WordPressのプラグインNo Self Pingsの設定方法を解説します。

 

「No Self Pings」は、絶対に導入すべきプラグインではありません。

でもブログ作業の一部を削減してくれるので、個人的にはおすすめです。

 

ただ…、注意点があって。

一部のWordPressのテンプレートだと適用できずに重大エラーになる可能性があったり、テンプレート自体にNo Self Pingsの機能が備わってたりします。

 

なので「No Self Pings」と「利用してるテンプレート」の相性を調べてから導入するといいですね。

No Self Pingsとは?

No Self Pingsは、セルフピンバックを阻止してくれる拡張機能です。

 

ピンバックとは?
①「ブログAの記事URL」が「ブログB」に掲載された場合
②公開したブログ記事にユーザーがコメントした場合
⇒このような状況になるとWordPressからメッセージがきます。
※①の場合はブログA(掲載された側)に「モデレートしてください」と通知がきます。

 

これがピンバックです。

公開したブログ記事が他のブログで紹介されたり、コメントされたりしたら通知が来るってことですね。

 

これを踏まえて、セルフピンバックを解説すると、

 

セルフピンバックとは?
「ブログAの記事URL」をブログAの別の記事に掲載した場合にメッセージ通知が来る。

 

つまりセルフピンバックとは、内部リンクしたときにメッセージ通知が来るってことです。

デフォルト状態だと「関連記事」や「おすすめの記事」をブログ内に掲載したら、メッセージ通知が来るんです。

内部リンクするたびにメッセージがくるのは、めんどくさいですよね。

 

No Self Pingsは、セルフピンバック(内部リンク)のメッセージ通知を阻止してくれます。

(内部リンクのみです。外部リンクはメッセージ通知が来ます。)

 

メッセージ通知があるたびに対応するのがめんどうなら、No Self Pingsを導入するといいですね。

 

初心者におすすめのプラグイン一覧は下記ブログ記事で解説してます。

No Self PingsのWordPress設定方法

それではNo Self PingsのWordPress設定方法を解説します。

 

これまで紹介してきたプラグインのなかでも、一番設定が簡単です。

サクッとインストールして、セルフピンバックを阻止しましょう。

 

まずWordPress管理画面「プラグイン」から「新規追加」をクリックして、キーワードで「No Self Pings」と入力してください。

 

そして「今すぐインストール」して「有効化」したら作業は完了です。

 

WordPressのプラグイン「No Self Pings」のインストール画面

 

念の為「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」で「No Self Pings」がインストールされてるか確認しましょう。

重大エラーに注意!

ほとんどの場合はありえないんですけど、たまに重大エラーになります。

 

その主な原因は「テンプレートとの相性」です。

とくにテンプレート「Stinger」を使用してる人は注意したほうがいいですね。

 

またテンプレートによっては、デフォルト状態からセルフピンバックを通知しない様式になってたりもします。

テンプレート「Diver」がそうですね。

 

なのでNo Self Pingsを導入するときには、テンプレートとの相性を調べてからにしましょう。

 

No Self Pingsが原因でエラーになった場合に備えて、FFFTPソフトを準備しておくのをおすすめします。

画面が真っ白になったら、WordPress管理画面上では対処できないので!

 

FFFTPソフトについては下記ブログ記事で解説してます。

無駄な作業を省きたいなら便利!

今回は、【プラグイン】No Self PingsのWordPress設定方法を解説しました。

 

No Self Pingsは、絶対的に導入すべきプラグインではありませんが、無駄な作業を省きたいなら便利です。

 

ただ稀に、テンプレートとの相性が原因で重大エラーになります。

そこだけは気をつけたほうがいいですね!

 

OTHER POSTS