ニュースサイトを見てる人

今回は、トレンドアフィリエイトでYahoo!ニュースを活用したブログ記事の書き方について解説していきます。

Yahoo!ニュースは、多くの日本人が見てるニュースサイトですよね。

また、他のニュースサイトと比較して日本人向けにカスタマイズされてますし、速報ニュースが早かったりするので多くのトレンドアフィリエイト実践者がネタ発見サイトとして活用してると思います。

その際の王道のアプローチ方法は「速報系ネタ」を狙うことです。一瞬で大量のアクセスを狙うには最適だと思います。

ただ、Yahoo!ニュースを活用したブログ記事の書き方は「速報系」だけではないんです!!

なので、今回はYahoo!ニュースを活用した王道の「速報系ネタ」とその他のブログ記事の書き方も解説していきます。

Yahoo!ニュースが愛される理由

Yahoo!ニュースを活用した記事の書き方を解説するまえに、検索者たちにYahoo!ニュースが愛される理由についてお話ししていきます。

この理由を知っていただければ、Yahoo!ニュースが「速報系」だけじゃないと思ってもらえるはずです。

Yahoo!ニュースが検索者たちに愛される理由っていくつかありますが、僕が好きなポイントは3つです。

  • サイトがとにかく見やすい
  • 情報が早い
  • 他の記事も見たくなる

他にもYahoo!ニュースが愛される理由はあると思いますが、この3つが他のニュースサイトと比較して圧倒的に良いんですよね。

実際にYahoo!は1日に約25億ものアクセスがあると言われてます。(※2017年データ)

なので、速報系ニュースを知りたい人だけではないんです。日々のルーティーンの情報収集として検索者たちはYahoo!ニュースを利用してるんです。

なので、Yahoo!ニュースを「速報系」だけでなく、幅広いジャンルで検索ニーズがあるんです。

検索需要のあるネタを見つけよう!

爆発的なアクセスが期待できそうなネタがYahoo!ニュースで掲載されてる日なら、「速報系」でどんどん狙っていけばOKです。

  • 芸能界のスキャンダル&ゴシップ
  • スポーツ界のスキャンダル&ゴシップ
  • 政界のスキャンダル&ゴシップ

だけど、毎日毎日アクセスが爆発しそうなネタがあるわけではありませんよね。

なので、検索ボリュームがありそうなネタだけを見つけるのではなく、検索需要がありそうなネタ選定をする習慣を身につけましょう。

そのための日々のトライ&エラーは大切にしましょう。

いろいろなニュースを見てる人

Yahoo!ニュースでのネタ選定方法を解説

では、具体的にYahoo!ニュースでのネタ選定方法を解説していきます。

 

【Yahoo!ニュースのトップ画面】

Yahoo!ニュースのトップ画面画像

 

まずYahoo!の仕組みから解説していきます。

Yahoo!ニュースは「ニュース」「経済」「エンタメ」「スポーツ」「国内」「国際」「IT・科学」「地域」のジャンルに分かれてて、各ジャンルには常に8つのトピックがあります。

この8つのトピックは、他の同じジャンルのニュースの中からYahoo!側が話題になりそうだったり、アクセスが見込めそうなニュースを選んでます。

実際に各ジャンルの「もっと見る」や「トピックス一覧」を見れば、他のニュースがずら~っと出てきます。

 

【Yahoo!ニュースのトップ画面】

Yahoo!ニュースのトップ画面のもっと見るボタン

 

【Yahoo!ニュースのスポーツニュース一覧】

Yahoo!ニュースのスポーツニュースに一覧

 

このように他にもニュースがある中で、Yahoo!側が注目されそうな8つのトピックを選んでるんですよね。

また、検索者的にも「もっと見る」や「トピック一覧」のニュースよりもパッと見れる8つのニュースは必ず見ますよね。

だから、まずはこの8つのニュースからネタ選定できないかを考えてみて、ネタが見つからなかったら「もっと見る」や「トピック一覧」でネタ探しするのがオススメです。

Yahoo!ニュースでのネタ選定の考え方

では、具体的にYahoo!ニュースでのネタ選定の考え方について解説していきます。

Yahoo!ニュースでトレンドアフィリエイトに向いてるネタの属性はこんな感じです。

  • 今すぐにでも話題になる衝撃的なネタ
  • テレビでも取り上げられそうなネタ
  • 新しい流行になりそうなネタ
  • 日々の生活に影響が出そうなネタ

このなかで速報系に向いてるのが「今すぐにでも話題になる衝撃ネタ」と「テレビでも取り上げられそうなネタ」です。

そしてミドル系やロング系になりそうなネタは「新しい流行になりそうなネタ」と「日々の背かつに影響が出そうなネタ」です。

そして、共通して言えるのは「なぜ?」「どんなモノ?」などトピックニュースを見て疑問が浮かぶようなネタが良いですね。

主に4つの視点でYahoo!ニュースを見ていきましょう!

参考事例で解説

では、実際に参考事例を交えながら解説していきます。

速報系ネタの見つけ方

速報系に向いてる「今すぐにでも話題になる衝撃ネタ」と「テレビでも取り上げられそうなネタ」とは、主にスキャンダル&ゴシップ系です。

 

【※Yahoo!ニュースの速報系ネタ】

Yahoo!ニュースを活用したネタ選定の方法

 

この中なら上記2つが当てはまります。

でも、一気に2つのブログ記事を書くことは大変ですよね。なので、どちらかを優先しないといけないんですけど、そのときにネームバリューだけで判断するのは辞めましょう。

速報系ネタは、ブログ記事を書く速さが生命線です。

なので、ネームバリューだけではなくライバルチェックをした上で「勝てそうかどうか?」も大切にしてくださいね。

ライバルチェックについては、こちらの記事をご参考にどうぞ!

ミドル系やロング系の見つけ方

ミドル系やロング系に向いてる「新しい流行になりそうなネタ」や「日々の生活に影響が出そうなネタ」とは、主に経済関連や政界関連、そして新商品系です。

 

【※Yahoo!ニュースのミドル系 or ロング系ネタ】

Yahoo!ニュースを活用したネタ選定の方法

 

【※Yahoo!ニュースのミドル系 or ロング系ネタ②】

Yahoo!ニュースを活用したネタ選定の方法

 

これらのネタは「速報系」のような爆発的なアクセスは期待できませんが、毎日安定したアクセスを集めてくれそうなネタです。

とくに普段の生活に影響が出そうなネタは狙い目ですね。

Yahoo!ニュースでのキーワード選定方法

Yahoo!ニュースでネタを見つけたら、キーワード選定をしていきます。

基本的にはYahoo!ニュースだからとは言え、キーワード選定方法が異なるわけではありません。本質はすべて同じです。

基本的なキーワード選定方法の考え方については、こちらをご覧ください。

参考事例で解説

具体的にどのようにキーワード選定するのか、参考事例を交えて解説していきます。

先程Yahoo!ニュースで選定したネタで解説していきますね。

速報系のネタのキーワード選定

先程の「吉田羊 事務所との契約終了」で実際に考えていきます。

まず詳細のニュース内容を見る前に、検索者視点で考えてみると…。

  • 契約終了した理由
  • 次の事務所はどこなのか?
  • 今後の活動はどうするのか?

こんな感じで「どうして?」と「次どうするの?」が気になりますよね。

これが基本的な速報系ネタのキーワード選定の考え方です。誰しもが「理由」と「今後」が気になるはずです。

そして、このような検索者目線を持ってニュース内容の詳細を見ていくと…。

「社長兼マネージャーの存在」「円満退所」「次の事務所は未定」「今後の活動方針は不明」が確認できました。

「退所理由」については十分な説明があったので、検索ボリュームは期待できません。また、これ以上の情報もないので改めてブログ記事で「退所理由」について書いたとしても読者の消化不良になる可能性は高いです。

それよりは「次の事務所は未定」「今後の活動方針は不明」だったので、こちらをキーワード選定したほうが良いですね。

こんな感じで、まずは検索者目線でニュースを考えてみて、その後にニュース詳細を見て、どのようなキーワードが最適なのかを考えていきましょう。

 

注意!
Yahoo!ニュースにあるキーワードをそっくりそのまま選定するのはNGです。
コンテンツとして差別化できないし、ブログパワー的にも敵うはずがありません。

 

また、速報系のタイミングを逃してもアクセスを集めるアプローチ方法はあるので、ぜひこちらの記事をご覧ください。

ミドル系やロング系のキーワード選定

先程の「おせち1268個届かず 温度謝る」で実際に考えていきます。

まず詳細のニュース内容を見る前に、検索者視点で考えてみると…。

  • どうして届かないの?
  • 地域はどこ?
  • どこのメーカーのおせち?
  • 自分が注文したおせちは大丈夫?
  • おせちと温度が関係してるの?
  • おせちを注文するときに消費者は何を気をつけたらいいの?

こんな感じでいろいろと気になることが多いですよね。

では、詳細のニュース内容を見てみると…。

「会社名」「地域」「おせちと温度の関係」「届かない理由」など、様々な部分は明確になってました。なので、これらのキーワードは向いてないですね。

一方で、「おせちの商品名」は不明確だったので「自分のおせちがが大丈夫か?」は知ることができません。なので、速報系で狙うなら「おせちの商品名」のキーワードが向いてると思います。

また、お正月のおせちを楽しみにしてる人にとって、おせちが遅れることはあってはならないことですよね。なので、消費者ができる対処法というキーワードでミドル系にしても良いですよね。

 

ポイント!
ライバルチェックをして、速報系でも狙えそうなら狙ってもOKです。
ただ、芸能系と比較すると爆発的なアクセスは期待できません。
なので、速報系が良いのか、ミドル&ロング系が良いのか状況で判断してきましょう。

 

Yahoo!ニュースも検索ボリュームを考えよう

今回は、トレンドアフィリエイトでのYahoo!ニュースを活用したブログ記事の書き方について解説しました。

Yahoo!ニュースでブログ記事を書くときに「速報系」という考え方に偏りがちですが、Yahoo!ニュースは爆発的なアクセス数があるサイトです。

なので「速報系」だけでなく「ミドル系」「ロング系」の記事ネタ選定もできるサイトなんです。

瞬間的なアクセスだけではなく、検索ボリュームの期間も考えながらネタ選定するとYahoo!ニュースをより活用できますよ!

 

OTHER POSTS