ブログの見出しを考えてる人

今回は、ブログ記事の見出しの使い方や付け方(書き方)のコツを参考事例を交えながら解説します。

正しい見出しの書き方をマスターして、読者にもGoogleにも評価されるブログ記事を作成していきましょう。

ブログに見出しを使う理由

まずはブログに見出しを使う理由をお話していきます。

ブログ記事を読みやすくするため

ブログで見出しを使う1番の目的は、読者がブログ記事を読みやすいようにするためです。

これは本でも提案書でも論文でもそうですよね。

見出しがあれば何について書いてあるのかが分かりやすいし、部分読みの手助けもしてくれるし、読みやすくもなります。

逆に見出しがなかったら読みにくさがこの上ないし、見出しに使われてるキーワードと書かれてる内容が違ってたりすると、読んでてガッカリしますよね。

なので「見出しを付ければ良いんでしょ?」みたいな感覚ではなく、ブログ記事を読みやすくするための見出しの使い方が大切なんです。

Googleに正しく認識してもらうため

自分が書いたブログ記事を検索エンジン上で上位表示させるには、Googleから評価される必要があるんですけど、そのための1歩目がコンテンツ内容を正しく認識してもらうことです。

見出しを効果的に使えれば、Googleに「どんな内容のブログ記事なのか?」を分かりやすく伝えられるので、上位表示されやすくなります。

自分が書きやすくするため

ブログ記事を作成するまえに、見出しを決めておけば書きやすくなります。

書くのが遅かったり途中で話が脱線したりするなら、「ブログ記事のタイトルを考える⇒記事内容を書く⇒見出しを決める」のではなく、ブログ記事のタイトルを考える⇒見出しを決める⇒記事内容を書く」の手順が良いですね

見出しの正しい使い方

それでは見出しの正しい使い方を解説します。

ブログ記事内でh1タグ(見出し1)は使わない

ブログ記事内では「h1タグ(見出し1)」は使わずに、「h2~6」を使っていきます。

WordPressの場合だと、「h1」はブログ記事のタイトルです。

(※このブログ記事なら「WordPress|ブログ記事の見出しの使い方や付け方を参考事例で解説!」が「h1」ですね。)

Googleはブログ記事の「h1」を軸に「どのような内容のブログ記事なのか?」を判断するので、見出し1(h1)」が複数あるとコンテンツ内容を正しく認識できません。

WordPressの場合、ブログ記事のなかで「h1(見出し)」は使わないようにしましょう。

h2⇒h6の順番に使う

見出しの使い方は、「h2(見出し2)からh3、h4、h5、h6」の順番に使っていきます。

 

【見出しの使い方イメージ】

ブログの見出しの正しい使い方

 

「h1(見出し1)」とは違って「h2~h6」は何回使っても問題ありませんし、ブログ記事内の大きい見出しは「h2」を使用し、そのなかで更にセクションを分けるなら「h3(見出し3)」、更にセクションを分けるなら「h4(見出し4)」を使っていきます。

なのでブログを書くときには、「h2(見出し2)」を使ってブログ記事の各セクションを決めて、各セクションで説明を分けたほうが読みやすいなら「h3⇒h6」の順番に使うと良いですね。

この使い方以外の見出しの付け方は、どのようなパターンであれ良くないで気をつけましょう。

見出しの付け方(書き方)のコツ

つぎに見出しの付け方(書き方)のコツを参考事例を交えながら解説していきます。

h2(見出し2)から考える

ブログ記事のタイトルが決まったら、まずは「h2(見出し2)」から考えると良いですね。

タイトルが気になって訪問したユーザーが、「どんな内容」を「どの順番」で構成したら満足してもらえるかを最初に決めましょう。

そうすればコンテンツ内容はブレないし、スムーズに書けます。

h3以下を使用する場合はh2との関連性を気をつける

これはh2(見出し2)から考えない人にありがちなケースです。

たとえば「h2」が「ダイエットの種類」となってるのに、「h3」では「太る原因とは?」となってると関係性がないので、ユーザーもGoogleも意味わからないですよね。

「見出し2」が「ダイエットの種類」になってるなら、「見出し3」は「糖質オフダイエット」とか「肉食ダイエット」などになるのが普通です。

「h3以下」を使用する場合には、「h2」との関連性を気をつけましょう。

ブログ記事のキーワードを入れる

Googleはブログ記事内の見出しでコンテンツ内容を判断してるので、見出しにキーワードを入れるのはSEO対策になります。

ただ、キーワードの羅列は読みにくいしユーザーを惑わすだけなので、適切なキーワード数にしましょう。

基本的には見出し1つにつき、キーワードは2つくらいですね。

このブログ記事であれば、「h2」が「タイトル:見出しの正しい使い方(※キーワードは見出しと使い方)」で、「h3」が「タイトル:ブログ記事内でh1(見出し)は使わない(※キーワードはブログ記事内とh1)」と「タイトル:h2⇒h6の順番に使う(※キーワードはh2⇒h6と順番)」になってます。

キーワードが2くらいなら読みにくくはならないので、意識すると良いですね!

見出しを見ただけで内容を分かるようにする

ユーザーは目次を見てブログ記事を読むか読まないかを判断したり、必要な情報だけを見たりします。

なので読者のブログ滞在時間を伸ばすためにも、見出しを見ただけで内容を分かるようにするのは大切です。

面白い見出しにしようとは考えずに、分かりやすい見出しを作りましょう。

ただ、注意点があります。

見出しだけで内容が分かるようにしようとすると、たまに見出しの内容が長くなりすぎます(ここのh3も若干長いですが…笑)。

なので見出しが長くなりそうなら違うキーワードを調べたり、省略できないかを考えたりして、なるべくコンパクトにすると良いですね。

ビジネス書を参考にするのもおすすめ!

今回は、WordPressブログ記事の見出しの使い方や付け方を参考事例で解説しました。

見出しの付け方に迷ったときには、ビジネス書を参考にするのもおすすめです。

個性的な見出しが多かったりしますが、分かりやすいモノも多いです。

 

 


 


 

OTHER POSTS