行動できない

考えすぎて行動できないときって、ありますよね。

 

・新しい仕事に手をつけられない。
・転職したいのに行動に移せない。
・フラれるのが怖くて告白できない。…etc

 

こんな風に色んなことを考えすぎて、行動できないときはあります。

 

実は僕も会社員だったころ「失敗したらどうしよう…」状態になって仕事に早く取り掛かれなかったり、転職活動するときには「今の会社より待遇が良くなかったら嫌だな…」と考えたりと。

行動するまえに、あれやこれやと考えていた時期がありました。

 

でも、今ではすぐに行動できるタイプになれたんですよね。

 

なぜ僕が変われたのかというと、行動できない原因は性格ではなく意識の問題だと気づけたからなんです。

 

今回は、僕が即行動タイプに変わるために意識していた6つの考え方をお話するので、参考にしていただければと思います。

考えすぎる性格は治せる!

 

行動するまえに考えすぎてしまうのは性格が原因だから仕方ない…

 

考えすぎて行動できない性格を治したいとは思ってても、こんな風に心のどこかで思ってたりしますよね。

 

でも、治せるんです。

 

実は僕も考えすぎるクセを持ってました。

新人営業マンだったときにはお客さんに断られるのがイヤだから、どうやったらスムーズにアポイントを取れるのかテレアポせずに机の前でウーウー唸っていたり。

資料を作るときには上司から指摘を受けないように長い時間をかけたりと。

 

何か行動をするときには、いつも考えまくってたんです。

 

でも、このままでは冴えない営業マンになってしまうと思ったので「すぐ行動できる人になるには?」みたいな本を読んだり、行動心理学系のセミナーに参加したりしたんです。

 

そしたら、徐々に即行動できるタイプに変われたんですよね。

テレアポへの抵抗がなくなりガンガン電話できるようになれたり、上司の目を気にせず提案資料を作れるようになれたりして、社内でトップの営業成績を出せました。

 

意識的に治そうと思えば、考えすぎて行動できない性格を変えられるので、ぜひ読み進めていってください。

考えすぎて行動できない理由

考えすぎて行動できない性格を治すために、まずは原因を見つけましょう。

人それぞれで理由は違いますが、元を辿るとこの4つです。

失敗するのが怖い

考えすぎて行動できない大半の理由は「失敗するのが怖い」からです。

 

失敗したら「こんなことも出来ない奴」とか「やっぱりお前には無理だったんだよ」などと周りに思われるのが怖かったり、思うような成果がでなくて自分が傷つくのがイヤだったりと。

 

こんな風に周りからの評価が気になったり、自分が傷つきたくなかったりすると、行動するまえに考えすぎてしまいます。

無意識に「変わるリスク」を恐てる

2つ目の理由は、無意識に「変わるリスク」を恐てるからです。

 

人は無意識レベルで現状を心地よく思ってます。

 

僕が転職するまえに迷っていたのもこれが原因でした。

 

今の会社に不満があるから転職をしたいんだけど…。

ひょっとしたら転職先が今の会社よりも劣悪な環境かもしれないし、新しい上司や同僚たちとまったく価値観が合わないかもしれない。

 

それなら無理に転職するよりも今のままのほうがいいんじゃないか?

めっちゃくちゃ困ることはないし、会社のルールや仕事内容にも慣れてるし…。

 

こんな風に変わるリスクを怖がって、なかなか転職に踏みきれなかったんです。

 

現状維持ならほとんどのことが想定できますが、環境が変わると何が起こるかわかりませんよね。

これって、無意識に「変わるリスク」を怖がってるんです。

行動できないのが行動するのを妨げる

3つ目の理由は、「行動できないのが行動するのを妨げる」です。

 

行動できてないとき、腰が重たくなりますよね。

 

今日〆切のタスクができてないと「今更やっても間に合わないし…」と悪い開き直りをしたり、トラブルを放置してたら状況がさらに悪化して対応する気持ちがゼロになったりと。

こんな風に行動できてないのが原因で、余計に行動しづらくなります。

 

行動できない⇒状況が悪化する⇒さらに行動できなくなる

 

行動を先延ばしにすると、さらに行動できなくなる負のループにハマっていくんですよね。

考える人

身につけるべき6つの考え方

考えすぎて行動できない原因は様々ですが、結局は自分の考え方が行動するのを邪魔してます。

 

「失敗が怖い」のも「変わるリスクを恐てる」のも「行動できない負のループにハマる」のも、そうですよね。

環境や周囲が原因なのではなく、自分の考え方に原因があります。

 

なので自分の考え方を変えれば、すぐに行動できる人になれるんです。

 

今からご紹介する6つの考え方は、僕が考えすぎて行動できない人から即行動できる人に変わろうとしてたときに意識していたことです。

 

「考えすぎて行動できてないなぁ~」と思ったら、この6つの考え方を思い出してみてください。

「悩む」と「考える」を区別する

1つ目の考え方は、「悩む」と「考える」を区別することです。

 

「考えても答えが見つからない」のは悩んでる状態で、「考えたら解決方法が見つかる」のは考えてる状態です。

 

たとえば「お客さんに断られたらどうしよう…」「上手くいかなかったらイヤだな…」などは、悩んでる状態。

逆に「お客さんに満足してもらうにはどうすれば良いのか?」「上手くいくための方法は何があるのか?」などは、考えてる状態です。

 

今考えてることが「悩んでる状態」か「考えてる状態」なのか、意識して区別してみるといいですね。

 

もし、悩んでるなら考えても答えは出ないので行動しようと意識したり、考えてるなら期限を決めて行動に移すといいですね。

失敗を恐れすぎない

2つ目は、「失敗を恐すぎない」です。

 

成功させるために考えるのは大切なんですけど、失敗を恐すぎてはいけません。

 

失敗したら周りからどう思われるのか心配かもしれません。

でも、実際はそこまで気にしてません。

 

これは他の人が失敗したときの自分の感情を思い出せば分かると思います。

最初は気にするかもですが、1週間も経てば忘れてますよね。

 

また、ひょっとしたら失敗したときに自分が傷つくのが怖いかもしれません。

でも今考えてなくて出来ることって、すべてが最初から上手くいったことではないですよね。

勉強でもスポーツでも恋愛でも、多くの失敗や経験があって昔の自分より進化してると思います。

 

なので失敗は自分を成長させるチャンスなんです。

 

失敗するのは怖いですが、周りはそこまで気にしてないし、自分を成長させる絶好の機会なんだと頭を切り替えて、どんどんチャレンジするといいですね。

完璧などありえない

3つ目は、「完璧などありえない」です。

 

仮説を考えまくったとしても、完璧にはなりません。

実際に行動してみたら仮説通りに進まなかったり、逆に難しいと思っていたのに意外と簡単だったりすることもあります。

なので成功させるために必要なのは、完璧な仮説ではないんですよね。

 

現時点で考えられる方法を実践して検証し、新たな方法を試してみる

このPDCAサイクルなんです。

 

頭のなかだけで完璧を求めるのではなく、実際に行動しながら完璧に近づくイメージにしてみるといいですね。

行動しない時間で損をしてる

4つ目の考え方は、「行動しないで時間で損をしてる」です。

この考え方も効果的です。

 

正直な話、今までご紹介した考え方は頭では理解できても行動できないのが普通です。

今までの何十年間かけて出来上がった思考方法が、1日とか1週間で変わるなんてありえません。

 

そんなときに効果的なのが、この考え方です。

 

考えすぎて行動できない間は色々な不安や悩みがつきまとうし、何をしてても気になって他のことに100%集中できませんよね。

 

それなら「悩みや不安を抱えてる時間を1分でも短くするために行動しよう!」と考えてみましょう。

 

後回しにしてることが気になってるなら早く片付けたほうがいいし、貴重な1日を悩みや不安で埋め尽くされてしまうのは勿体ないです。

 

損してる時間を1分でも短くするために、行動するといいですね。

期限を決めて決断をする

5つ目の考え方は、「期限を決めて決断をする」です。

 

考えようと思ったら何時間でも考えられます。

だけど、考えた時間と比例して成功する確率は増えません。

実際に行動してみないと分からないことは多いし、考えてるつもりでも悩んでるだけだったりします。

 

なので「考える時間を決めておく」のもおすすめです。

30分だけ考えて行動する」自分ルールを作ったり、1時間くらい考えて答えがでないなら誰かにアドバイスを求めて、その方法で行動したりするといいですね。

 

考える時間を決めて行動する意識を持てば、徐々に即行動できるようになってます。

行動しないといけない状況を作る

最後6つ目の考え方は、「行動しないといけない状況を作る」です。

 

「何か行動するときには、いつも考えすぎる。」

こんなことはありませんよね。

 

お腹が空いたらご飯を食べるだろうし、会社に遅刻しないように朝早くに起きてると思います。

また財布のなかに1円も入ってなかったら、なんとしてでもお金を稼ごうってなりますよね。

追い込まれてる状況で考えすぎて行動できない…、なんてことはないはずです。

 

では、なぜ「考えすぎるケース」と「行動できるケース」があるのかと言うと、行動しないといけない状況かどうかなんですよね。

 

なので考えすぎて行動できないときには、行動しないといけない状況を自分で作り出すのもおすすめです。

 

たとえば英語をマスターしたいなら独学ではなく駅前留学すれば月謝がかかるので本気になれるし、成功するまで大好きな趣味を禁止にするのもいいですね。

 

こんな風に考えるよりも行動しないといけない環境を自分で作り出すのも効果的です。

意識が変われば行動が変わる

今回は、考えすぎて行動できない性格を治すために身につけるべき6つの考え方をお話しました。

 

考えすぎて行動できない性格は、意識すれば変えられます。

「考えすぎてるなぁ~」と思ったら、今回ご紹介した6つの考え方を思い出してみてください。

 

すぐには変われませんが、徐々に即行動タイプになれますので!

 

OTHER POSTS