悪口ばかり言う職場や愚痴が多い会社にうんざりしてるひと

悪口や愚痴が多い職場には、うんざりします。

今は個人で働いてるので平穏な毎日を過ごしてるんですけど、
僕も会社員だったころは毎日のように聞かされてました。

「上司がうざい。」
「あいつは使えない。」
「給料が安すぎる。」

こんな悪口や愚痴を聞くたびに、心底うんざりしてました。

言われても対応に困るし、モチベーションは下がるし、気分も悪くなる。
良いことが1つもありません。

なので僕は、そんな状況を打破するために色々とやってみたんです。

今回は僕が実践して効果があった対処法をお話するので、
ぜひ参考にしていただければと思います。

悪口や愚痴が多い職場にいることのデメリット

悪口や愚痴の多い職場にいると、ストレスがめちゃくちゃ溜まります。
でもデメリットは、それだけではないんです。

仕事へのモチベーションが下がる

愚痴や悪口を聞いて、仕事のモチベーションは絶対に上がりません。

うちの会社の給料はなかなか上がらないぞ。
こんなに仕事してんのに評価されない…

こんな風に愚痴や悪口をずっと聞かされてたら、モチベーションは下がるだけです。

悪口や愚痴は人のやる気も奪います。

自分も同じようになる

腐ったみかんの方程式ってご存知ですか?

「みかん箱に腐ったみかんが1つあるだけで、周りのみかんも腐っていく」という話です。

愚痴や悪口が多い職場で働いてると、この話を同じようになります。
いつの間にか自分も愚痴や悪口を平気で言うようになってしまうんです。

愚痴、悪口がイヤだって言ってたけど、
これを誰かに話さら愚痴だよね。

良い環境でも悪い環境でも、影響を受けてしまうんです。

百害あって一利なし

結局…、悪口や愚痴ばかりの職場で働いてても良いことは1つもありません。

聞かされても対応に困るし、モチベーションも下がるし、
いつもまにか自分も悪口や愚痴を言うようになってしまう。

悪口や愚痴が多い職場で働くのは百害あって一利なしです。

悪口ばかり言う人の心理状況とは?

聞かされる側の気持ちを考えれば、悪口なんて言えません。

それなのに悪口を言う人は、
人の評価を下げたいとか仲間を作りたいなどの心理状況があるからです。

他人の評価を下げたい

よく当てはまるのが、他人の評価を下げたい心理状況です。

僕の会社員時代の話なんですけど、部長の悪口ばかり言ってくる先輩がいました。

「目標達成ができてないのは、部長のマネジメント力がないからなんだよ。」
「部長のスタンドプレーが俺たちを苦しめてる。な?そうだろ?」

こんな風に先輩は部長の悪口を言いまくってたんです。

どうして先輩は部長の悪口を徹底的に言いまくるのか不思議だったんですけど…。
先輩と仲の良い同僚から話を聞いて納得しました。

その先輩は部長の席を狙っていたんです。

ホント汚いてだと思うんですけど、
人の悪口を言って評価を下げようとする人ももいます。

マウンティングしてる

悪口が多い人は、マウンティング傾向もあります。

「あいつはホントに使えないヤツだ!」
これが典型的な例です。

「あいつはダメ=自分のほうが優れてる」と暗に言ってます。

仲間を作りたい

仲間を作るために悪口を使っているパターンもあります。

友だちになるには共感(似てる部分)が大切です。

「ミスチルが好き」
「野球が好き」
「ラフティングが好き」

こんな風に好きなモノが共通してると友だちになりやすいです。
その「共感」を生み出す方法として悪口を利用してるんです。

たとえば「C部長ってマジキモいよねぇ~」と言いふらし
「そうそう、マジそれなんだけど!」と話に花が咲く光景は職場でたまに見かけますよね。

仲間を作るためのきっかけが悪口になってるパターンです。

愚痴が多い人の心理状況とは?

つづいて、グチグチ言ってくる人の心理状況をお話します。

平気で愚痴を言える人は当事者意識がなかったり、
もっと評価してほしかったりするなどの心理状況があります。

当事者意識がない

当事者意識がなさすぎるパターンがホント多いです。

僕は会社員時代に営業をしてたんですけど、
結果を出てない同僚が僕にこんなことを言ってきました。

「お前はこんな時代遅れの商品をお客さんによく売れるよな。」
「開発も開発で俺らに売ってこいって言うなら、売れる商品を作れって話だよ」と。

自分の営業スキルは棚に上げ、すべての責任は商品なんだと言い放ったんです。
これは当事者意識がないから平気で言えます。

もし当事者意識があれば、自分に足りてない部分を考えますよね。
でも当事者意識がない人は、すべてを他責にするので、それが愚痴に変わるんです。

もっと評価をしてほしい

自分をもっと評価してほしいから愚痴を言う人もいます。

「こんなに仕事がんばってるのに、なんで上司から怒られないといけないの?」
「なんでこんなに給料が少ないの?」

こんな風に言ってしまうのは、
周りの人から認めてほしかったり、フォローしてほしかったりするからです。

思うように評価されてないから愚痴になってしまいます。

なので、かまってちゃん傾向もあるんです。

悪口や愚痴の多い職場に「うんざり」した時の対処法

悪口ばかり言う職場や愚痴が多い職場に心底うんざりしても、
振り切った行動をしづらいのが現実です。

部下への悪口が多い上司を無視したら、今度は自分がターゲットになるかもしれないし。
愚痴ばかりの同僚に注意したいけど、上から目線だと思われるのもイヤですよね。

なので僕は人間関係を維持しつつ、
悪口や愚痴を聞かされる頻度を減らせるようなハイブリッド型の対処法を実践してみました。

「共感」せずに受け流す

まず共感せずに受け流す対応をしてみました。

上司が「最近は残業続きで満足に休めてないわ~。しんどいわ~」とグチってきたら…。
「めちゃ大変ですね…。(しんみり風に)」と答えてみたり。

同僚が「上司の指示通りにやったのに怒られたわ。あいつ自分の指示の悪さに気づいとらん」と悪口を言ってきたら、
「そんなドラマがあったんやな」とか「そうだったんだ。大変だったな!」と切り返してみたり。

愚痴、悪口を聞き流してみよう!

そうしてみたら悪口や愚痴へのストレスは軽減されたし、
塩対応を繰り返してたら僕に言ってくる人は少なくなりました。

さすがに無視はリスクが高いので、共感せずに受け流すのが現実的な方法です。

話をポジティブに切り返す

塩対応を徹底したら悪口や愚痴を言ってくる人は少なくなったんですけど、まだいたんですよね。
それでも負けじと言ってくる人たちって。

なので、話をポジティブに切り返すのもやってみました。

「上司と気が合わない」と嘆く後輩に「じゃあ、どうやったら気が合うようになるの?」とか。
「今年の新入社員はホント使えない」と悪口を言う同僚に「使えるようにするために、何をしてるの?」など。

改善策を話し合える方向に持ってくのはどうだろう?

ほとんどの人は「悪口・愚痴⇒改善策」に移行するんですけど、
ポジティブさゼロな人だと「そんなことは知らん」とか「方法はない」と話は止まりました…。

すべての人に効果的ではありませんが、一定の成果はあります。

達観する

これは最終手段です。

上司が悪口を言ってても「最近忙しいのかな、疲れてるのかな」と思いやったり。
後輩がグチっても「まだ慣れてないんだな」と想像したりと。

きっと、みんなも大変なんだよね。

こんな風に相手を思いやるとストレスがなくなります。
(お坊さんの悟りのような境地ではありますが…。)

慣れないうちはツラいですが、
達観できれば悪口や愚痴をストレスなく対処できるようになれます。

それでも無理なら…

ご紹介した対処法を実践すれば、ストレスを軽減できるし、
仕事のモチベーションも下げられずにすみます。

でも職場から悪口や口が消えたわけではありません。

これからも少しは悪口や愚痴は聞かされるので、
今の環境で働いてるかぎり多少のストレスを抱え続けます。

もしそんな未来をイメージしたときに「それは無理!」と思ったのなら、
転職したり働き方を変えたりするのがおすすめです。

僕の場合

僕の場合は働き方を変えました。
会社員をしてたら付き合う人を選べないからです

スカッとジャパンに出てきそうなウザい上司や文句ばかりの同僚たちでも、
一緒に働くメンバーなので向き合わないといけません。

それが僕にとってストレスでしかありませんでした。

不毛な時間がこれからも続くと想像しただけで、
「マジで無理だわ…」と心底思ったんですよね。

なので僕は自分でビジネスしようと決意しました
(※詳しくはプロフィールをご覧ください。)

自分ひとりで収入を得られれば、
平穏な毎日を過ごせる!
ゆず
ゆず

そして色々と個人ビジネスを探してるなかで、
僕はブログアフィリエイトを見つけ、副業で始めてみました。

最初は苦戦しましたが4ヶ月後には月収10万円、
その4ヶ月後には月収30万円以上を得られたので会社を辞めました。

現在は個人で働いてるので、仕事に前向きな人たちとだけと付き合っています。
悪口や愚痴がない環境が、こんなにも居心地が良いとは思ってもいませんでした。

なので悪口や愚痴を聞きかされる毎日から開放されたいなら働く環境を変えましょう!

僕が副業でブログアフィリエイトを実践した話は下記ブログ記事でしてます。

気持ちよく働ける環境を作ろう!

今回は、悪口ばかり言う職場や愚痴が多い会社に「うんざり」した時の対処法をお話しました。

悪口ばかり言う職場や愚痴が多い会社って、本当にイヤなものです。
仕事に集中したいのに余計なことでイライラしたくはありません。

今回ご紹介した対処法を実践したり働く環境を変えたりして、
自分が気持ちよく働ける環境を作るのをおすすめします。

OTHER POSTS