ちっとも給料が上がらないから転職するか、それとも副業でも始めようか…。

転職するにしろ副業を始めるにしろ、
今の生活を変えることになるので悩むのは当然だと思います。

僕もサラリーマン時代に会社の給料が上がらず、
転職するか副業を始めるかで迷っていた時期がありました。

そして色々と考えたあげく1度転職をして、転職した先で副業を始めたんですよね。

会社員時代に転職も副業も経験済みなので、
それぞれのメリット・デメリットを知ってます。

なので今回は給料が上がらないから「転職する」か「副業を始める」かで迷ってる方に向けて、
僕自身の体験談をベースに、どのように考えて判断したほうがいいのかをお話していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

給料が上がらないからと行動する前に

このまま今の仕事を続けても、給料は増えないんじゃないか…。
こんな悩みがサラリーマンをしてると付きまといます。

なので転職しようか、副業でも始めようかと考え始めますよね。
でも、ちょっとだけ立ち止まってみましょうか!

もう1回このまま会社で働いてても本当に給料が上がらないのか?と考えてみるのがおすすめです。

とはいえ、自分の頭だけで考えても分からないんですよね。

なので、先輩や上司に聞けるなら聞いてみましょう!
給料って、入社してから上がりましたか?」と。

なかなかハードルの高い質問なんですけど、これが一番手っ取り早いです。

また、今の会社で働き続けたら将来的には自分が先輩や上司の立場になるので、
これ以上に参考になる情報もありません。

聞けそうな雰囲気のときに、思い切って聞いてみましょう〜!

もし先輩や上司の給料が上がってたら、自分もそうなれるのか冷静に分析するといいですね!

ほとんどの場合、課長とか部長などにならないと給料は上がらないと思うので、
それらのポストに就ける可能性はどのくらいありそうなのかを考えてみましょう。

そのときのポイントは「あと何年でポストが空くのか?」です。

どれだけ成果を出したとしても、ポストが空かないと就けません。

あと3年で空きそうなら会社の仕事に集中したほうがいいですし、
10年〜15年も空きそうにないなら転職や副業をしたほうがいいと思います。

そっちのほうが生涯年収はアップする可能性が高いですからね!

生涯年収ベースで考えると判断がしやすいですよ!

転職をするにしても副業を始めるにしても、今の生活を変えることになります。

変えるのはいつでもできるので、
行動するまえに本当に給料は上がらないのかをもう1度だけ考えるのがおすすめです。

もし絶望的な状況なら、今すぐにでも転職活動や副業の情報収集を始めましょう!

給料が上がらないから「転職」か「副業」かの判断方法

それでは給料が上がらないから「転職」か「副業」かの判断方法をお話します。

どっちにするかを決めるときのポイントは、

・会社の居心地

・給料

この2つのバランスです。

転職がおすすめの場合

まずは転職をおすすめする場合からお話します。

もし今の会社が嫌いなら転職のほうがいいと思います。

同僚たちと気が合わないし、仕事は好きになれる部分が1つもないし、
会社の将来性もそこまで明るくなさそうだな…。

こんな風に思ってるなら副業よりも転職をおすすめします。
転職のほうが今の状況を改善できる可能性が高いです!

サラリーマンにとって最高の状況って、好きな会社で給料も上がっていく状態ですよね。
つぎに給料は高いけど会社は嫌いだったり、給料は安いけど会社は大好きだったり。

どっちが良いかは個人の価値観で決まると思います。

つまり会社員ライフを充実させるには、
会社や仕事への愛着度」と「給料」のバランスが大切ってことです。

でも、今の会社が嫌いってことは「給料は上がらないし、会社は嫌いだし」という最悪な状況。
転職しても今の状況以上に下がることはないのです!

それだったら今の状況を良くする可能性がある転職に賭けたほうが賢いと思います。

副業がおすすめの場合

つぎに副業をおすすめする場合です。

今の会社を嫌いじゃないなら副業のほうがいいと思います。
というのも、転職した先で給料が上がるつづける保証はありません。

今の会社よりも給料が多い会社に転職すれば収入アップに繋がりますが、
それ以降まったく伸びない可能性だってあるわけですよ。

僕が1回転職したとき、収入はアップしました。
でも、働いてるなかで給料が上がりそうな要素がまったく見つからなかったんです。

課長や部長のポストが空きそうな雰囲気が1ミリもない…。

転職先が大手企業やイケイケベンチャー企業なら給料が上がり続ける可能性はありますが、
それ以外だったら給料は上がらないのが常識なんだと思います。

会社からすると給料はコストですしね。

また転職した会社の居心地が悪かったら
「給料は安いし会社は嫌いだし…」の最悪な状況になる可能性もあります。

なので今の会社が嫌いじゃないなら、
転職ではなく副業で給料問題を解決したほうがリスクは少ないですし現実的です。

副業で月に10万円を得られれば120万円アップですからね!

転職した先で給料が120万円アップするなんて、よっぽどありません。

それだったら「会社の給料+副業の収入」で収入アップを目指しましょう!

複数の収入源を持ったほうがいい時代

僕は1度転職をして、そして転職した先で副業を始めました。

副業を始めた理由は「給料が上がらなそう…」っていうのが一番大きかったんですけど、
今の時代、複数の収入源をもっておいたほうがいいよなとも思ってました。

気持ちに余裕ができますよね。

給料以外の収入源があれば無理して残業する必要はなくなりますし、
万が一、会社が倒産しても余裕をもって転職活動ができますし、
給料+副収入で10万円あったら生活の選択肢も増えます。

また余剰資金が増えれば、投資に回して資産形成もできるわけです。

会社の給料だけで資産形成ができれば最高ですが、それができるのは一部の大手企業だけ!

ほとんどの会社は給料がなかなか上がらないので今の生活を維持するので一杯いっぱいですし、
資産形成しようにも回せるお金ができません。

それだったら複数の収入源を作ったほうが人生の余裕ができますよね!

なので今の会社で働きつづけるにしろ転職するにしろ、
副業を始めて複数の収入源を作っておいたほうがいいと思います。

もし副業の収入が軌道に乗れば、サラリーマンを辞めて自由に働ける可能性も出てくるので!

僕が副業で月10万円を稼ぐまでの話はこちらでしてます。

給料問題を給料で解決するのは厳しい!

給料が上がらない人に向けて「転職する」か「副業を始める」かの判断方法をお話しました。

サラリーマン時代に1度の転職と副業を経験して思うのは、
会社の給料問題を給料で解決するのはすっごく厳しいってことです。

今よりも良い条件の会社に転職すれば収入はアップします。
でも給料が上がり続ける保証なんて1つもありません。

なので会社の給料問題を給料で解決しようとする考え方自体が危ういと思います。

それだったら副業を頑張って収入を増やしたほうが現実的ですし、
収入アップのスピードも遥かに早いです。

1つの収入源だけには依存しないのが本当の安定に繋がっていきます。

給料問題は給料で解決するのではなく、別の収入源でカバーしてしまいましょう!

OTHER POSTS