Googleのサジェストキーワードと関連キーワード

今回は、検索エンジン上に表示されてる「サジェストキーワード」と「関連キーワード」の表示される仕組みと明確な違いについて解説していきます。

GoogleやYahoo!に表示されてる「サジェストキーワード(オートコンプリート)」と「関連キーワード(※虫眼鏡)」は同じように見えたりしますが、実は似て非なるものなんです。

表示される仕組みは大体一緒なんですけど、明確な違いがあるんですよね。

なので「サジェスト」と「関連キーワード」の違いを認識した上で、ブログ記事のタイトル作成やキーワード選定をしていきましょう。

「サジェストキーワード」と「関連キーワード」とは?

まずは「サジェストキーワード」と「関連キーワード」について解説していきます。

GoogleとYahoo!のそれぞれに分けてお話していきます。

サジェストキーワードとは?

サジェストキーワードとは、GoogleやYahoo!の検索窓に文字入力したときに表示されるキーワードです。

 

【Googleのサジェストキーワード】

Googleのサジェストキーワード

 

Yahoo!のサジェストキーワード

Yahoo!のサジェストキーワード

 

上記のように検索エンジンに文字入力したときに出現するのが「サジェストキーワード」です。

このサジェストキーワードの呼び名はGoogleだと「オートコンプリート」、Yahoo!だと「キーワード入力補助機能」です。

関連キーワードとは?

続いて「関連キーワード」について解説していきます。

関連キーワードとは、検索結果画面の「検索窓下」や「ページ下」に表示されるキーワードです。

 

【Googleの関連キーワード】

Googleの関連キーワード

 

【Yahoo!の関連キーワード(検索窓下)】

Yahoo!の関連キーワード(検索窓下)

 

【Yahoo!の関連キーワード(ページ下)】

Yahoo!の関連キーワード(ページ下)

 

上記のように検索結果画面のページ下や検索窓下に表示されてるのが「関連キーワード」です。

またGoogleだと「検索候補」、Yahoo!だと「関連検索ワード」や「虫眼鏡」と言われてます。

「サジェスト」の表示される仕組み

では「サジェストキーワード」の表示される仕組みについて解説していきます。

Googleの「オートコンプリート」、Yahoo!の「キーワード入力補助機能」に分けてお話していきます。

Googleのオートコンプリートの仕組み

まずはGoogleのサジェストキーワード(オートコンプリート)の表示される仕組みについて解説していきます。

 

オートコンプリートの仕組み
Google では、人気度や類似性などの要因に基づいて検索候補を表示します。検索候補を選択すると、そのキーワードを使用して検索が行われます。

検索候補のベースとなるもの
・入力した検索キーワード。
・過去に行った関連する検索(Google アカウントにログインしており、[ウェブとアプリのアクティビティ] を有効にしている場合)。
・他のユーザーが検索しているキーワード(急上昇ワード検索を含む)。急上昇ワード検索は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化し、ユーザーの検索履歴には関連していません。現在の急上昇ワード検索結果を取得するには、Google トレンドにアクセスしてください。

検索候補は検索結果ではありません。また、検索キーワードに関する他のユーザーや Google の見解を示すものでもありません。

 

上記がGoogleが公開してる「サジェストキーワード(オートコンプリート)」の表示される仕組みです。

要点だけまとめてみます。

 

サジェストキーワード(オートコンプリート)の仕組み
・入力されたキーワードをベースにしてる。
・自分自身が過去に検索した情報もベースにしてる。
・自分以外のユーザーが入力したキーワードも参考にしてる

 

なので、Googleのサジェストキーワード(オートコンプリート)は「自分の検索傾向+自分以外の検索傾向」がベースになり表示されてるということになります。

Yahoo!の「キーワード入力補助機能」の仕組み

Yahoo!の「サジェストキーワード(キーワード入力補助機能)」の表示される仕組みについて解説していきます。

 

キーワード入力補助機能とは、検索語入力欄にキーワードの一部を入力すると、検索キーワードの候補として、「関連検索ワード」が自動的に表示される機能です。

 

上記がYahoo!が公開してる「サジェストキーワード(キーワード入力補助機能)」の表示される仕組みです。

なので、Yahoo!の「キーワード入力補助機能」は「関連検索ワード※虫眼鏡ワード」と同じキーワードが表示されてるということになります。

※関連検索ワードについては、後ほど解説していきます。

関連キーワードの表示される仕組み

続いて関連キーワードの表示される仕組みについて解説していきます。

Googleの「検索候補」とYahoo!の「関連検索ワード」に分けて解説していきます。

Googleの「検索候補」の仕組み

Googleの関連キーワード(検索候補)の表示される仕組みについて解説していきます。

 

検索候補の仕組み
検索候補は、人間の関与なしにアルゴリズムによって自動生成されます。このアルゴリズムは次のような特性を備えています。

他のユーザーが過去にそのキーワードを検索した頻度など、複数の要因に基づいています。
ウェブ上のさまざまな情報を反映するように設計されています。多くの人気トピックに関連する予測が表示される場合があります。

 

上記がGoogleが公開してる「関連キーワード(検索候補)」の表示される仕組みです。

なので、Googleの「関連キーワード(検索候補)」は自分以外のユーザーの検索傾向をベースにしながら、他の複数の情報をもとに表示されてるということです。

他の情報とは「国」や「地域」などがあります。

Yahoo!の「関連検索ワード(虫眼鏡)」の仕組み

Yahoo!の関連キーワード(関連検索ワード)の表示される仕組みについて解説していきます。

 

「関連検索ワード」とは、Yahoo!検索の利用者が入力したキーワードと組み合わせて検索されるキーワードや、関連性の高いキーワードを機械的に収集し、検索回数の多いものを自動的に表示することで、再検索を補助する機能です。

 

上記がYahoo!が公開してる「関連キーワード(関連検索ワード)」の表示される仕組みです。

なので、Yahoo!の「関連検索ワード(虫眼鏡)」も自分以外のユーザーの検索傾向をベースにしながら、他の情報をもとに表示されてるということです。

「サジェスト」と「関連キーワード」の違い

では、一通り「サジェスト」と「関連キーワード」の解説をしたところで、その違いについてまとめていきます。

 

「サジェスト」と「関連キーワード」の違い
・「サジェストキーワード」は、自分自身の検索傾向を考慮してる
・「関連キーワード」は、自分自身の検索傾向は除外してる

 

「サジェストキーワード」と「関連キーワード」の明確な違いは、「自分自身の検索傾向の有り・無し」ということです。

これって自分がググったときを思い出してみるとそうですよね。

たとえば友だちと飲み会をする場所をググって決めたあとに、再度ググってみるとサジェストキーワードとして場所名が出現しますよね。

居酒屋の名前が「あ」から始まるなら、「あ」と入れた瞬間にサジェストで居酒屋名が出てくると思います。

これが「サジェスト」の大きな特徴なんです。

逆に自分がググった居酒屋名が「関連キーワード」として、検索窓下やページ下に表示されることはありませんよね笑

なので、「サジェスト」と「関連キーワード」の明確な違いは「自分自身の検索傾向」が反映されるかどうかなんです。

「サジェスト」と「関連キーワード」の違い

ブログ記事のタイトルやキーワード選定に最適なのは?

では、ブログ記事のタイトルやキーワード選定をする場合に参考にすべきはどちらなのか?

それは「関連キーワード」です。

というのも「関連キーワード」は検索エンジンが独自のアルゴリズムで検索ボリュームが多いキーワードを表示してます。

また自分自身の検索傾向を含めてないので、純粋に検索ボリュームが多いキーワードでもあります。

なので、参考にするなら圧倒的に「関連キーワード」なんですよね。

「サジェスト」は自分が検索者になった時には便利な機能ではありますが、ブログ記事のタイトルやキーワード選定するときには向いてません。

ただ、注意すべきポイントはあります!

それは「関連キーワード」には検索ボリュームはあるけど、リアルタイムで検索されてるかどうかは別の話ということです。

たとえばGoogleなら「関連キーワード」のリアルタイム性については情報をこのように公開してます。

 

・他のユーザーが検索しているキーワード(急上昇ワード検索を含む)。急上昇ワード検索は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化し、ユーザーの検索履歴には関連していません。現在の急上昇ワード検索結果を取得するには、Google トレンドにアクセスしてください。

 

Googleはリアルタイムでの検索ボリュームを知りたいのなら、「Googleトレンドを活用してください」と明記してます。

またYahoo!は「関連キーワード」のリアルタイム性については言及してませんでしたが…。

基本的な検索エンジンの仕組み(検索技術)はGoogleを活用してますし、検索窓とは別で「リアルタイム検索」もあるので、「関連キーワード」にはリアルタイム性はないと思います。

なので「関連キーワード」は検索ボリュームはあるけどリアルタイム性はないので、それを認識した上でブログ記事のタイトルやキーワード選定をしていきましょう。

リアルタイムの検索ボリュームを知りたい場合

では、リアルタイムの検索ボリュームを知りたい場合にはどうすれば良いのか?

この3つの方法でリアルタイムの検索ボリュームを把握しましょう。

特におすすめなのが「Twitter」ですね。

「Googleトレンド」も「Yahoo!急上昇ワード」もリアルタイム性はありますが、Twitterのスピード感と比較すると足元にも及びません。

「Twitter=オンタイム」ですからね笑

なので「Twitter」を軸に他の2つの方法を活用するのが良いですね!

ブログ記事の方向性で最適を目指そう!

今回は、「サジェスト」と「関連キーワード」の表示される仕組みと明確な違いについて解説しました。

ブログ記事のタイトル作成やキーワード選定するときには「関連キーワード」を活用しましょう。

検索ボリュームが顕在化してるキーワードなので、ある程度のアクセス数は期待できると思います。

ただリアルタイム性はないので、ブログ記事の方向性に併せて「関連キーワード」と「リアルタイム情報」を活用したほうが良いですね!

 

僕のメルマガ講座では、今回お話した「サジェストキーワード」と「関連キーワード」を活用した、「キーワード選定方法」と「タイトルの付け方」をより具体的に解説してる動画コンテンツをプレゼント中です。ぜひ、ご活用ください。

 

 

 


OTHER POSTS