忙しすぎる風景

あぁ~、仕事量が多すぎて回らない。
なんでもこうも自分にだけ仕事が集中するんだ!

次から次へとやってくる業務を目の前にすると、こう叫びたくなりますよね。

今回は、そんな状況になってる方に向けて
『自分だけに仕事が集中してしまう人のための処世術』を話します。

ポイントは「自分だけで背負わない!」です。

なぜ自分だけに仕事が集中するのか?

まず「なんで自分だけに仕事が集中するのか?」を考えてみましょう。
それぞれ事情があるので細かい理由は違うと思いますが、大きく分けて2つあります。

仕事ができる人だから

自分だけに仕事が集中してしまう1番の理由は「仕事ができる人」だからです。

上司や同僚が仕事を振ってくるのは、
あの人に任せれば、いい仕事をしてくれる」と評価してるからなんですよね。

・指定日までに確実に仕事を終わらせてくれる。
・細かく報連相をしてくれるから安心。
・モチベーションに浮き沈みがなく、安定して仕事をしてくれる。

こんな評価をされてるから仕事が集中します。

これはもうしょうがないです。
上司は仕事ができない人に依頼して、無駄に時間を消費したくないですから。

「仕事ができる」って素敵なことなんですけど、仕事が集中してしまう原因にもなります。

断らない人だから

もう1つの理由は、「仕事を断らない人だから」です。

誰にでもできるめんどくさい仕事ってあります。
それを上司や先輩は自分でしたくないから誰かに振ってるパターンです。

でも上司や先輩は誰にでも振るんじゃないんですよね、これが。
仕事を断れない人を狙い撃ちして振ってるんですよ。

やる・やらないで時間を奪われたくないですからね。

結構タチが悪いケースですが、僕が働いてた会社ではよく見かける光景でした。

「君ができる人だから仕事を任せたいんだよ!」
「仕事を振られるのは良いことなんだぞ!」
「君の成長を期待してるんだ!」

こんな風に期待してるぞ感が満載の言葉と一緒に
めんどくさい仕事を依頼されたら簡単には断れません。

どこかで「期待に応えたい!」とか「周りに認められてる」と思ってしまい、
めんどくさいと分かっていつつも受け入れてたりします。

その結果、自分にだけ集中するんです。

仕事量が多すぎて回らない時の対処法

仕事を部下に振ってる人

それでは仕事量が多すぎて回ってないときの対処法をお話します。

ポイントは「自分がやった方が良い仕事だけする」です。
なので自分も仕事を振る側になってしまえばいいのです。

そのために必要なのは4ステップです。

①仕分ける
②任せる
③断る
④とにかく終わらせる

詳しくお話していきます。

仕分ける

まず、今抱えてるすべての仕事(ルーティーンワークも)を書き出しましょう。
そして「自分でやる仕事」と「任せる仕事」を仕分けます。

ポイントは「重要度」です。

・自分じゃないと支障がでるのか、誰がやっても同じレベルになるのか。
・やリたい仕事なのか、惰性でこなしてる仕事なのか。

こんな風に「仕事軸」と「自分軸」で仕事を仕分けましょう。

任せる

「任せる」と決めた仕事は誰かに振ります。
同僚だったり後輩だったり、時には上司でも問題ありません。

「なんだか気が引ける…。」

こんな風にうしろめたさを感じるかもしれませんが、
そんな気持ちは葬り去ってください。

忘れちゃいけないのは「仕事が回らない状況からの脱出」です。

周りに気を使うのも大切ですが、
自分が気持ち良く仕事ができる環境にするほうが先決です。

断る

とは言え…、
任せたい仕事をすべて綺麗に振れるケースも少ないのが現実です。

そんなときには断りましょう!

振りたい仕事が上司から任されたものなら上司に振り返すのは「あり」です。
上司は自分にとって「都合の良い人」から順番に仕事を任せてるだけですからね。

上司に戻せば別の人に仕事を振るだけなので気にする必要はありません。

すでに仕事が回ってない状況なら尚更です。
上司はラクだと思いますが、仕事が回ってない状態は会社にとって良いことではありません。

会社のためと思って、はっきりと断るといいです。

とにかく終わらせる

あとは残った仕事をとにかく終わらせるだけです。

ただ注意点があります。
「とにかく終わらせる」マインドの使い分けです。

どんな人に仕事を任されたかで使い分けるのをおすすめします。

・上司や同僚、ブレーンなど社内に近い人間
・クライアント

前者なら「とにかく終わらせる」マインドで仕事をすればOKです。
その仕事には最終確認者がいるので、期限を設定して最大のパフォーマンスを発揮しましょう。

もし足りない部分があったとしても、最終確認者が付け加えるのでOKです。

逆に直接クライアントから依頼された仕事なら話は別です。
その仕事は「自分が最終確認者」ですよね。

なので「とにかく終わらせる」マインドではなく、
クライアントに満足してもらえるように取り組みましょう。

「社内の仕事」か「社外の仕事」なのかで、
とにかく終わらせるマインドを使い分けるといいですね。

追い込みすぎない!

今回は自分にだけ仕事が集中して回らない人に向けて処世術をお話しました。

このまま仕事を続けてたら肉体的も精神的にもパンクしそうだったり、
イライラが止まらなかったりするなら、ご紹介した処世術をぜひ実践してみてください。

このまま仕事を抱え込み続ける必要はありません。
代わりに仕事をしてくれる人はたくさんいます。

今抱えてる仕事を見える化して「やりたい仕事」や「自分じゃないとダメな仕事」に仕分け、
どんどん断捨離しましょう!

 

OTHER POSTS