ドメイン

独自ドメインの取得方法には、「ドメイン専売店」と「レンタルサーバー」の2種類あります。

どっちがいいのか問題なんですけど、個人的にはレンタルサーバーをおすすめしてます。
ドメイン取得やWordPressのインストール、独自SSL設定を一気にできるからです。

とくにエックスサーバーは無料でドメイン取得ができるキャンペーンがあったりするので、
とくにおすすめしてます。

ドメインとは?

ドメインとは「インターネット上の住所」というイメージでOKです。

「https://www.◯◯◯」の「https://www.」を除いた「◯◯◯」の部分です。
僕のサイトであれば「uzu-official-style.com」がドメインです。

「ドメイン名」と「SEO」の関係について

SEO

ドメイン名は運営するブログのジャンルと合ってる名前にするといいです。

Googleはブログ記事のURLで「どんな内容のブログ記事か分かるほうがいい」と言ってます。

・「野球」に特化するなら「baseball
・「ラーメン」に特化するなら「Noodle
・「イタリア」に特化するなら「Italy

こんな風にブログジャンルのメインキーワードをドメイン内にいるといいですね。

ブログ名の決め方は下記ブログ記事で解説してます。

独自ドメイン取得方法の種類

つづいて、ドメイン取得方法の種類を解説します。

ドメイン取得方法は主に2つです。

・ドメイン専売店
・レンタルサーバー

ドメイン専売店での取得

ドメイン専売店で取得ができます。
「お名前.com」や「アクセス中古ドメイン」などが有名なドメイン専売店です。

レンタルサーバーでの取得

レンタルサーバーでもドメイン取得ができます。
今回ご紹介する「エックスサーバー」以外のレンタルサーバーでも取得できます。

独自ドメインの取得はエックスサーバーがおすすめ

2つの独自ドメイン取得方法があるんですけど、
個人的にはエックスサーバーでの取得をおすすめしてます。

・サーバ契約と独自ドメイン取得が一気にできる。
・独自ドメインの取得が簡単。
・独自ドメインにWordPressをインストールするまで一気にできる。
・ドメイン費用が無料のケースがある。(※維持費用は別途必要)

エックスサーバーでの独自ドメイン取得をおすすめする理由は、
とにかく作業を簡易化できるからです。

ドメイン専売店を経由すると、作業量が増えてしまいます。

なのでブログ初心者ならエックスサーバーで契約したら、
同時に独自ドメインを取得してしまうといいですね。

エックスサーバーの契約方法は下記ブログ記事で解説してます。

エックスサーバーでの独自ドメイン取得と設定方法

それではエックスサーバーでのドメイン取得方法と設定方法を解説します。

独自ドメインの取得方法

エックスサーバーの「インフォパネル」にログインしてください。

左側にある「契約関連」の「追加の申込み」をクリックすると、
「利用規約」や「個人情報の取り扱い」画面に移行するので「同意」をクリックします。

そしてドメインの「新規取得」を選択してください。

エックスサーバーのインフォパネル画面から新規ドメインを取得する方法

つぎに「新規ドメイン名」を決定していきます。

「独自ドメイン」部分に取得したドメイン名を入力して「検索」をクリックしてください。
(※「.com」を変更したい場合には右側の▼印から変更可能です)

検索後に「この独自ドメインは申し込むことが可能です!!」と表示されれば、
そのまま「申込む」ボタンをクリックします。

エックスサーバーのインフォパネル画面から新規ドメインのURLを検索して申し込む方法

そして支払いの手続きを進めていきます。

「ドメインの更新期間」は、基本的に1年で問題ないです。
更新日が近づいたらエックスサーバーからメール連絡がくれるので忘れてても安心です。

これでエックスサーバーでの独自ドメインの取得は完了です。

エックスサーバーのドメイン設定(反映)方法

つづいて取得したドメインを契約したサーバーに設定(反映)します。

エックスサーバーの「インフォパネル」にログインして、
ご契約一覧から取得したドメインを反映させたいサーバーの「サーバーパネル」へとログインしてください。

エックスサーバーのインフォパネル画面から新規ドメインのURLを設定(反映)する方法

「サーバーパネル」内の右側にあるドメインの「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバーのサーバーパネル画面から新規ドメインのURLを設定(反映)する方法

ドメイン設定画面の「ドメイン設定の追加」を選択して、
「ドメイン名」部分に先ほど取得したドメイン名を入力します。

そして右下にある「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックしてください。

エックスサーバーのサーバーパネル画面から新規ドメインのURLを追加し反映させる方法

「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックすれば、
エックスサーバーへの取得したドメインの設定作業は完了です。

ドメインが反映されるまでには最大48時間必要ですので、
すぐに反映されなくても焦らないでくださいね。

エックスサーバーへのWordPressインストール方法は下記ブログ記事をご覧ください。

独自SSLとは?

独自SSLとは「ブログやサイトの安全性を高めるモノ」です。

クレジットカードの情報や個人情報など、
機密性の高い情報を安心してブログ内で扱うことができる証明みたいなものです。

URLで比較すると…。

・独自SSLに設定する前「http://www.~」
・独自SSLに設定した後「https://www.~」

こんな風に「http」の後に「s」が付け加えられてます。

独自SSL設定をしてないと、
ブログ訪問者がブログを訪れた場合に下記のようなテキストが表示されます。

・URL部分に「保護されてない通信」と表示される。
・URL部分に「!」が表示され、注意喚起される。

1度は見たことあると思います。

独自SSL設定されてないURL

この表示によってブログ訪問者が離脱しないように、
またブログの安全性を高めるために独自SSLの設定しましょう!

ちなみにエックスサーバーでは独自SSLの設定は無料で実施できます。

エックスサーバーでの独自SSLの設定方法

それではエックスサーバーでの独自SSLの設定方法を解説します。

まずエックスサーバーの「インフォパネル」にログインして、
独自SSL設定したいドメインが含まれてるサーバーのサーバーパネル」にログインします。

エックスサーバーのインフォパネル画面から独自SSLを設定する方法

右側のドメイン部分にある「SSL設定」をクリックしてください。

エックスサーバーのサーバーパネル画面から独自SSLを設定する方法

つぎに独自SSLを設定したいドメインを選択します。

エックスサーバーのサーバーパネル画面から独自SSLを設定するドメインを選択する方法

そしてSSL設定画面の「独自SSL設定の追加」をクリックしてください。

「設定対象ドメイン」と「サイト」部分のURLに誤りがないか確認して、
CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックします。

エックスサーバーのサーバーパネル画面のSSL設定から独自SSLを設定する方法

必要事項の記入欄が登場するので赤枠部分に入力してください。
※各欄の内容の詳細については画像下で解説してます。

エックスサーバーのサーバーパネル画面のSSL設定から独自SSLの詳細を設定する方法

エックスサーバーで独自SSL設定をするときの入力項目

入力できたら「独自SSLを追加する」をクリックして、
下記画面になったらエックスサーバーでの独自SSLの設定作業は完了です。

エックスサーバーのサーバーパネル画面のSSL設定から独自SSLの設定を完了した画面

赤枠で囲みましたが独自SSLが反映されるまで最大1時間かかるので、
直ぐに反映されなくても焦らないでください!

独自SSLの反映が完了したら「SSL設定の一覧」に付け加えられてます。

エックスサーバーでの独自SSLの反映完了画面

WordPressに適用する

エックスサーバーで設定した独自SSLをWordPressに適用したら独自SSL設定は完了します。
WordPress管理画面「設定」から「一般」をクリックしてください。

WordPress管理画面の「設定」にある「一般」の画面

「一般設定」画面の2箇所に独自SSL化した新URLを入力します。

独自SSLをWordPressに適用する設定画面

WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の2箇所に、
独自SSL化(https://)したブログURLを入力して、忘れずに変更を保存してください。

これで独自ドメインの独自SSL化は完了です。

作業はサクサク終わらせよう!

今回は、「独自ドメイン取得はエックスサーバーがおすすめ|独自SSLの設定方法も簡単!」をテーマに解説しました。

独自ドメインの取得は、あとの作業を考えるとエックスサーバーが簡単なのでおすすめです。

独自SSLの設定までできれば、他に必要な作業はないので、サクサク終わらせちゃいましょう!

 

OTHER POSTS