新しいことに挑戦する時に襲ってくる不安や恐怖と上手く付き合う方法

新しいことへの挑戦をしようとしてるひと

何か新しいことに挑戦するとき、不安や恐怖が襲ってきます。

自分に出来るかな?
失敗したらどうしよう…。

こんな不安や恐怖と戦ってるうちに時間だけが過ぎ、
いつの間にか挑戦するのを諦めてたりしますよね。

そして、今度は後悔が襲ってきます。

「どうして挑戦しなかったんだろう?チャレンジしてれば今が変わってたかもしれない。」
こんな風に思い出しては悔しくなったり、情けない気持ちになったりしますよね。

今回は、そんな後悔を1つでも減らすために、
新しいことに挑戦する前の不安や恐怖と上手く付き合う方法をお話します。

不安や恐怖を完全に消滅させるのは不可能なので、
気持ちのなかで折り合いをつけて、新しいことに挑戦しましょう!

目次

新しいことに挑戦する時の不安や恐怖の原因

まずは新しいことに挑戦する時に襲ってくる不安恐怖の原因を考えてみましょうか!

何事も敵を知るから、ですね。

不安の原因

不安の原因は、気にしすぎから生まれてます。

・失敗したら恥ずかしい。
・自信がないから挑戦できない。

こんな風に思うのは周りの反応や自分のことを気にしすぎだからです。

気にしすぎるから答えの見つからない不安のループに突入していきます。

失敗したら恥ずかしい。

どうやったら上手くいくんだろう。

それでも失敗したらどうしよう…。

どうすればいいんだろう。

1度でも不安ループにハマったら、行動に移すのが大変なんですよね。

目次:不安と上手く付き合う方法
(※記載部分にジャンプします)

恐怖の原因

恐怖の原因は、現実的なリスクから生まれます。

「今の年齢で挑戦して、失敗したら後戻りできない」
「これだけ資金を投入して失敗したら、今後の生活ができない」

こんな現実的なリスクがあると怖いですよね。

不安は自分のなかに、
恐怖は失敗したときのリスクに原因があります。

 

目次:恐怖と上手く付き合う方法
(※記載部分にジャンプします)

不安と上手く付き合う方法

小さな目標を達成するひと

不安と上手く付き合う方法です。

自分の中に不安はあるので、そんな自分と上手く付き合う必要があります。

周りの評価は気にしない

1つ目は、周りの評価は気にしない方法です。

新しいことに挑戦して失敗したら恥ずかしいし、
周りから何て言われるか分からないし、バカにされるかもしれません。

でも、無視してチャレンジしましょう!

失敗したらバカにされる環境がおかしいんです。

子どもが自転車に乗る練習をしてて転んだときに、笑う人はいません。
普通なら「がんばれ、もう1回やろう!」と応援します。

このスタンスが健全なんです!

 

人の挑戦を応援できない人や失敗をバカにできる人って、
新しいことにチャレンジしてない人です。

自分が経験してないから挑戦する人の気持ちは分からないし、
傍観者として非難したり評価したりするしか出来ないんですよね。

周りの意見や雰囲気で決めたことは高い確率で後悔するので、
気にせずにどんどんチャレンジしましょう!

「自信がない」をモチベーションにする

つぎが自信がないのをモチベーションにする方法です。

新しいことに挑戦するときに、失敗したらどうしよう…と自信がないときもあります。

でも、そう思うのは普通なんですよね!
誰もがやったことがないことに対して不安になります。

まずは「自信がない自分」を受け入れましょう!

そこからモチベーションにすればOKです。

自信がないから全力でがんばる」と気合を入れたり、
自信がないから結果を出すための方法を探しまくる」のもいいですよね。

自信がないから挑戦しないのではなく、
「自信がないから本気で頑張るんだ!」
とスイッチを切り替えましょう!

失敗を改善点だと捉える

すべての失敗は改善点だと考えましょう!

新しいことに挑戦して一発成功なんてレアです。
ほとんどの場合、新しいことに挑戦してる最中に失敗します。

スティーブ・ジョブズ氏がMacを完成させるまでに多くの失敗をした話は有名ですし、
ZOZOTOWNの前社長・前澤氏は世間から失敗だと言われてることを何度もしてますよね。

それでも続けてきたから今の2人の立ち位置があるんです!

どうして何十回、何百回と失敗しても続けられたのか?

それは失敗という概念がないからです。

失敗ではなく、すべてを改善点だと思えるから前向きに挑戦を続けられるんです。

すべての失敗は成功するためのフラグなので、
失敗しても上手くいくためのピースが増えたくらいに思いましょう!

完璧を捨てる

最後4つ目は「完璧を捨てる」です。

いきなりパーフェクトを考えるのではなく、背伸びしたら届きそうな目標にしましょう!

・売上1億円ではなく、まずは1,000万円を目指す!
・TOEIC 990点ではなく、まずは600点を確実に!

最終ゴールは完璧で良いんですけど、いきなりパーフェクトは誰でも無理です。

一旦、完璧は置いておいて頑張ったらできそうな目標を立てて、
まずはチャレンジしてみるくらいのスタンスがちょうど良いんですよね!

1歩目を踏み出さない限り、目標を達成できません。

何かを始めるときには完璧は捨てて、1歩でも2歩でも目標に近くために始めましょう!

恐怖と上手く付き合う方法

つづいて恐怖と上手く付き合う方法です。

恐怖の原因は現実的なリスクなので、どう対処するのかがポイントになります。

最適な資金でスタートする

お金の問題で怖くなってるなら、最適な資金でスタートしましょう!

ハイリスク・ハイリターンと言われますが、
失敗したときのリスクが大きすぎるなら現実的ではありません。

失敗しても恐くない資金から始めるといいですね!

商品の開発&販売を考えてるなら、まずは片方だけに注力するのもありです。

商品を開発したいなら販売は他のプラットフォームを活用すればいいですし、
販売からだと思ってるなら商品はどこからか仕入れればできます。

そのほうが初期投資は抑えられるし、計画も立てやすくなります。

少しの時間から始める

つぎが少しの時間から始める方法です。

新しいことへの挑戦に丸1日使うのではなく、少しの時間から始めましょう!

自分の時間も同じ資源ですし、時間だけは取り戻せないので、
テストする感覚で少しの時間から始めてみるといいですね。

副業や週末起業レベルから始めてみるのをおすすめします。

新しい挑戦に多くの時間を費やすのも悪くないですが、
その分だけリスクは大きくなるので少ない時間から始めましょう!

今がベストタイミングだと考える

常に今がベストタイミングです。

「いまさら始めたって遅いよな…」
この言葉が頭をよぎると思います。

でも、これって挑戦できない自分をフォローするための考え方です。

自分がどう頑張っても何ともならないタイミングを言い訳にして、
傷つかないようにしてるだけなんですよね、実は。

遅いかどうかなんて挑戦しないと分かりませんし、
始めてみて本当に遅かったなら止めればいいだけの話です。

最悪なのは「あの時やっておけばよかったぁ~」と後悔すること。

いつだって今がベストタイミングです。

後悔しないために、挑戦するのを前提で考えましょう!

「挑戦する」を前提にする

新しいことに挑戦するときの不安や恐怖と付き合う方法をお話しました。

新しいことに挑戦するときには、誰だって不安や恐怖が襲ってきます。

それでもチャレンジできる人は「挑戦する!」を前提にしてるからなんですよね!

挑戦しようと決めてるから「どうすれば上手くいくか?」とスイッチが切り替わり、
チャレンジしない選択肢がいつの間にか消滅してます。

やらない理由を考えればめちゃくちゃ出てくるので、
「どうすれば始められるのか?」と考えるようにするといいですね!

目次
閉じる