PS Auto Sitemapの設定方法と表示されない場合の対処法

【プラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法

ユーザビリティを上げるためにブログに記事一覧(サイトマップ)を作ります。

アドセンス審査のときにも用意してたほうがいいですね!

 

ただ、自分で記事一覧を作るのは大変なのでプラグインを活用します。

【プラグイン】PS Auto Sitemapはブログの記事一覧(サイトマップ)を自動生成する拡張機能で、
導入しておけば新しい記事を公開した瞬間に記事一覧に自動で追加してくれるんですよね。

今回は【プラグイン】PS Auto SitemapのWordPress設定方法、
そして記事一覧(サイトマップ)が表示されないケースの対処法を解説します。

ブログ内に目次を作って他の記事を見やすくして、
ユーザーのサイト滞在時間を増やしたりアクセスを伸ばしたりしましょう!

目次

【プラグイン】PS Auto Sitemapとは?

【プラグイン】PS Auto Sitemapとは、記事一覧(サイトマップ)を自動生成する拡張機能です。

「PS Auto Sitemap」を導入すれば、ブログ記事の一覧ができあがります。

記事一覧(サイトマップ)は自分で作ろうと思えば作れますが、
新しい記事を公開するたびに更新しないといけないので面倒です。

【プラグイン】PS Auto Sitemapを導入して、サクッと記事一覧(サイトマップ)を作りましょう!

Google用のサイトマップの設定方法はこちらで解説してます。

PS Auto Sitemapの設定方法

それでは【プラグイン】PS Auto SitemapのWordPress設定方法を解説します。

WordPress管理画面「プラグイン」の「新規追加」をクリックして、
キーワード欄に「PS Auto Sitemap」と入力してください。

プラグインが見つかったら「自動インストール」して「有効化」します。

【プラグイン】PS Auto Sitemapのインストール画面

WordPress管理画面に戻り「設定」の「PS Auto Sitemap」をクリックして、
下方にあるご利用方法のコードをコピーします。

【プラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法

つぎに記事一覧を表示させる固定ページを作成します。

WordPress管理画面「固定ページ」の「新規追加」をクリックし、
新しい固定ページを開いてください。

そして固定ページを「ビジュアルモード」から「テキストモード」に切り替え、
先ほどコピーしたご利用方法のコードをテキスト部分に貼り付けます。

【プラグイン】PS Auto Sitemapのコードを固定ページのテキストに貼り付ける

ご利用方法のコードを貼り付けられたかを確認し、パーマリンクを設定できたら公開します。

この段階ではまだ記事一覧(サイトマップ)は表示されません。

 

つづいて【プラグイン】PS Auto Sitemapの設定です。

①記事一覧で表示させるページの指定

②先ほど作成した固定ページとの連携

この2つの設定をしていきます。

WordPress管理画面「設定」にある「PS Auto Sitemap」をクリックすると、
下記画像のような設定項目が表示されます。

【プラグイン】PS Auto Sitemapのサイトマップを表示する記事のIDを入力画面

まずは記事一覧で表示させるページの指定です。

・ホームページの出力:ブログのタイトル&URL

・投稿リストの出力:投稿ページのタイトル&URL

・固定ページリストの出力:投稿ページのタイトル&URL

記事一覧(サイトマップ)で表示させたいページを選択してください。

つづいて先ほど作成した固定ページと「PS Auto Sitemap」を連携します。

上の画像の赤枠「サイトマップを表示する記事」に記事IDを入力します。

 

「サイトマップを表示する記事のID」とは、
先ほど作成した固定ページのURL内にある「post=数字」の数字の部分です。

下記画像の場合だと505になります。

サイトマップを表示する記事のIDの確認画面

先ほど作成した固定ページのURL内から「post=数字」を探し、
数字のみを「サイトマップを表示する記事」に入力します。

最後に「PS Auto Sitemap」を保存すれば固定ページに記事一覧(サイトマップ)が表示されます。

あとは記事一覧を表示されたい位置に固定ページを設置すれば、
ブログ訪問者がサイトマップを確認できるようになります。

記事一覧が表示されない場合の対処法

稀に「PS Auto Sitemap」を設定しても、記事一覧(サイトマップ)が表示されない場合があります。

その原因は主に3つ考えられます。

・プラグインの有効化で作業を終えてる。

・「PS Auto Sitemap」の設定で記事IDが未入力。

・「PS Auto Sitemap」と「google xml sitemaps」のURLが同じ。

プラグインの有効化だけでは記事一覧は表示されないので、
【プラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法をご参照ください。

また、「PS Auto Sitemap」の設定で記事IDが未入力もあるあるです。

固定ページに「PS Auto Sitemap」のコードを貼り付けたら、
設定の記事ID欄に「post=数字」を入力しましょう!

「PS Auto Sitemap」の設定で記事IDを入力する方法はこちらです。

「PS Auto Sitemap」で記事一覧(サイトマップ)が表示されない理由No.1は、
「google xml sitemaps」のURL(パーマリンク)が同じになってるケースです。

どちらも「sitemap」になってる可能性が高いです。

 

パーマリンクを「sitemap→site-map」に変更すれば表示されます。

PS Auto SitemapのURLの変更

「PS Auto Sitemap」を設定したのに記事一覧が表示されない原因は、
ほとんどが設定の未完了のケースです。

サイトマップが表示されないなら、設定を再確認しましょう!

分かりやすい位置に目次を設定しよう

【プラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法と表示されない場合の対処法を解説しました。

ユーザビリティの向上のためにもアドセンス審査に合格するためにも、
記事一覧(サイトマップ)の設定は必要になってきます。

しっかりと設定しておきたいですね!

またPS Auto Sitemapで記事一覧が完成したら、忘れずにブログ内に設置しましょう。

メニュー部分やフッター部分など気付きやすくて分かりやすい位置に設定して、
ユーザーに記事一覧を有効活用してもらうといいですね!

目次
閉じる