WordPress(ワードプレス)ロゴ

パーマリンクはどのように設定したら最適になるのか?

こんな疑問をお持ちの方は多いと思います。

 

でも実は、Googleが推奨してるパーマリンク設定方法があるんですよね。

なので今回は、Googleが推奨してるパーマリンク設定方法をベースに考え方や決め方を解説します。

 

また、パーマリンク設定でのNG事項やWordPressでの設定方法についてもお話するので、参考にしていただければと思います。

パーマリンクの考え方

パーマリンクの最適な決め方を解説するまえに、パーマリンクの考え方をお話します。

 

パーマリンクとは、WEBサイトの各ページのURLです。

「https://uzu-official-style.com/?p=123(ここ!)」ですね。

 

このパーマリンクをWebページを公開するまえに、決めておく必要があります。

 

では、どのような考え方でパーマリンクを設定すればいいのか?

実は、Googleが推奨してるパーマリンクの設定方法があります。

 

それをベースに考えて、パーマリンクを設定するといいですね。

Googleが推奨するパーマリンクの設定方法

Googleが推奨するパーマリンクの設定方法をご紹介していきます。

 

後ほど、この考え方をベースに最適な決め方を解説するので、しっかりと読んでくださいね。

サイトのURL構造

まずは、Googleが推奨してるサイトの構造です。

 

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

 

ここから分かるのは…、

 

・できる限りシンプルなURL。
・論理的かつ理解できるURL。
・URLを見れば何の情報なのか分かる。
・区切り記号を使用する。(※アンダーバーではなく、ハイフンを使う)

 

この4つを覚えておきましょう。

URLの設定方法

つぎに、Googleが推奨するURLの設定方法です。

 

コンテンツの情報を伝えるわかりやすい URL
ウェブサイトのドキュメントにわかりやすいカテゴリやファイル名を使用すると、サイトを効果的に整理できるだけでなく、コンテンツにリンクしようとするユーザーにとって、より簡単で「フレンドリー」な URL を作成することができます。理解できる単語がほとんどなく、極端に長い暗号のような URL は、訪問者を困惑させることがあります。

 

どうやら「カテゴリー」もパーマリンクに入れたほうが良いみたいですね。

 

URL は検索結果に表示される
通常、ドキュメントの URL は Google の検索結果でドキュメントのタイトルの下に表示されることを忘れないようにしましょう。
複雑な URL であっても、Google はあらゆるタイプの URL 構造を適切にクロールできますが、時間をとって URL をできるだけ簡潔にしておくことをおすすめします。
おすすめの方法
URL で単語を使用する
サイトのコンテンツや構造に関連する単語を含む URL は、サイトを閲覧するユーザーにとってより親切になります。

 

ここから分かるのは…、

 

・できるだけ簡潔なURL。
・コンテンツ(WEBページ)に関連する単語をいれる。

 

この2つですね。

パーマリンクの最適な決め方

それではGoogleが推奨してる設定方法をベースに、最適なパーマリンクの決め方を解説していきます。

コンテンツ内容が分かるURL

まずは「コンテンツ内容が分かるURLにする」です。

 

ブログ記事のタイトルを英訳したり、コンテンツ内容に関連するキーワードにしたりするといいですね。

 

なので、記事番号などの「数字」や意味のない「アルファベットの羅列」をパーマリンクにするのはやめましょう。

できるだけ簡潔なURL

できるだけ簡潔なURL」にしましょう。

 

ブログ記事のタイトルを英訳して、そのままパーマリンクにすると長くなりすぎてしまいます。

 

なのでコンテンツ内容と関連性の深いキーワードだけを採用したり、省ける部分があるなら省略したりするといいですね。

カテゴリーを入れる

パーマリンクのなかに、「カテゴリー」も入れたほうがいいですね。

 

コンテンツを公開するまえに「カテゴリー」を作成して、「スラッグ」を決めておきましょう。

 

スラッグとは、カテゴリーのパーマリンクです。

「https://uzu-official-style.com/スラッグ(ここ!)/コンテンツパーマリンク」ですね。

こんな風にWEBページのパーマリンクの前にあるのがスラッグ(カテゴリーのパーマリンク)です。

 

カテゴリーのスラッグもコンテンツを公開するまえに決めておきましょう。

ハイフンを使う

パーマリンクが長くなる場合には、「ハイフン」を使いましょう。

 

間違ってもアルファベットを続けないほうがいいですね。

ただの羅列になってしまうので…。

 

また、「アンダーバー」や「その他の記号」も避けたほうがいいです。

パーマリンクのおすすめの付け方

パーマリンクの最適な決め方をもとに、おすすめの付け方をご紹介します。

 

・「https://ドメイン名/カテゴリー/コンテンツのキーワード(単語)
・「https://ドメイン名/カテゴリー/ブログ記事タイトルの短縮版

 

この構造が個人的にはおすすめです。

パーマリンクを付ける時のNG事項

パーマリンクの最適な決め方をベースにすれば問題ないんですけど、NG事項はあります。

シンプルにしすぎない

パーマリンクは簡潔にしたほうがいいんですけど、シンプルにしすぎないように気をつけましょう。

 

なるべく簡潔なパーマリンクのほうが良いからと言って、シンプルに「permalink」だけにすると、どんな内容のコンテンツなのか分かりませんよね。

「permalink」だけでは、「設定方法」なのか「決め方」なのか、はたまた「語源」なのか検討もつきません。

 

「パーマリンクを見て、どんな情報なのか分かるか?」

 

これを大前提にして、なるべくシンプルにするといいですね。

日本語はダメ

パーマリンクに「日本語はダメ」です。

 

日本語でパーマリンクを設定すると、SNSなどでシェアするときに規則性のないアルファベットの羅列になってしまうんです。

そうなるとシェアしたくても気が引けますし、シェアされたとしてもスパムっぽくてクリックされないんですよね。

 

なので日本語だけはパーマリンクに入れないようにしましょう。

キーワードの重複

パーマリンクのなかに、同じキーワードを2回入れるのもやめたほうがいいです。

 

シンプルで分かりやすい構造が推奨されてるのに、キーワードが重複してたら、思いっきり逆走してます。

 

permalink-setting-and-permalink-select」

 

こんな風にキーワードが重複してるなら、上手く調整しましょう。

なるべく途中で変えない

パーマリンクは最初に設定したら、なるべく途中で変えないほうがいいです。

 

・SEO評価がゼロになる。
・他のWEBサイトからのリンクが無効になる。

 

この2つのリスクがあるからです。

 

パーマリンクを新しくすると、Googleは新たなコンテンツだと認識します。

なので上位表示できてたとしても、その実績は無効化されます。

 

また、もし他のWEBサイトであなたのコンテンツが紹介されてる場合にパーマリンクを変更してしまったら、ジャンプできませんよね。

 

リライトしてるときに「どうしてもパーマリンクに納得できない!」ならしょうがないですが、我慢できるなら途中で変えないほうがいいです。

WordPressのパーマリンク設定方法

それではWordPressでのパーマリンク設定方法を解説します。

 

まずはWordPressにログインして左側メニューの「設定」から「パーマリンク設定」を選択してください。

 

WordPress管理画面のパーマリンク設定の選択画面

 

「パーマリンク設定」をクリックしたら下記画像のような画面に移行します。

 

WordPressのパーマリンクを設定する方法

【パーマリンク設定の選択項目】

パーマリンク設定項目の説明

 

WordPressのパーマリンク設定では、上記のような設定が可能です。

 

今回は、ご紹介したおすすめのパーマリンクの付け方の設定方法を解説していきます。

カスタム構造でパーマリンクを作成

それでは、今回ご紹介したおすすめのパーマリンクの付け方の設定方法を解説します。

 

まずはカスタム構造を選択して、スペース部分をオリジナル設定します。

 

WordPressのパーマリンク設定をカスタム構造にする方法

 

上記の部分に下記コードを挿入してください。

 

/%category%/%postname%」※コピペ出来ます。

 

「%category%」がカテゴリー(ジャンル)で、「%postname%」が投稿名です。

 

これでパーマリンクのベースは完成です。

カテゴリーを作成する

つぎに「%category%」で表示されるカテゴリーのスラッグを作成します。

 

WordPress管理画面メニューの「投稿」にある「カテゴリー」を選択してください。

 

WordPress管理画面のカテゴリー選択

 

つづいて、カテゴリーを追加していきます。

 

カテゴリーのスラッグ設定画面

 

「名前」にカテゴリー名を入力して、「スラッグ」にカテゴリー名の英訳を入力します。

カテゴリー名が「食べ物」なら、「food」のような感じです。

 

入力が完了したら「新規カテゴリーを追加」すれば、カテゴリーのスラッグが右側の部分に作成されます。

ページのパーマリンクを設定する

最後にブログ記事のパーマリンクを設定します。

 

ブログ記事投稿画面の下にあるURL部分を変更します。

 

WEBページのパーマリンク設定画面

 

「カテゴリー」の「スラッグ」部分はデフォルトで「未分類」になってます。

なので、投稿画面の右側にある「カテゴリー」を選択してください。

作成したカテゴリーのスラッグがパーマリンクに追加されます。

 

つぎに「編集」をクリックします。

 

WEBページのパーマリンク設定画面

 

上記部分にブログ記事のパーマリンクを設定していきます。

 

・パーマリンクを見れば、どんなコンテンツ内容なのか分かる。
・なるべく簡潔にする。

 

この2つを意識して、ブログ記事のパーマリンクを設定しましょう。

 

設定ができたら「OK」をクリックすれば、ブログ記事のパーマリンク設定は完了です。

パーマリンクは大切!

今回は、『パーマリンクの考え方と決め方|NG事項とWordPressでの設定方法』をテーマに解説しました。

 

パーマリンクは大切です。

ユーザー目線もそうですが、Google目線でもです。

 

Googleに「どんなコンテンツ内容なのか?」をしっかりと伝えたほうがいいですからね。

タイトルでも十分に伝わるとは思いますが、パーマリンクでも念押しして「こんな内容のコンテンツですよ」と伝えましょう。

 

OTHER POSTS