ネタを探してる女性

トレンドブログのネタ探しにはコツがあります。

そのコツを掴めれば「ネタ切れ」や「ネタがない!」なんて状況にはなりません。

 

今回は、トレンドブログのネタ探しのコツとネタが見つかる参考サイト一覧を解説するので、参考にしてみてください。

トレンドブログのネタ探しのコツ

まずはトレンドブログのネタ探しのコツを解説していきます。

戦略を考える

トレンドブログのネタを探すときには、4つの戦略を頭にいれておくといいですね。

 

・速報系
・ショート系
・ミドルレンジ系
・ロング系

 

どの戦略でアクセス獲得を狙うのかをイメージしながら、ネタ選定をしていきましょう。

 

『速報系』や『ショート系』でネタを探すなら、リアルタイム性の高いサイトやツールを活用します。

「Yahooニュース」や「ツイッター」、「リアルタイム検索」などがそうですね。

 

また『ミドル系』や『ロング系』でネタを探すなら、複数のサイトを参考にしながら、一定期間の検索需要がありそうなネタを探すといいですね。

 

4つの戦略を頭にいれながらトレンドブログのネタを探さないと、美味しいネタを見逃すことが多くなります。

『ショート系』しか頭にないと『ミドル系』のベストなネタに気づかないだろうし、逆に『ロング系』しか頭になしと爆発的なアクセスを集められそうな『速報系』のネタを見逃してしまいます。

 

4つの戦略を思い浮かべながら、トレンドブログのネタ探しをしましょう。

より多くの情報収集をする

より多くの情報収集をするのも大切です。

 

1つのサイトでトレンドブログのネタが見つかれば良いんですけど、実際そんなことは少ないですよね。

どれだけ注意深く探したとしても、ネタがないときは見つかりません。

 

またサイトしか見てないと、リアルタイムで話題になってることに気づけませんよね。

 

なのでニュース系サイトだけではなく、週刊誌系サイトやスポーツ系サイトも見たり、ツイッターなどのSNSでも情報収集したりするのは大切です。

 

より多くの情報収集をすれば、トレンドブログにアクセスを集めやすくなります。

書かないと分からない

最後のコツは、「書かないと分からない」です。

 

・このネタを書いても、アクセスは集まらなさそう。
・ライバルが多いから、このネタは避けよう。
・ショート系は書きたくないからやめよう

 

トレンドブログに慣れてきたり、アクセスを集めれた成功体験を経験したりすると、いつのまにか自分でネタを制限してしまうことがあります。

 

もちろん、今までの成功体験から仮説を立てるべきですし、仮説の精度を高めるのも大切です。

 

でも、それは仮説でしかないということを忘れないでください。

 

そこまで期待してなかったネタが爆発的なアクセスを集めたり、すごく期待してたネタが鳴かず飛ばずだったり、忘れかけてたネタが急にアクセスを集めたりと。

こんな経験もあると思います。

 

仮説の精度を高めるのも大切なんですけど、最終的には書いてみないと分からないんですよね。

 

なのでネタ探しに時間がかかってたり、どちらのネタにしようか迷ってたりするなら、とにかく書いてみて自分の経験値にするのがおすすめです。

新しい戦略を選択する

ネタ探しの参考サイト一覧

それではネタ探しの参考サイト一覧を紹介します。

 

今回ご紹介するサイトを見れば、トレンドブログのネタは見つかるので、ブックマークしましょう!

ニュース系サイト

まずは、トレンドブログのネタ探しに便利なニュース系サイト一覧です。

 

ネタ探しだけでなく、さまざまな角度から情報を集めるときにも便利なので、ぜひブックマークしてください。

オールジャンル系ニュースサイト

すべてのジャンルで情報が充実してるニュース系サイトです。

 

Google ニュース
Ceek.jp
ライブドアニュース
iza

 

トレンドブログのネタ探しに「Yahoo」を活用してる人も多いですが、これらのオールジャンル系サイトも見るようにしましょう!

(Yahoo系サイトについては、あとで紹介します。)

 

Yahooでは取り扱ってないネタや話題も多いです。

経済系&政治系ニュースサイト

経済系や政治系のニュースが多いサイトです。

 

ロイター
産経ニュース
時事ドットコム

 

トレンドブログは「芸能系のみ」ではないですし、経済系や政治系もアクセスを集められるネタは多いです。

とくに日常生活に影響を与える施策は、多くのアクセスを集めてくれます。

 

メインで扱ってるジャンルにネタが見つからないなら、経済系や政治系からもネタ探しをしてみましょう。

文化系ニュースサイト

映画や漫画などをメインにしてる文化系ニュースサイトです。

 

ナタリー

 

最新映画の出演者情報や映画内容、ロケ地などのネタを見つけやすいです。

ドラマ系もあるので、ミドル系でトレンドブログにアクセスを集めたいときにはおすすめです。

テレビ系ニュース

珍しいテレビ系ニュースサイトです。

 

J-CAST

 

出演者がテレビで発言したコメントや話題になってるネタなどが見つかります。

 

テレビとトレンドブログは相性がいいので、要チェックです。

速報系ニュースサイト

速報を取り扱うサイトのなかでも、話題を取り上げるのが速いニュースサイトです。

 

2ちゃんねるニュース

 

オールジャンル系ニュースサイトは、速報スピードが遅かったりします。

いち早く、速報系のネタを探したいときにおすすめのサイトです。

IT&働き方系ニュース

IT系や働き方をメインに扱ってるIT&働き方系ニュースサイトです。

 

 

サラリーマンをターゲットにしてるなら、このサイトは外せないですね!

サラリーマンのお悩みは、よく検索されるネタです。

Yahoo!系

鉄板のYahoo系でのネタ探しに役立つサイトをご紹介します。

 

Yahoo系は、ネタ選定にピッタリなサイトが多いです。

 

リアルタイム検索
知恵袋
公式ランニングポータル(※◯◯年◯月に検索されるキーワード)
テレビ番組表

 

「リアルタイム検索」は今この瞬間に検索されてるネタが分かりますし、「知恵袋」は多くの人が悩んでる話題を把握できまし、「テレビ番組」は鉄板ですよね。

 

そして意外と知られてないのが「公式ランニングポータル」です。

 

ブログ運営に役立つ知識やニュースが多いですし、ネタ探しなら「2020年10月に検索されるキーワード」のような「◯◯年◯月に検索されるキーワード」を一覧にしたコンテンツもあります。

「公式ランニングポータル」を見れば、検索ニーズの流れが分かるようになります。

 

Yahoo系を活用したネタ探し方法は下記ブログ記事で解説してます。

テレビ番組

週刊誌系サイト

週刊誌にもWEBサイトはあります。

一部有料コンテンツもありますが、発売前には情報が増えるので、ネタ探しの役に立ちます。

 

 

この2つの週刊誌は話題の発信源になることも多いので、発売前にはチェックするのがおすすめです。

Twitter系

速報系のネタを探す場合に最適なのがTwitter系サイトです。

 

SNS上で話題になってからテレビで取り上げられるネタも多いので、『速報系』や『ショート系』を狙うなら最適です。

 

togetter
twittrend(ついっトレンド)
ついっぷるトレンド

 

この3つのサイトはネタを探しやすいのでおすすめです。

Twitterでのキーワード選定方法

Twitterを上手く活用すれば、キーワード選定もできます。

 

キーワード選定方法は、検索エンジンと同じです。

 

①Twitterの検索窓にネタ選定したキーワードを入力。
②検索結果画面の「つぶやき」からキーワードを拾う。
③検索エンジン上で「ネタ+キーワード」でライバルチェックする。

 

つぶやき」からキーワードを選ぶときのコツは、「多くの人が感じてること(つぶやいてること)」に注目することです。

 

キーワード探しが上手くハマれば、リアルタイムで多くのアクセスを集めれたり、安定したアクセスを保てたりするので、ぜひ試してみてください。

実際に僕もTwitterでキーワード選定して、2,000PV~10,000PVを集めたことが何度もあります。

サイト以外のネタの探し方

ネタを探すときにはサイトが便利です。

 

でも、それ以外でのネタの探し方はあるんですよね。

イベント系&季節系のネタ

イベント系や季節系からネタを探すのもおすすめです。

 

  • バレンタインデー&ホワイトデー
  • エイプリルフール
  • ゴールデンウィーク
  • 甲子園
  • バレーボール
  • ハロウィーン
  • クリスマス

 

このようなイベント系や季節系からネタを探すのもおすすめです。

 

というのも、毎年必ず新規キーワードが出現するからです。

たとえば「年度」もそうですし、「新商品」もそうですよね。

新規ネタは検索エンジン上に情報が少ないので、多くのアクセスを集められます。

 

サイトばかり見てると視野が狭くなってしまうので、たまには視点を変えてネタを探してみましょう。

映画系のネタ

映画は、定期的に上映してます。

 

そこで注目するポイントは、映画が上映されるまでの一定期間、出演者たちが告知するためにテレビ番組に多く出演することです。

テレビの露出が増えれば、検索ボリュームも膨らみます。

 

なので「映画出演者の情報」や「ロケ地」、「主題歌」や「見どころ」などをネタにするのもおすすめです。

(僕が初めて5,000PV超えたのも映画の出演者でした)

日常生活

日常生活でも視点を変えれば、ネタ探しの宝庫です。

 

  • 近所にオープンしたお店
  • 有名カフェの新作商品
  • 花火大会
  • ビジネススキル系
  • トラブル系
  • 病気や怪我系

 

日常生活でネタ探しをするときのポイントは、「大きなニーズではなく、近くのニーズを見つける」です。

 

大きなアクセスを集めにくいですが、自然とロング系になるので、資産性がかなり高いブログ記事になります。

 

ただ、注意点があります。

ビジネススキル系やトラブル系、そして病気&怪我系のネタのコンテンツ内容は、体験談にすることです。

 

というのも、これらのジャンルには専門性が強く求められます。

本業ならOKですが、一般人が書いたコンテンツだと専門性が高いサイトには勝てません。

 

専門性が高いサイトと差別化するためにも、価値あるコンテンツにするためにも、体験談をベースに書きましょう。

「考え方×情報量」が大切

今回は、トレンドブログのネタ探しのコツとネタが見つかる参考サイト一覧を解説しました。

 

トレンドブログのネタ探しは「考え方×情報量」です。

明確な戦略があっても情報量が少なければ頭でっかちになるだけだし、戦略なしに情報量だけ増やしてもアクセスを集めるのは厳しいです。

 

明確な戦略を持ちつつ、しっかりと情報収集をして、いいネタを探してみましょう!

 

 

 


OTHER POSTS