リンク切れをチェックしてるパソコン

今回は、【プラグイン】Broken Link Checkerの設定方法と内部リンクへの対応設定を解説します。

ブログ記事内に外部リンクや内部リンクを挿入するときがありますが、リンク切れしてるとブログ訪問者は不快に感じますし、Googleからの評価も下がる可能性もあります。

【プラグイン】Broken Link Checkerは、そのリンク切れを自動的に定期チェックしてくれる拡張機能です。

内部リンクにも対応できます。

【プラグイン】Broken Link Checkerとは?

【プラグイン】Broken Link Checkerとは、ブログ記事内に掲載してるすべてのリンクを定期的にチェックしてくれる拡張機能です。

リンクが見れないとブログ訪問者はがっかりするし、Googleもコンテンツに不備があると判断して評価を下げる可能性もあります。

ただ、ブログ記事が増えていったら1つ1つリンクを確認するのはめんどうです。

【プラグイン】Broken Link Checkerは、定期的にリンクをチェックしてくれるので便利なんです。

【プラグイン】Broken Link Checkerの設定方法

それでは【プラグイン】Broken Link CheckerのWordPress設定方法を解説します。

WordPress管理画面「プラグイン」の「新規追加」をクリックしてください。

 

WordPress管理画面のプラグインの新規追加画面

 

右側のキーワード欄に「Broken Link Checker」を入力して「今すぐインストール」してください。

 

【プラグイン】Broken Link Checkerのインストール画面

 

最後に「有効化」したら、インストールは完了です。

 

【プラグイン】Broken Link Checkerの有効化画面

 

これで【プラグイン】Broken Link Checkerの導入は完了です。

詳細設定

次に詳細設定をしていきます。

 

【プラグイン】Broken Link Checkerの詳細設定

 

デフォルト状態だと72時間ごとで自動的にリンクチェックをしてくれますが、少し長いので48時間がおすすめです。

またリンク切れしてたらWordPressに登録してるメールアドレスにメール通知がきますが、違うメールアドレスにも設定できるので頻繁に確認するメールアドレスにしましょう。

内部リンクに対応

【プラグイン】Broken Link Checkerは、内部リンクに対応してます。

内部リンクとは、ブログ記事Aの中にブログ記事BのURLを挿入することです。

【プラグイン】Broken Link Checkerは内部リンクにも対応してるので、ブログ記事を躊躇なく削除できます。

その場合にもメール通知されるので便利です。

ブログ状態を常に確認しよう!

今回は、『【プラグイン】Broken Link CheckerのWordPress設定方法|内部リンク対応』をテーマに解説しました。

リンク切れしてるのはユーザーにとってもGoogleにとっても、良いことではありません。

ブログ状態を常に確認して、健全なブログ運営をしていきましょう!

OTHER POSTS