会社を今すぐ辞めたい人の風景

「こんな会社、今すぐにでも辞めてやる!」

そう思う瞬間はありますよね。

僕は会社を今すぐ辞めるのは全く問題ないと思ってます。

働く環境がブラックすぎたり、職場の同僚たちと価値観が合わなさすぎるなら1日でも早く辞めたほうが自分のためです。

また、どんな理由であれ「今すぐ辞めたい」とまで思うのは異常なことなので、今の会社を辞めるのは正解だと思います。

だけど、何も考えないまま見切り発車で今すぐ辞めてしまうのはリスクが高すぎです。

なので今回は、会社を今すぐに辞めたい人に向けて「これだけ」は考えたほうが良いことについてお話していきます。

会社を今すぐ辞めるのは問題ない

会社を今すぐ辞めるのは、まったく問題ありません。

世の中には数多くの会社があるし、今働いてる会社がすべてではないからです。

たまたま選んだのが今の会社だっただけの話なので、必要以上にこだわらなくていいんです。

また働き方もサラリーマンだけじゃないです。

フリーランスや個人事業主、投資家などの働き方もあるし、これから新たな働き方が登場する時代でもあります。

世の中には多くの会社も働き方もあるので、現在の会社を今すぐ辞めでもいいんです。

逆にブラック企業だったりパワハラ上司がいたり、職場の環境が悪かったりするなら肉体的にも精神的にも辛いだけなので辞めたほうが良いと思います。

人生の大半を「働くこと」に費やすわけなのでそんな状態では身が持たないし、自分がパンクしてしまったら今後の働き方にも悪影響が及びますよね。

今の会社で働くことは多くの選択肢の中の1つなだけなので、今すぐ辞めること自体は全く問題ないと僕は思います。

辞めた後のことは考えておくべき

世の中には多くの会社や働き方があるので、今すぐ辞めるのは全く問題ありません。

だけど、辞めた後のことを考えておきべきだと思います。

というのも、リスクが高すぎるからです。

日本には多くの会社や働き方はありますが、今の会社を辞めた後すぐに次の働き方が見つかるとは限らないですよね。

当然、次の働き方が決まらなければ収入源はないし、精神衛生上も良くはありません。

また、世間体で考えると「すぐに会社を辞める」のは良いことではありませんよね。

なので採用する会社側も「辞めた理由」が気になるし、あなたがすぐに会社を辞めたことがネックになる可能性だってあります。

最悪な場合だと、いつまで経っても次の働き方が決まらない可能性だってあるわけです。

なので、今すぐ辞めるのは問題ありませんが、辞めた後のことくらいは辞める前に考えておいたほうが良いですね。

会社を辞めた後のことを考えてる人

せめて「これだけ」は考えておこう!

今すぐ会社を辞めるのはリスクが高すぎます。

なので、せめて「辞めた後のこと」だけは考えておきましょう。

たとえば「転職先」を決めておくのは良いですね。

今すぐにでも会社を辞めたいかもしれませんが、働きながら転職活動して次の働き方を決めておけば、収入面で不安になることはないし、辞めるときに会社にはっきりと意志を伝えられると思います。

転職活動をするときのポイントは「辞めたい理由」を明確にしておくことです。

というのも、先程もお伝えしたとおり「すぐ会社を辞める」のは世間体で考えると、あまり褒められたことではありません。

なので、採用する会社側は間違いなく「辞める理由」を面接で聞いてきます。

その質問にはっきりと答えられるようにしておくのはマストですね!

また、新たな収益源を作るために「複業」を始めるのも方法の1つです。

今すぐ会社を辞めた後にキツくなるのは、ぶっちゃけ「お金」のことですよね。

なので、会社を辞めた後に十分な収入があれば問題はありません。

また、今すぐ会社を辞めたい理由が「会社員に向いてない」とか「雇われる働き方をしたくない」などであれば転職したとしても解決されませんよね。

それなら会社員の給料を稼げる可能性がある「複業」を始めて、収入が軌道に乗ってから会社を辞めれば全ての不満を解決することができます。

「転職か複業か?」

どちらが良いとか悪いとかの話ではなく、自分が働いてるなかで抱えてる問題が解決できる選択肢を選べば良いと思います。

今の会社を辞めるまえには、せめて「これだけ」は考えておいたほうが良いですね!

感情だけで決断をするのは危険

今回は、『会社を今すぐ辞めるのは全く問題ないけど「これだけ」は考えておこう!』をテーマにお話をしました。

会社を今すぐ辞めるのは全く問題ないと僕は思います。

だけど、何も考えずに会社を辞めてしまうのはリスクが高すぎますよね。

収入源がなくなるのは痛いし、精神衛生上も良くはありません。

たとえ貯金があったとしても、どんどん減ってく残高を目の前にすれば、焦りや不安は大きくなるばかりです。

なので、感情だけで会社を辞めてしまうのはおすすめしません

せめて「辞めた後の収入源」をどう確保していくのかは、会社を辞める前に考えておきましょう。

 

 

 


OTHER POSTS