会社や仕事を辞めたいと思ってる新卒社員と新入社員

今回は、新卒社員や新入社員の方に向けて「会社」や「仕事」を辞めたいのに言えない時の対処法についてお話していきます。

「会社」や「仕事」を辞めたいのに言えないのは新卒社員や新入社員だけではなく、多くの社会人が経験してることだし、社会経験が長い人でも同じような心理状況になることはあります。

なので、それは普通のことなので安心してください。

大切なのは「会社」や「仕事」を辞めるのを早めることではなく、しっかりと考えて自分が納得した決断をすることです。

では、お話していきますね。

会社や仕事を辞めたいのに言えない理由

まず、会社や仕事を辞めたいのに言えない理由を考えてみましょう。

それが整理できれば、どのような対処法をすれば良いのか明確になってきます。

それで肝心の理由なんですけど、主に2つの軸で考えてみると良いですね!

  • 自分に原因がある
  • 会社に原因がある

まずは、この2つに分けて理由を考えてみましょう。

自分に原因がある

「会社」や「仕事」を辞めたいのに言えない時って、自分に原因があることがほとんどです。

  • 「こんなに早く辞めたら、転職するのって難しいのかな?」
  • 「次の働き方が決まってないしな…」
  • 「最低3年間は我慢して働いたほうが良いのかな?」
  • 「すぐ辞めたいと思うのは自分の考えが甘いのかな?」
  • 「家族や友だちに言いにくいな…」

こんな感じで色々な葛藤があると、辞めたくても言えない状況になるんですよね。

また、これらの心理状況は3つに分けることができます。

  1. 今後の不安
  2. 自己否定
  3. 世間体への懸念

    「会社」や「仕事」を辞めたいのに言えない理由が自分のなかにある場合は、この3つの心理状況が考えられます。

    自分に当てはまることがないか、ゆっくり考えてみてくださいね。

    会社に原因がある

    自分ではなく会社に原因があるケースもあります。

    • 上司に言える雰囲気ではない
    • 会社が慢性的な人手不足

    こんな感じで上司や会社に余裕がない状態を見てしまうと言いづらいですよね…。

    上司に「辞めたいです!」と伝えたら引き止めが激しそうだったり、無視され逆に業務を増やされそうなら誰もが躊躇するはずです。

    また、慢性的な人手不足の会社だと自分だけ逃げるような気もするし、会社だけでなく同僚たちにもしわ寄せがいくと思うと「辞めたいんですけど…」と切り出しにくいですよね。

    こんな心理状況になってるなら原因は会社にあります。

    会社や仕事を辞めたいのに言えない理由が「自分にある」のか「会社にある」のか、ぜひ分けて考えてみてくださいね。

    この理由は片方だけの場合もあるし、両方が原因になってるケースもあります。

    なので、落ち着いて言えない理由について考えてみましょう!

    会社や仕事を辞めたいのに言えない時の対処法

    では、言えない理由が分かったら対処していきましょう。

    先程の2つの軸別(自分が原因 or 会社が原因)で対処法をお話していきます。

    自分に原因がある時の対処法

    まずは自分に原因があるときの対処法についてお話していきます。

    1. 今後の不安
    2. 自己否定
    3. 世間体への懸念

      それぞれの心理状況の対応策について詳しく解説していきます。

      今後の不安

      今の「会社」や「仕事」を辞めた後のことが気になるなら、その不安を取り除くための行動をしましょう。

      次の働き方」が決まれば、今後の不安は消えます。

      今の会社で仕事をしながら平行して転職活動をしたり、副業を始めて自分の力だけでお金を稼げるようにしたりと。

      次にやることさえ決まれば「こんなに早く辞めたら、転職するのって難しいのかな?」とか「次の働き方が決まってないしな…」などの不安はなくなっていきます。

      なので、自信を持って「辞めます!」と会社に言えるように「次の働き方」を探しましょう。

      自己否定

      「すぐ辞めたいと思うのは自分の考えが甘いのかな?」など自己否定になってるなら、もう少し今の会社で仕事を頑張ってみたほうが良いですね!

      というのも、そう思えるのは自分に余裕があるからです。

      本当に今の会社が嫌だったり仕事がやりたくないなら自己否定にはならないはずです。

      自分に余裕があるからこそ、自分の責任だと感じてしまうんですよね。

      なので、自分の考えが甘いんだと思うなら今の会社で仕事をもう少し続けてみましょう!

      そして、その中で「自分のやりたいこと」や「自分が実現したい働き方」などが見つかれば、それを現実にするための行動をすればOKです。

      「辞めること」は決してゴールではないので、もうちょっと頑張ってみるのをおすすめします。

      世間体への懸念

      世間の目が気になって会社や仕事を辞めることができないなら、気づかないといけないことがあります。

      それは「世間体はあなたを幸せにはしない」ということです。

      周りの目を気にしながら働くことが必要な場合もありますが、今後の自分の働き方について世間体を気にする必要は全くありません。

      だって、あなたの人生なんだから全ての責任はあなたが担うんです。

      世間体はあなたを幸せにはしてくれないし、あなたがどうなっても責任なんて取ってくれません。

      「自分に合う働き方」や「自分の幸せ」は、自分で掴み取らなければいけないんです。

      それに気づくことができれば「最低3年間は我慢して働いたほうが良いのかな?」とか「家族や友だちに言いにくいな…」なんて思わないんですよね。

      世間体のために働くのではなく、自分のために働きましょう!

      会社に原因がある時の対処法

      会社に原因があって辞めたいことを言えない時には、もう振り切るしかありません

      というのも上司や会社に気を使っていたら、いつまで経っても辞めることができません。

      上司に言えなそうな雰囲気でも、そこは避けては通れない道。

      だから自分のなかで勇気を持って「辞めます!」というしかないんですよね。

      また、もし上司に退職届を無視されたとしても、民法では「14日前に退職届を出せば雇用契約を解除できる」となってるんですよね。

      なので、上司が受け取ってくれないなら管理部門に渡せばOKです。

      ただ退職するときには円満に越したことはないので、基本的には就業規則に記載してある退職ルールに沿って退職届は出したほうが良いですね。

      民法に頼るのは最終手段の方が良いと思います。なんだかんだ会社も人間の集まりなので!

      また、会社が慢性的な人手不足なのは会社の責任です。

      求職者を集められる魅力がなかったり、入社しても辞める人が続出するなら会社の労働環境が悪いからです。

      なので、そこまで気を使う必要は全くありません。

      会社が原因で辞めることを言えないのは、根本的には「あなたの優しさ」が原因なんですよね。

      会社のためや同僚のために働くことも大切ですが、まずは自分のために働く意識を持つことが大切です。

      自分に合う働き方を見つけてから、誰かのために働くようにしましょう!

      自分のためにどうしたら良いのかを考えよう!

      今回は、新卒・新入社員の方に向けて会社や仕事を辞めたいのに言えない時の対処法についてお話しました。

      辞めたいのに言えないという心理状況は、新卒や新入社員ではなくても陥る心理状況です。

      そんな状態に陥ったなら「自分のため」にどうしたら良いのかを考えてみましょう!

      極論は、今の会社や仕事を辞めたほうが「自分のためになる」のか「ならない」のかの2択です。

      ホントそれだけなんですよね。

      気になる部分や気を使うこともあるかもしれませんが、1番大切なのはそこです。

      なので迷ったときには、これからの自分のためにどっちが良いのか?で考えてみましょう!

       

      OTHER POSTS