失敗を怖がらず行動できる人

失敗するのが怖くて、1歩目を踏み出せないときってありますよね。

 

「失敗して、怒られるのが嫌だ」とか「周りから情けないと思われるのがツラい」とか「失敗したら自分の能力のなさが露呈する…」など。

こんな風に上手くいかなかった時のことを考えると、なかなか1歩目を踏み出せません。

 

だけど一方で、失敗を怖がらずにどんどんチャレンジする人もいますよね。

一体「失敗が怖くて行動できない人」と「行動できる人」の違いは何なのか?

 

それは「自分を吹っ切る」ための考え方があるかどうかなんです。

誰だって失敗はイヤ!

僕もそうですし、ほとんどの人もそうだと思うんですけど「失敗するのはイヤ」ですよね。

 

少なくとも「失敗したい!」と願って、チャレンジする人はいないと思います。

やるからには成功したいし、成果を出すために行動してます。

 

また、常に果敢なチャレンジをしてる人たちも「失敗は嫌い」なはずです。

だって果敢に挑戦できる理由は、人一倍「成功したい!」という気持ちがあるからですよね。

 

そこに「失敗したい!」という気持ちは微塵もないし、出来れば1回目のチャレンジで「成功したい!」と思ってるはずです。

 

誰もが「失敗したくない」という気持ちは持ってて当然なので、まずは「自分はビビってるんだ」と認めてみましょう。

行動できない理由

失敗なんて誰も経験したくないし、失敗を好き好んで求める人はいません。

でも、失敗にビビりながらも「行動できる人」と「行動できない人」はいます。

 

何が違うのかというと、行動できない理由を明確にして、それに対応してるかどうかなんです。

漠然と「失敗が怖い」と思ってるだけではなくて「何が怖いのか」、そして「どうすれば行動できるのか?」を考えられるかどうかなんですよね。

 

なのでまずは、自分が行動できない理由を明確にしましょう。

失敗を他人に見られるのが怖い

失敗するのが怖くて行動できない人の多くが「失敗を他人に見られるのが怖い」と思ってます。

「この仕事を失敗したら、社内の評価が下がる」とか「こんな事も出来ない奴だと思われる…」など。

自分が失敗したあとの周りの評価が気になって、行動できないパターンですね。

プライドが傷つくのが怖い

次に多いのが、失敗して自分の「プライド」が傷つくのが怖いという理由です。

 

「この仕事を失敗したら、出来ない自分を認めないといけない」とか「試験に合格しなかったら、恥ずかしい」など。

失敗したことで、自分が今まで守ってきた「自分像」が崩れるのではないかと恐れ、行動できなくなります。

 

これは「完璧主義者」に多いです。

何事も完璧にこなしたいと思うのは、「自分が傷つきたくない!」という想いの裏返しでもあります。

 

そんなプライドが邪魔をして、行動できなくなってしまいます。

「失敗=悪」だと思ってる

稀にあるのが「失敗=悪」だと信じ込んでるケースです。

 

「自分の辞書に失敗の2文字はない!」とか「失敗するやつは、ダメ人」など。

「失敗は悪いこと」と思ってたら、成功する確率が100%になるまで行動できません。

 

これも完璧主義者に多いです。

失敗するのが怖くて行動できない人

「自分を吹っ切る」ための考え方

自分が行動できない理由を明確にできたら、「自分を吹っ切る」ための考え方を身につけましょう。

 

実は、僕も失敗が怖くて行動できない人間でした。

失敗するなんて恥ずかしかったし、自分が傷つくのも嫌だったから、失敗しそうな事はなるべく避けて生きてるような人間だったんですよね。

 

でも、このままだと「井の中の蛙」になると思って、書籍を読んだりセミナーに参加するなどして、失敗が怖くても行動できる人になれるように頑張ってみました。

 

今回ご紹介する5つの「自分を吹っ切るための考え方」は、僕が今でも失敗にビビって1歩目を踏み出せない時に、思い出すようにしてる考え方です。

    ぜひ、参考にしてみてください。

    誰も自分に興味・関心なんてない!

    失敗したあとの周りの評価が気になる時には「誰も自分に興味・関心なんてない」と考えましょう。

     

    実際そうですよね。

    あなたが誰かの失敗を見て、一時的には何か思うかもしれませんが、1日も経てば興味・関心は薄れてるし、1週間も経てば忘れてますよね。

     

    また「他人の失敗に目を向ける時間」よりも「自分のことを考える時間」のほうが多いはずです。

    つまり、誰もあなたが想像してるレベルであなたの失敗を気にしてないんですよね。

     

    万が一、あなたの失敗に対してネチネチ言ってくる人がいるなら、それは挑戦しない人たちです。

    「ほら、俺が言った通り失敗しただろ」とか「お前の失敗がなかったら、こんな事にはなってなかった」などと、簡単に言えるのは自分が何もチャレンジしてないからです。

     

    「何かに挑戦したことある人」や「失敗に怖がらず行動できる人」なら、失敗を経験してるので、失敗した人の気持ちが分かります。

     

    なので心無い言葉を言われても、「あぁ~、この人は失敗を怖がってるんだな」と無視しておけばいいんです。

    「失敗=課題」だと考える

    「失敗を悪」だと思ってるなら、「失敗=課題」と考えましょう。

     

    小学校~大学までのテストがすべて100点だった、なんてことはありませんよね。

    TOEICやTOEFLなどの資格試験でも、挑戦1発目から満点なんてことも少ないと思います。

    どこか間違えてるはずです。

     

    そして間違えた問題を次回は答えられるように努力してきましたよね。

    その「努力」が「自分の成長」に繋がってきたと思います。

     

    つまり「失敗=悪」なのではなく、「失敗=自分が成長するための課題」なんです。

    失敗が怖いときには、ある種のテストなんだと捉えて、失敗したとしても課題が見つかったくらいで考えるようにしましょう。

    事前準備を完璧にする

    これは「完璧主義者」の方におすすめです。

     

    失敗するのが怖いなら、挑戦する前の「事前準備」を十分にしましょう。

    そうすれば、より成功に近づけます。

     

    ただ…。

    気をつけないといけないのは、保身のためにならないようにすることです。

     

    事前準備をするのは、あくまでも成功に近づくためであって、期間を先延ばして自分が傷つかないようにするためではありません。

    また事前準備にも完璧なんて存在しないし、結局のところ…、やってみないと分かりません!

     

    今の自分で考えられる事前準備が出来たなら、サクッと挑戦しましょう。

    映画やドラマの「主役なら」と考える

    失敗するのが怖くてしょうがないなら、自分が映画やドラマの「主役なら」と考えてみましょう。

     

    映画やドラマの主人公が「失敗が怖くて行動できない」状態で終わることは、ありえません。

    最初は何にもできない弱虫な主人公であっても、最終的には勇敢に立ち向かいます

    このような主人公マインドを取り入れるのもおすすめです。

     

    また映画やドラマの脇役には、「嫌な奴」って必ず登場しますよね。

    「そんな事できるわけないだろ!」とか「どうせ無理なんだよ、俺たちには」とか「身の程をわきまえろ」など。

    頑張ろうとしてる主人公を阻止したり、邪魔する脇役は映画やドラマに絶対に出てきます。

     

    失敗が怖くて行動できないなら、こんな脇役と自分は同じだということです。

    そう考えると、絶対にイヤですよね笑。

     

    どんなドラマや映画でもダサい脇役よりも果敢に挑む主人公のほうがカッコいいし、応援したくなるし、何より得るものが一番大きいです。

     

    失敗が怖くて行動できないなら「映画やドラマの主人公ならどうするか?」「脇役になってないか?」と考えてみましょう。

    本当のリスクを考える

    最後5つ目は、失敗したあとの「本当のリスク」を考えることです。

     

    人生における最大のリスクは「1つ」だけです。

    それは「生死に関わる」かどうか。

    極論ですが、それが伴うなら、やらないほうが良いです。

     

    だけど、失敗したらそんな事態になるなんて滅多にありません。

    一時期は恥ずかしい思いをしたり、凹んだり、ちょっとした自己嫌悪になるだけです。

    そう考えると、ちょっとした失敗なんだし、別にどうってことありませんよね。

     

    失敗したあとに生死を彷徨う可能性があるなら躊躇すべきですが、そうではないならやってみれば良いんです。

    「成功」も「失敗」も自分が決める

    今回は、『失敗するのが怖くて行動できない時に「自分を吹っ切る」ための考え方』をテーマにお話しました。

    失敗が怖くて行動できない気持ちは分かります。

     

    だけど、結局は「成功」か「失敗」かは自分が決めるんですよね。

    他人からしたら「成功」に見えても、本人からしたら「通過点」だったり、実は「失敗」だったりします。

    逆に「失敗」に見えても、本人からしたら「成功に近づいた」とワクワクしてるかもしれません。

     

    幸せの基準が1人ひとり異なるように、「成功」も「失敗」も自分で決めたら良いんです。

     


     


     

    OTHER POSTS