WordPressでのSearch Console登録と初期設定

今回は、WordPressでのSearch Console登録と初期設定について解説してきます。

Search Consoleでは「どんな検索キーワードでブログ訪問者が来てるか?」「各種キーワードでの表示順位はどのくらいなのか?」などを把握することができます。

イメージ的にはブログの分析をガッツリするなら「Google アナリティクス」より「Search Console」っていう感じです。

まずは「Search Console」とは何かを説明して、その後にブログ初心者向けに「Search Console」の使い方についてもお話していきます。

Search Console(サーチコンソール)とは?

「Search Console」とは「Googleが提供してるブログ(サイト)を無料で管理・分析できるツール」です。

一昔前だと「ウェブマスターツール」なんて呼ばれてました。

Search Console(サーチコンソール)で何ができる?

ではSearch Consoleで「何ができるのか?」代表的なものをまとめていきます。

 

Search Consoleで「できること」
  • ブログ訪問者がブログに到達する際に検索したキーワード。
  • Googleクーロラーへの申請
  • ブログ記事が検索結果に表示され実際にクリックされたパーセンテージ。
  • キーワード別の検索順位

 

1つ目と4つ目はそのままの意味です。

なので、2つ目と3つ目を少し詳しく解説しますね。

Googleクーロラーへの申請とは?

2つ目の「Googleクーロラーへの申請」とは、ブログ記事を書いたことをGoogleに「ブログ記事を書きました!!」と報告することです。

というのも、ブログ記事を書けば検索エンジンに掲載されるわけではなく、Googleがブログ記事を認識して初めてブログ記事が検索エンジン(検索画面)に表示されるんです。

Googleに報告しなくても時間が経てば掲載されるんですけど、報告しておけばその時間が短縮できるんですよね!

なので、とても大切な作業なんです。

検索結果からクリックされたパーセンテージ

3つ目の「ブログ記事が検索結果に表示され、実際にクリックされたパーセンテージ」もとても大切です。

検索エンジンにブログ記事が表示されても、ユーザーがクリックして読まないと意味がないですよね!

また、狙ったキーワードで上位表示できててもクリックされず読まれなかったら意味がないです。

なので、そのパーセンテージを把握することで「ちぐはぐ関係」になってないかを確認できるんです。

理想のカタチは「狙ったキーワードで上位表示できてて、それがちゃんとクリックされてる」という状態。

Search Consoleという名前だけだと何ができるのか全くイメージできないですが、ブログ運営してく中でめちゃくちゃ大切な部分を把握することができるツールなのです!

Search Consoleの登録方法

それでは、Search Consoleの登録方法を解説していきます。

事前に準備するものは「Gメールアカウント」です。

それではSearch Consoleに移動しましょう!

そして「Search Console」に「Gメールアカウント」でログインしたら、登録したいウェブサイトURLを入力して、プロパティの追加をクリックしてください。

これでSearch Consoleへの登録は完了です。

 

WordPressでのSearch Consoleの初期設定

続いて、WordPressでのSearch Consoleの初期設定を解説していきます。

先ほどSearch Consoleにウェブサイトは登録しましたが、そのウェブサイトが自分のサイトであることを証明しないといけません。

それが「所有権の確認」です。

 

Search Consoleでサイト所有権を証明する方法

 

そして「サイト所有権」の証明方法は「おすすめの方法」と「別の方法」で数種類あるんですけど、簡単でオススメの方法は4つです。

 

サイト所有権の証明方法
  • HTMLタグ」をテーマファイル〈header.php〉に貼り付ける。
  • Google アナリティクスで設定する。
  • プラグインで設定する。
  • テンプレートで設定する

 

上から下の順番に証明方法が簡単になっていきます。

それでは実際のWordPressでのSearch Consoleの設定方法についてお話していきますね。

HTMLタグ」で設定する

では1つ目の「HTMLタグ」でSearch Consoleを設定する方法を解説していきます。

まず「別の方法」をクリックして「HTMLタグ」を選択してください。

そして〈meta name=〉から始まる「HTMLタグ」をコピーしてください。

 

Search Consoleでサイト所有権をHTMLタグを貼り付け証明する方法

 

続いてWordPressへ移動します。左側コマンドから「外観」から「テーマ編集」をクリックしてください。

 

 

そして右側にある「テーマファイル」から「header.php」をクリックしてください。

※「テーマファイル」をカスタマイズする際には、カスタマイズする前に「TeraPad」や「テキスト」で保存しましょう

もし、カスタマイズに不具合があった際には保存していたものを貼り付ければ復旧できますので!

 

WordPressでheader.phpを探す方法

 

そして「Ctrl+F」で検索画面を開き〈/head〉を検索してください。

※(「Ctrl+F」はどんな画面でも検索画面を表示してくれるので便利です!)

 

WordPressのテ-マファイルからタグを探す方法

 

そして〈/head〉が見つかったら、その上に先ほどコピーした「HTMLタグ(※〈meta name=〉から始まる)」を貼り付ければ設定作業は完了です。

忘れずに下にある「ファイル更新」をクリックしましょう。

 

WordPressのテ-マファイルを変更して保存する方法

 

そして、Search Consoleへ戻り「確認」をクリックして「所有権が確認されました。」となってれば、Search ConsoleのWordPressでの初期設定は完了です。

 

Search Consoleの設定完了画面

Google アナリティクスで設定する

次に、Google アナリティクスでSearch Consoleを設定する方法について解説していきます。

前置きですが、Google アナリティクスでSearch Consoleを設定する場合は、あらかじめGoogle アナリティクスは設置済みという条件があります。

もし、まだGoogle アナリティクスをWordPressで設定してない場合はこちらの記事をご覧ください。

 

では!

Google アナリティクスが設定できたら、Search Consoleの設定をしていきましょう。

まず、Search Console画面から「別の方法」をクリックして「Google アナリティクス」を選択して「確認」をクリックしてください。

 

Search Consoleでサイト所有権をGoogle アナリティクスで証明する方法

 

続いて、Google アナリティクスにログインします。

そして、左下の「歯車マーク」をクリックして「プロパティ設定」を選択してください。

 

Search Consoleのサイト所有権をGoogle アナリティクスの管理画面で証明する方法

 

プロパティ設定画面を下にスクロールして「Search Consoleを調整」をクリックし、「追加」も選択しましょう。

 

Search Consoleのサイト所有権をGoogle アナリティクスの管理画面で証明する方法

 

「ウェブプロパティ」に記載してあるサイト名と同じドメインを「Search Consoleのサイト」から選択して、「Search Consoleにサイトを追加」をクリックしてください。

 

 

次の画面で「完了」、そして「保存」をクリックすればSearch Consoleの初期設定は完了です。

プラグインでの設定方法

次に、プラグインを活用したSearch Consoleの設定方法です。

WordPressのプラグインでSearch Console設定にオススメなのが「All in One SEO Pack」です。

というのもSearch Consoleだけではなく、Google アナリティクスの設定や他の各種設定も簡単にできるプラグインだからです。

ただ「All in One SEO Pack」と相性が悪いテンプレートはあるので、そこは確認しましょう。

「All in One SEO Pack」のSearch Console設定方法はこちらの記事で解説してます。

テンプレートでの設定

最後にWordPressの「テンプレート」でのSearch Consoleの設定について解説していきます。

各テンプレートで方法が違うので一概には言えませんが…。

多くのテンプレートで「”◯◯の設定」や「”◯◯オプション」のような項目がWordPress管理画面にあります。

そのなかに「アクセス分析」や「Search Consoleとの連携」、「〈/head〉の前」などSearch Consoleの「HTMLタグ」や「認証コード」を貼り付ける部分があります。

なので、そこで操作すればSearch Consoleの設定は一瞬で完了します。

ただ、無料テンプレートの場合だとSearch Consoleとの連携専用の部分が存在しないことが多いです。

有料テンプレートなら割と多く設定されてると思います。

なので、利用してる有料テンプレートで「Search Consoleとの連携」部分がないなら問い合わせるのもありですね!

Search Consoleの設定

Search Consoleの使い方

Search Consoleを導入しても使わなかったら意味がありません。

なので、今から初心者向けにSearch Consoleの使い方を解説していきます。

まずは3つの使い方をマスターしてきましょう!

Search Consoleにサイトマップを登録

まず、Search Consoleにサイトマップを登録しましょう。

Search Consoleにサイトマップを登録することで、Google側がブログ(サイト)構造を理解しやすくなり、結果的に検索結果画面へ表示されるスピードが上がります。

また、Googleクローラーへの申請もSearch Consoleにサイトマップを登録してることが前提なので、まずはSearch Consoleにサイトマップを登録しましょう。

Search Consoleへのサイトマップ登録方法はこちらの記事をご覧ください。

Googleクローラーへの申請

ブログ記事を書いたらGoogleへ「ブログ記事を書きました!」と報告したほうが検索エンジンへ早く表示できるようになるとお話ししましたが、具体的にどのように「Googleクローラーへの申請」をするのかについて解説していきます。

Search Consoleにログインして「URL検査」をクリックしてください。

そして虫メガネマーク(※画像の赤枠部分)にブログ記事URLをすべて入力して「虫メガネマーク」をクリックしてください。

 

Search ConsoleのURL検査方法

 

すると「URLがGoogleに登録されていません」と表示されるので、右下にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックしてください。

 

Search ConsoleのURL検査からインデックス登録をリクエストする方法

 

リクエスト中の画面が終了して、「インデックス登録をリクエスト済み」になったらGoogleクローラーへの申請作業は完了です。

 

 

また、「インデックス登録をリクエスト済み」になっても直ぐに検索エンジンに掲載されるわけではないので、表示されないからと「再リクエスト」するのはやめましょうね。

※複数回送信しても順番や優先順位は変わらないと記載もあります。

検索キーワードを分析する

つづいて、Search Consoleで「検索キーワード」を分析する方法です。

Search Consoleにログインして「検索パフォーマンス」をクリックしてください。

すると4つの項目が出てきますよね。

(※画像下で項目内容の詳細の説明をしてます)

 

Search Consoleの検索パフォーマンスの使い方

 

※Search Consoleに登録されてからの数値です。

合計クリック数 ブログ記事がユーザーにクリックされた合計回数。
合計表示回数 検索されたキーワードでブログ記事が検索結果に表示された合計回数。
平均CTR 合計表示回数のなかで実際にクリックされたパーセンテージ。
平均掲載順位 検索結果でのブログ記事の平均掲載順位。

 

この4つの項目のうち「合計クリック数」と「合計表示回数」、「平均CTR」は数値が増えれば増えるほどブログは盛り上がるのでがんばっていきましょう!

また、「平均掲載順位」は1位になるべく近づけるように減らしたいですね。

さきほどの4つは「ブログ全体」の指標でしたが、検索キーワードごとでも上記4つの指標を分析することができます。

その場合はまず4つの項目をクリックして色を変えてください。※クリックしてない場合だと背景がグレーになってます。

 

↓↓こんな感じで色が変わります↓↓

Search Consoleの検索パフォーマンスの検索キーワード調査方法

 

そして、下へスクロールすると検索キーワードごとで4つの項目が分析されてます。

 

Search Consoleの検索パフォーマンスの検索キーワードを分析する

 

これらを参考にしながら「どんな検索キーワードでブログにユーザーが訪問してるのか?」「狙ったキーワードで上位表示できてるのか?」などを分析してください。

画面上では「クエリ」が選択されてますが、「ページ」にするとページごとで「」にすると国ごとで検索キーワードを分析することもできます。

特定のキーワード分析

また、特定のキーワードに限定して分析することも可能です。

まずは、Search Console内の上部にある「+新規」をクリックしてください。

そして「検索キーワード」を選択しましょう。

 

Search Consoleで特定キーワードの分析をする方法

 

画面が切り替わったら、キーワード欄に「分析したいキーワード」を入力して、忘れずに「適用」をクリックしてください。

 

Search Consoleで特定キーワードを調査する方法

 

検索結果には、指定した特定キーワードでのコンテンツ状況を確認することができます。

狙ったキーワードで、作成したコンテンツが上位表示できてるかを確認することも可能です。

ぜひ、いろいろと分析してみてくださいね!

Search Consoleは大切!

今回は、WordPressでのSearch Console登録と初期設定と初心者向けに使い方を解説しました。

Search Consoleはブログ分析をする場合にとても大切なツールであり、クローラー申請するなど日常的に使うツールでもあるので、ホント大切です。

最初は検索キーワード分析は慣れないかもしれないですが、毎日眺めるだけでも何かしらのアイデアが思い浮かぶし、狙ったキーワードで上位表示するアプローチ方法がイメージできたりします。

なので、Google アナリティクスと同様にSearch Consoleは大切にしましょう!

OTHER POSTS