適用する
  3. サーバーパネルでワードプレスをインストールする

この3ステップで同じサーバー内に新たなワードプレスをインストールできます。

 

では、1ステップずつ詳しく解説していきます。

独自ドメインの用意

まずは独自ドメインを用意しましょう。

 

独自ドメインの取得方法は主に2つです。

  • Xサーバー内で取得
  • ドメイン販売サイトで取得

1つ目の独自ドメインを取得した方法で用意すると良いですね!

 

ちなみにですが、僕はXサーバーで独自ドメインを取得するのをおすすめしてます。

その後のドメイン適用作業やワードプレスをインストールするまでの手順が簡単だからです。

 

また、稀にXサーバーではドメイン費が無料になるキャンペーンもやってるので、一度「エックスサーバー」を覗いてみると良いと思います。

 

Xサーバーでの独自ドメイン取得方法を忘れてしまった方は下記記事をご参考にどうぞ!

サーバーにドメインを適用する

独自ドメインを準備できたら、サーバーにドメインを適用していきます。

 

まずはXサーバーの管理画面にログインします。

そして、ドメインを追加したいサーバーを選択してください。

 

独自ドメインを適用させたいサーバーの選択画面

 

続いて「サーバーパネル内」の右上にある「ドメイン設定」をクリックします。

 

サーバーパネルのドメイン設定画面

 

「ドメイン設定追加」タブをクリックし、「ドメイン名」部分に取得した独自ドメインURLを入力し、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

 

サーバーパネルのドメイン追加画面

 

以上でサーバーに独自ドメインを適用する作業は完了です。

独自ドメインを独自SLL化する

Xサーバーに新ドメインを追加できたら、忘れずに独自SSL化しておきましょう。

 

独自SSLとは「サイトの安全性を高める設定」というイメージでOKです。

 

独自SSL化することよって具体的に変わるのは「サイトURL」の部分です。

  • 独自SSL設定前「http://www.~」
  • 独自SSL設定後「https://www.~」

こんな感じで「http」の後に「s」が加わります

この「s」が加わることでGoogleが「安全なサイト」と認識してくれます。

1度設定しておけば後でやることはないので、この段階で独自SSL設定もしておくといいですね。

 

Xサーバーでの独自SSL設定方法は下記ブログ記事で解説してます。

サーバーパネルでワードプレスをインストール

では、ワードプレスをインストールしていきます。

ドメインを適用した「サーバーパネル」を開き、「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

 

サーバーパネルのWordPress簡単インストール画面

 

次にWordPressをインストールしたい独自ドメインを選択します。

 

ワードプレスを適用させたい独自ドメインの選択画面

 

「プログラムのインストール」タブをクリックし、「WordPress 日本語版」のインストール設定をクリックしてください。

 

独自ドメインにWordPressをインストールする画面

 

続いて「詳細の設定」をしていきます。

 

独自ドメインにWordPressをインストールする時の設定画面

 

インストールURL」は、そのままでOKです。

ブログ名」「ユーザ名」「パスワード」「メールアドレス」は、ご自身が運営するブログ名や管理情報を入力しましょう。

 

上記項目を入力したらワードプレスのインストールは完了です。

インストール完了までの時間

上記作業が完了しても、すぐにWordPress画面を開けるわけでありません。

独自ドメインにWordPressを適用するまでに時間がかかります。

その時間は「最大で72時間」だと明記されてます。

ただ、ほとんどのケースで72時間かかることはないので「ダッシュボードURL」を保存しておき、こまめに確認すると良いですね!

同じサーバーで複数のブログ運営をする時の注意点

最後に、同じサーバー内で複数のWordPressブログを運営する時の注意点をお話します。

 

同じサーバーで複数のブログを運営する時の注意点は1つです。

それは「アクセス制限」です。

 

たとえば同じサーバーで2つのブログを運営してたとします。

「ブログA」にアクセスが集中的に集まりサーバー側がアクセス制限をかけると、必然的に「ブログB」へのアクセス制限もかかるんですよね。

つまり、同じサーバーでアクセス制限をかけられると「ブログA」も「ブログB」もユーザーは閲覧できなくなるんです。

同じサーバー内にあるブログなので、こればっかりはどうしようもありません。

 

なので、どちらか一方のブログアクセスが好調なら、サーバーのキャパを大きくしたほうが良いですね。

「X10プラン」でアクセス制限がかかりそうなら、「X20プラン」にしておきましょう。

 

アクセス制限がかかることはブログ運営者にとって「喜ばしい悩み」ではありますが、アクセスを取り逃してるということでもあります。

そんな状況にならないように、ブログのアクセス状況を見極めて、適切なサーバープランを選びましょう。

サーバープランを随時見直そう!

今回は、『同じサーバー内に複数のワードプレスをインストールする方法|Xサーバー編』を解説しました。

同じサーバー内で複数のWordPressブログを運営することは可能です。

またWordPressをインストールする方法も簡単なので、気軽に追加しましょう!

ただ同じサーバー内で複数のブログ運営するのはリスクもあるので、随時サーバープランを見直すと良いですね。

 


 


 

OTHER POSTS