転職して半年で会社を辞めようか悩んでる人

転職して半年しか経ってないのに、辞めたいと思うときはあります。

僕も転職した会社で半年も働いてないのに「辞めたい」と思っていた時期があったんですよね。

面接で言われてた仕事内容と実際に任されたことがまったく違ってたり、独特すぎる会社のルールや文化に馴染めなかったり、職場の同僚たちは愚痴や悪口が多くて気が合わなかったりと。

想像していた環境とあまりにもかけ離れてたので、「もう辞めようかな…」と悩んでたんです。

だけど転職半年で辞めたら次の転職活動に悪影響が及びそうだし、転職がクセになりそうだったので、冷静に辞めたいと思う理由を仕分けてから決断しようと思ったんですよね。

それが良かったのか僕は半年で会社を辞めなかったし、今ではフリーランスとして働けています。

なので転職して半年で辞めたいと思ったとしても、一度冷静になって辞めたい理由を考えてから判断するのをおすすめします。

転職半年で会社を辞めるデメリット

転職半年で辞めたいと思っても、今後を考えると不安要素があります。

次の転職活動への悪影響

僕は転職して半年しか経ってないのに会社を辞めるのは、次の転職活動に悪影響を及ぼすんじゃないかと思ってました。

もし自分が採用する立場だったら半年で会社を辞めるような人材を雇うのは躊躇するし、仮に採用したとしても短い期間で辞めてしまうのではないかと心配になります。

また転職サイトを見たり人事を担当してる人に話を聞いたりしても、同じようなことを言ってたりするので、半年で会社を辞めてしまうのは印象は良くないです。

転職グセ

転職グセ」も心配してました。

実際に短期間で転職を繰り返すとジョブホッパーになってしまう話はよく聞くし、僕も1度転職をしたので会社を変える心理的なハードルが下がってたんですよね。

キャリアアップなどの目的があって会社をコロコロ変えるのは問題ないんですけど、ネガティブな理由で4社も5社も経験するのは明らかにマイナスです。

なので転職半年で会社を辞めたら転職がクセになって、人生ごと負のループに突入するんじゃないかと思ってました。

「辞めたい」に期間は関係ない

僕は転職半年で会社を辞めるかどうか悩んでましたが、最終的には「辞めたいに期間は関係ない」という考えに辿りつきました。

辞めたいと思ってる仕事を我慢してつづけたとしても1年後や2年後に辞める可能性は高いし、継続は美徳かもしれないけど自分にとってストレスならメリットはありません。

また今の仕事をしてる時間を転職活動に費やしたら、自分に合う会社に出合うタイミングも早くなります。

僕はそう思ったので、期間は無視しようと決めたんです。

そして、そんなことよりも自分は「どんな働き方をしたいのか?」とか「どんな仕事をやりたいのか?」などを考えるようにしたんです。

だって転職半年で辞めたいと思うのは自己分析が不十分だったのが一番の原因だし、自分がどんな仕事をしたいのかが分かれば面接のときに自信をもって伝えられるし、ジョブホッパーになりません。

最終的に大切なのは「自分がどうしたいか?」で期間は関係ないんです。

自分がどうしたいかを考えてる少年

辞めたい理由を仕分ける

「自分がどうしたいのか」が大切なんですけど、これが難しいんですよね。

そもそもこれが分かってれば就職活動は上手くいってるはずです。

なので僕は『「逆に?」アプローチ』をしてみたんです。

「どんな仕事がしたいのか?」ではなくて「なぜ今の仕事が嫌なのか?」を考えてみて、そこから自分がどんな働き方をしたいのかを明確にする方法です。

では早速『「逆に?」アプローチ』をやっていきましょう!

まず今の仕事を辞めたい理由を思うがままに書き出してみてください。

・給料が安い
・仕事が面白くない(向いてない)
・キャリアプランが見えない
・スキルアップできない
・言われてた仕事と任された仕事が違う
・上司や先輩、同僚たちと気が合わない

なんでもOKです。

とにかく思い浮かんだ理由をそのままの言葉でカブってもいいから書き出してください。

すべて吐き出せたら理由を仕分けていきます。

仕分けるときのポイント

仕分けるときのポイントは2つです。

  1. 自分でコントロールできること
  2. 自分でコントロールできないこと

見える化した理由をこの2種類に分けていきます。

「給料が安い」とか「キャリアプランが見えない」とか「スキルアップできない」などは自分ではコントロールできないですよね。

一方で「仕事が面白くない(向いてない)」とか「同僚たちの気が合わない」のは自分でコントロールできる部分があります。

こんな風にコントロールできそうか、できないのかで理由を仕分けていきましょう。

自分に合う判断をする方法

辞めたい理由を仕分けたら、あとは自分に合う判断をするだけです。

その判断方法についてお話していきます。

自分でコントロールできる理由の場合

辞めたい理由が自分でコントロールできそうなら、もう少し今の会社でがんばったほうがいいですね。

それはあなた自身の課題だからです。

仕事が面白くないのは思うような成果が出てなかったり、仕事に慣れてないからだったりしませんか?

正直な話、僕はそうでした。

面接のときに聞いてた仕事内容と実際に任されたことは違ってたし、会社の独特なルールにも慣れないしで「もう辞めたい状態」になってました。

だけど冷静になって考えてみたら、僕は逃げたいだけだったんです。

このまま何もせずに逃げたら次の職場や新しい働き方を見つけたとしても、同じように上手くいかなかったら同じように逃げるようになると思ったので仕事を続けることにしました。

もし「思うような成果が出ないから」とか「会社に慣れないから」という理由で会社を辞めてたとしたら、僕はジョブホッパーに間違いなくなってたと思います。

また職場の人間関係もそうです。

半年も経過していないのに上司や同僚と気が合わないと判断するのは時期尚早です。

学校で友だちができるときでも半年経ってからできることだって普通にあるし、顔は知ってたし挨拶くらいはする程度だった人が1年後には大親友になることだってあります。

半年で見切りをつけるのではなく、最低1年間くらいは付き合ってみるといいですね。

ただ!!!

クラッシャー上司やパワハラ上司が職場にいるなら話は別です。

そういう人たちは自分でコントロールできないし、従順に指示に従ってても肉体的にも精神的にも疲弊していくだけです。

そんな上司がいるような職場なら無理しないで新しい環境を探しましょう。

自分でコントロールできない理由の場合

自分でコントロールできない理由なら、半年だろうがなんだろうが辞めたほうがいいです。

「キャリアプランが見えない」とか「スキルアップできない」とか「言われてた仕事と実際に任された仕事が違う」などがそうです。

これらが理由なら今の会社でどれだけ頑張っても解決できないし、自分が求めてるものがないのに続ける意味なんてありません。

北海道旅行に行きたいのに、沖縄行きの飛行機に乗ってるようなものです。

辞めたい理由が自分ではどうすることもできないのなら、次の働き方を探しましょう。

ただ「給料が安い」という理由なら、それは今の給料なので上司や先輩たち(このまま仕事を続けたら自分がなりそうなポジションの人)の大体の給料を把握してから判断しましょう。

この部分が自分が求めてる働き方

実は自分でコントロールできない理由こそ、自分が求めてる働き方なんです。

なので、それが実現できそうな会社や働き方を見つけたほうがいいですね。

僕の場合だと「時間」と「お金」の両方を手に入れられる働き方でした。

お金がたくさんあっても働きまくってて使う時間がないなら消化不慮だし、時間はあってもお金がないならカップヌードルを食べながらYouTubeを見るくらいの生活しかできません。

僕は自分にとって最適な「時間とお金のバランス」を保てるような働き方がしたかったんです。

そんな感じで探してたら「ブログアフィリエイト」を見つけました。

ブログ収入を軌道に乗せるまでが大変そうだとは思ったけど、流れに乗ってしまえばブログがお金を稼いでくれるし、必要なものはパソコンとWi-Fiだけなので、好きな時間に好きな場所でシゴトできるのが魅力だったんです。

僕は手始めに複業でブログアフィリエイトを始めて4ヶ月後に月収11万円、その4ヶ月後にはサラリーマンの給料以上を稼げたので、会社を辞めました。

現在では自分でブログ運営をしながら個人ブログや法人サイトのコンサルなどをするフリーランスとして活動してます。

会社員時代に求めていた働き方が実現できてるのは。仕事を辞めたい理由を明確にして仕分けたからです。

なので転職半年で会社を辞めたくなったのなら、感情的にはならずに冷静になって理由を仕分けてから判断しましょう。

感情的になるのは危険!

今回は、「転職半年で「もう辞めたい…」と思ったら理由を仕分けしてから判断しよう」をテーマにお話しました。

転職して半年は仕事は上手くいかないし、会社にも慣れないしで大変な時期です。

だけど一時の感情だけで会社を辞めてしまうのは危険です。

辞めたい理由を明確にして、仕分けしてから判断をしていきましょう。

 

 


 

 


 

OTHER POSTS