忙しすぎる風景

あぁ~、仕事量が多すぎて回らない。なんでもこうも自分にだけ仕事が集中するんだ!!

 

次から次へとやってくる業務を目の前にすると、こう叫びたくなりますよね。

 

今回は、そんな状況になってる方に向けて『自分だけに仕事が集中してしまう人のための処世術』をテーマにお話していきます。

ポイントは、「自分だけで背負わない!」です。

なぜ自分だけに仕事が集中するのか?

まず「なんで自分だけに仕事が集中するのか?」を考えてみましょう。

 

それぞれの状況によって細かい理由は違いますが、大きく分けて2つあります。

仕事ができる人だから

自分だけに仕事が集中してしまう1番の理由は、「あなたが仕事ができる人」だからです。

 

上司や同僚が仕事を振ってくるのは、「あなたに任せておけば、いい仕事をしてくれる」と評価してるからなんですよね。

 

  • 指定日までに確実に仕事を終わらせてくれる。
  • 細かく報連相をしてくれるから安心。
  • モチベーションに浮き沈みがなく、安定して仕事をしてくれる。

あなたがこんな風に仕事ができる人だから、自分だけに仕事が集中するんです。

 

「仕事ができる」って本来は素敵なことなんですけど、それが理由で自分にだけ仕事が集中してしまうんですよね。

断らない人だから

もう1つの理由は、「仕事を断らない人だから」です。

 

別に、上司や同僚は仕事をできる人材だとは思ってないけど…。

めんどくさい仕事や苦手な仕事を自分でしたくないから、誰かに振ってるパターンですね。

 

結構タチが悪いケースですが、僕が働いてた会社ではよく見かける光景でした。

 

「あなたが出来るから人だから仕事を任せたいんだよ!」とか「仕事を振られるのは良いことなんだぞ!」とか「君の成長を期待してるんだ!」など。

どう見てもめんどくさいだけの仕事なのに、上司や同僚たちに「こんな言葉」を付けて依頼されると断れなかったりしますよね。

 

期待に応えたい!」とか「周りに認められてる」と思って…。

 

その結果、自分にだけ集中していきます。

仕事を振ってくる人の心理状況

逆に仕事を振ってくる人の心理状況はどうなってるのか?

 

それは「自分の労力を少なくして、最大のパフォーマンスを発揮したい」です。

つまり、自分のために仕事を振ってるということ。

 

「仕事が出来る人」には重要な部分を任せて、「断らない人」には作業的な部分を任せる。

そして、自分は「最後の確認作業をするだけで仕事が回る状況」を作り出してるんです。

 

なので仕事を振ってくる人って、仕事を振られる側の気持ちをあまり考えてません。

 

「仕事ができる人」や「断らない人」がパンクするまで、仕事を依頼しつづけます。

そして、その人が爆発してしまったら「次に仕事が出来る人」や「次に断らない人」に仕事を任せるだけ。

 

こんな風に仕事を振ってくる人の心理状況は、自分は最小の労力で最大のパフォーマンスを発揮したいだけで、仕事を振られる側の気持ちは、まったく考えてないんです。

仕事を部下に振ってる人

仕事量が多すぎて回らない時の対処法

仕事を振ってくる人たちは、仕事を振られる側の気持ちなど考えてません。

 

なので「仕事量が多すぎて回らない!」状況を打破できるのは、あなたしかいないんです。

 

では、仕事量が多すぎて回らない時にはどうすれば良いのか?

それは「自分がやった方が良い仕事だけする」です。

つまり、自分も仕事を振る側に回ればいいんですよね!

 

そのために必要なのは、この4ステップです。

  1. 仕分ける
  2.  任せる
  3.  断る
  4.  とにかく終わらせる

    では詳しくお話していきます。

    仕分ける

    まず、今抱えてる全ての仕事(ルーティーンワークも)をノートやパソコンのメモ調に書き出しましょう。

     

    そして「自分でやる仕事」と「任せる仕事」を仕分けていきます。

     

    仕分けるときのポイントは、「重要度」で考えることです。

    自分じゃないと支障がでる仕事なのか、誰がやっても同じレベルになる仕事なのか。

    自分がやってみたい新しい仕事なのか、ルーティーン化して惰性でこなしてる仕事なのか。

     

    「仕事軸」と「自分軸」で、それぞれの仕事を重要度で仕分けていきましょう。

    任せる

    仕事を仕分けて「任せる」と決めた仕事は、誰かに振りましょう。

     

    同僚だったり後輩だったり、時には上司でも問題ありません。

     

    「なんだか気が引ける…。」

    こんな風に仕事を振ることに後ろめたさを感じるかもしれませんが、そんな気持ちは葬り去ってください。

     

    忘れちゃいけないのは、「仕事が回らない状況からの脱出」です。

     

    周りに気を使うのも大切ですが、まずは自分が気持ち良く仕事ができる環境にするほうが先決です!

    任せる仕事だと仕分けしたなら、迷わず一気に任せましょう!

    断る

    とは言え…。

    任せたい仕事をすべて綺麗に振れるケースも少ないのが現実です。

     

    そんな時には断りましょう!

     

    振りたい仕事が上司から任されたものなら、上司に振り返すのは「あり」です。

    だって、上司も自分にとって「都合の良い人」から順番に仕事を任せてるだけ。

    その仕事を上司に戻せば、別の人に仕事を振るだけなので、気にする必要はありません。

     

    また、すでに仕事が回ってない状況なら尚更です。

    上司は自分がラクできますが、仕事が回ってない状態は会社にとって良いことではありませんよね。

     

    なので、会社のためにもはっきりと断りましょう!

    とにかく終わらせる

    「自分がやった方が良い仕事」や「やってみたい仕事」だけになったら、とにかく終わらせる気持ちで仕事を進めましょう。

     

    ただ…「とにかく終わらせる」マインドを発揮するときには、注意点があります。

     

    それは仕事を依頼してきた「相手」によって、「とにかく終わらせる」マインドを使い分けることです

     

    • 上司や同僚、ブレーンなど社内に近い人間
    • クライアント

     

    もし前者なら「とにかく終わらせる」マインドで仕事をすればOKです。

    その仕事には最終確認者がいるので、期限を決めて、そのなかで最大のパフォーマンスを発揮しましょう。

    もし足りない部分があったとしても、最終確認者が付け加えれば良いですよね。

     

    逆に、あなたが直接クライアントから依頼された仕事なら話は別です。

     

    それは「あなたが最終確認者」だからです。

    「とにかく終わらせる」マインドではなく、クライアントに満足してもらえるように取り組みましょう。

     

    こんな風に「誰に依頼されたか?」で「とにかく終わらせる」マインドを使い分けるといいですね。

    追い込みすぎない!

    今回は。『仕事量が多すぎて回らない!自分だけ仕事が集中してしまう人の処世術』をテーマにお話しました。

    もし、このまま仕事を続けていたら肉体的も精神的にもパンクしそうだったり、イライラが止まらなかったりするなら、今回ご紹介した処世術をぜひ実践してみてください。

     

    あなたがこのまま仕事を抱え込みつづける必要はありません。

     

    代わりに仕事をしてくれる人は会社にたくさんいるし、仕事を振ってる人もあなたのコトを考えて任せてるケースはほとんどありません。

    今抱えてる仕事を「自分がやりたい仕事」や「自分ではいけない仕事」になるまで断捨離して、追い込みすぎないようにしましょう!

     

     

     


    OTHER POSTS