新しいことへの挑戦をしようとしてるひと

何か新しいことに挑戦するとき、不安や恐怖が襲ってきます。

自分に出来るだろうか?

失敗したらどうしよう…。

こんな不安と戦ってるうちに時間だけが過ぎたり、いつの間にか挑戦するのを諦めてたりすることもあります。

そして「どうして挑戦しなかったんだろう?あの時チャレンジしてれば今が変わってたかもしれない」と思い出しては、悔しくなったり、情けない気持ちになったりしますよね。

なので今回は、そんな後悔を1つでも減らすために新しいことに挑戦する前の不安や恐怖と上手く付き合う方法をお話します。

誰でも新しいことにチャレンジするときには不安や恐怖を持っています。

それらを消滅させるのは不可能なので、気持ちのなかで折り合いをつけて、新しいことに挑戦しましょう!

新しいことに挑戦する時の不安や恐怖の原因

まずは新しいことに挑戦する時に襲ってくる不安恐怖の原因について考えてみましょうか!

何事も敵を知るから、ですね。

不安の原因

まず不安の原因ですが、これは気にしすぎから生まれてます。

・失敗したら恥ずかしい。

・自信がないから挑戦できない。

こんな風に思うのは周りの反応や自分のことを気にしすぎだからなんですよね。

気にしすぎるから答えの見つからない不安のループに突入していきます。

失敗したら恥ずかしい。

どうやったら上手くいくんだろう。

それでも失敗したらどうしよう…。

どうすればいいんだろう。

この不安ループにハマったら行動に移すのが大変です。

不安が原因の人はこちらにお進みください。

目次:不安と上手く付き合う方法

(※記載部分にジャンプします)

恐怖の原因

恐怖の原因は現実的なリスクから生まれます。

「今の年齢で挑戦して、失敗したら後戻りは出来ない」

「これだけ資金を投入して失敗したら、今後の生活が出来ない」

このような現実的なリスクがあると怖いですよね。

「不安」は「自分のなか」、「恐怖」は「失敗したときの現実的なリスク」に原因があります。

恐怖が原因の人はこちらにお進みください。

目次:恐怖と上手く付き合う方法

(※記載部分にジャンプします)

不安と上手く付き合う方法

小さな目標を達成するひと

それではまず不安と上手く付き合う方法からお話します。

自分の中に不安はあるので、そんな自分と上手く付き合う必要があります。

周りの評価は気にしない

1つ目は周りの評価は気にしない方法です。

新しいことに挑戦して失敗したら恥ずかしいし、周りから何て言われるか分からないし、バカにされるかもしれません。

そんなことを考えると思い切ってチャレンジできない気持ちは分かります。

でも今の環境が失敗したら恥ずかしい思いしそうだとしても、無視してチャレンジしましょう!

その環境がおかしいんです。

子どもが自転車に乗る練習をしてて転んだときに、バカにする人はいません。

普通なら「がんばれ、もう1回やろう!」と応援します。

このスタンスが健全ですよね!

また、人の挑戦を応援できない人や失敗したときにバカにする人って、新しいことにチャレンジしてない人です。

自分が経験してないから挑戦してる人の気持ちは分からないし、傍観者として非難したり評価したりするしか出来ないんです。

なので周りの評価なんて気にせず、自分のためになりそうなチャレンジならどんどんしましょう!

周りの意見や雰囲気で決めたことほど後悔することはないので!

「自信がない」をモチベーションにする

つぎが自信がないのをモチベーションにする方法です。

新しいことに挑戦するときに、失敗したらどうしよう…と自信がないときもあります。

でも、そう思うのは普通なんですよね!

誰もがやったことがないことに対しては不安になります。

なのでまずは「自信がない自分」を受け入れましょう!

そこからモチベーションに繋げていけばOKです。

自信がないから全力でがんばる」と気合を入れたり、「自信がないから成果を出すための方法を探しまくる」のもいいですよね。

自信がないから挑戦しないのではなく、自信がないから本気で頑張るんだと頭のスイッチを切り替えましょう!

失敗を改善点だと捉える

すべての失敗は改善点だと考えましょう!

新しいことに挑戦して一発成功なんてレアです。

ほとんどの場合、新しいことに挑戦してる最中には失敗してます。

スティーブ・ジョブズ氏がMacを作り上げるまでに多くの失敗があったという話は有名ですし、ZOZOTOWNの前社長・前澤氏は世間から失敗だと言われてることを何度もしてますよね。

でも、それでも続けてきたからこそ今の2人の立ち位置があるんです!

なんで何十回、何百回もの失敗をしても続けられたのか?

それは失敗という概念がないからです。

失敗ではなく、すべてを改善点だと思えるから前向きに挑戦を続けられるんだと思います。

いきなり上手くいくことなんて、ほとんどありません。

すべての失敗は成功するためのフラグなので、失敗しても上手くいくためのピースが増えたくらいに思っておきましょう!

完璧を捨てる

最後4つ目は「完璧を捨てる」です。

いきなりパーフェクトを考えるのではなく、背伸びしたら届きそうな目標を設定しましょう!

・売上1億円ではなく、まずは1,000万円を目指す!

・TOEIC 990点ではなく、まずは600点を確実に!

最終ゴールは完璧で良いんですけど、いきなりパーフェクトは誰でも無理です。

なので一旦、完璧は置いておいて頑張ったらできそうな目標を立てましょう!

まずはチャレンジしてみるでもOKです!

いきなり完璧を求めてチャレンジできないなら、いつまで経ってもそのままです。

始めない限り、目標を達成することもできません。

新しいことに挑戦するときには完璧は捨てて、1歩でも2歩でも目標に近くために始めてみましょう!

恐怖と上手く付き合う方法

つづいて恐怖と上手く付き合う方法です。

恐怖の原因は現実的なリスクなので、どう対処するのかがポイントになります。

最適な資金でスタートする

お金の問題で怖くなってるなら、最適な資金でスタートしましょう!

ハイリスク・ハイリターンと言われますが、失敗したときのリスクが大きすぎるなら現実的ではありませんよね。

なので最低ラインで考えるのをおすすめします。

まずは始められるレベルでの資金投入をする感じです。

たとえば商品の開発&販売を考えてるなら、まずは片方だけに注力するのもありです。

商品を開発したいなら販売は他のプラットフォームや代理販売委託を活用すればいいですし、まずは販売からだと思ってるなら商品はどこからか仕入れればできますよね。

そうすることで初期投資を抑えられるし、見通しや計画も立てやすくなります。

金銭的なリスクが怖いなら、スモールスタートにしましょう!

少しの時間から始める

つぎが少しの時間から始める方法です。

新しいことへの挑戦に丸1日使うのではなく、少しの時間から始めましょう!

資金も時間も同じ資源ですし、時間だけは取り戻せません。

なので、テストする感覚で少しの時間から始めてみるといいですね!

副業や週末起業レベルから始めてみるのがおすすめです。

すべての時間を新しい挑戦だけ費やすのも悪くないですが、それだけリスクも大きくなります。

それが原因でチャレンジできないなら、少ない時間から始めましょう!

今がベストタイミングだと考える

擦られまくってる言い方ですが、常に今がベストタイミングです。

「いまさら始めたって遅いよな…」

こんな風に思うのもめちゃくちゃ分かります!

でも、これって挑戦できない自分をフォローするための考え方なんですよね。

もっともらしい言い訳を作って自分が傷つかないようにしてるだけなんです、実は。

遅いかどうかなんて、やってみないと分かりません!

始めてみてから遅かったと思うなら、その時点で止めればいいだけの話です。

そうすれば「あの時やっておけばよかったぁ~」と思うこともありません。

いつだって今がベストタイミングです。

後悔しないために出来る範囲で始めてみましょう!

「挑戦する」を前提にする

新しいことに挑戦するときの不安や恐怖と付き合う方法をテーマにお話しました。

新しいことに挑戦するときには、失敗したらどうしよう…とか、失敗したらお先真っ暗だとか。

こんな不安や恐怖が襲ってきます。

これって、新しいことに挑戦するかどうかを迷ってるから襲われるんです。

なので「挑戦する!」を前提にしましょう!

そうすれば、どうすればチャレンジできるのか?と頭のスイッチが切り替わります。

新しいことにチャレンジしない理由は、めちゃくちゃあります。

そうじゃなくて「どうすれば始められるのか?」「どんな方法なら上手くいくのかな?」と考えるようにするといいですね!

OTHER POSTS