ページ内リンクや内部リンクを設定してる人

WordPressでのページ内リンク(アンカー)内部リンクの設定方法を解説します。

ページ内リンク(アンカー)は、コンテンツ内の指定した場所に移動ができて、
内部リンクはブログ内の違う記事を見てもらえます。

設定するときの注意点もお話するので、参考にしてください。

ページ内リンクと内部リンクの違い

ページ内リンク(アンカー)とは、1つのコンテンツ内の好きな部分にジャンプさせることです。

「1つのコンテンツ内」
これがポイントです

たとえば、ブログ記事に目次をつけたい場合がそうです。
目次を作成してページ内リンクを挿入すれば、ユーザーが好きな部分から読めます。

【※ページ内リンクのイメージ】

ページ内リンク(アンカーリンク)の説明図

一方で内部リンクとは、コンテンツから別のコンテンツへとジャンプさせることです。

「ブログ記事A」から「ブログ記事B」に移動させる。
これが内部リンクです。

【※内部リンクの説明図】

内部リンクの説明図

ページ内リンク(アンカー)と内部リンクの違いは、
ページ内への移動」か「サイト内の別コンテンツへの移動」かです。

ページ内リンクの設定方法

それでは、ページ内リンク(アンカー)の設定方法を解説します。

プラグインを活用して設定する方法」と「手動で設定する方法」があります。

プラグイン「TinyMCE Advanced」での設定方法

ページ内リンク(アンカー)を設定するときに、便利なプラグインが「TinyMCE Advanced」です。

簡単にページ内リンクを設定できます。

ページ内リンク(アンカー)のスタート地点の設定

まずはページ内リンクのスタート地点となるテキストを選択します。

そして「リンクの挿入/編集」をクリックしてください。

ページ内リンク(アンカーリンク)の設定方法

リンク挿入画面が登場したら、「半角の#」を入力した後に「アルファベット」を入力します。
(※ひらがな・カタカナは不可)

アルファベットは、分かりやすい文字列でOKです。

他の文字列とカブらないようにしましょう!
不具合が起こる可能性があります。

ページ内リンクのゴール地点の設定

つぎにページ内リンクのリンク先(ゴール地点)を設定します。

リンク先にしたい部分を選択し、「アンカー」マークをクリックしてください。

WordPressのアンカーマーク

「ID」入力画面が登場したら、
先程スタート地点で設定したアルファベットの半角「#」を除いた文字列を入力します。

ページ内リンク(アンカーリンク)のリンク先の設定方法

OKをクリックすればページ内リンクの設定は完了です。

最後にページ内リンクのスタート地点とゴール地点(リンク先)が、
上手く連携してるかを確認しましょう!

リンク先に「イカリマーク」が表示されてたらOKです。

念のためにプレビューで確認するといいですね!

ページ内リンク(アンカーリンク)の設定完了画面

これでプラグインを活用したページ内リンク(アンカー)の設置は完了です。

手動での設定方法

つぎに手動でのページ内リンク設定方法を解説します。

WordPress投稿ページの「テキスト」画面を開いたら、
ページ内リンクを挿入したいテキスト部分(スタート地点)を下記の文字列で囲ってください。

<a href="#アルファベット">ページ内リンクを挿入したいテキスト</a>

先程の場合だと「<a href="#ka">ページ内リンク(アンカー)</a>」になります。

つぎにページ内リンク先(ゴール地点)を下記文字列で囲みます。

<a id="アルファベット"></a>ページ内リンク先のテキスト

先程の場合だと「<a id="ka"></a>注意点」になります。
これで手動でのページ内リンクの設置は完了です。

ページ内リンクを設定する時の注意点

ページ内リンクを設定する時の注意点は2つです。

半角「#」を忘れない

ページ内リンクのスタート地点を設定するとき、
半角の「#」をアルファベットの前に忘れずにつけましょう。

全角の「#」でも正しく機能しないので気をつけてください。

アルファベットがカブらないようにする

2つ目は、ページ内リンクのアルファベットをカブらないようにすることです。

他のアルファベットとカブると、正確にジャンプできない場合があります。

関連したアルファベットにするとカブりにくいです

目次にページ内リンクを挿入する場合

ページ内リンクの活用方法は、ほとんどが目次での利用だと思います。

プラグイン「TinyMCE Advanced」や「手動」でもページ内リンクを設置できますが、
1記事1記事を作業するのは手間です。

そんなときに便利なのが目次を自動生成して、
ページ内リンクも自動設置してくれるプラグイン「Table of Contents Plus」です。

目次のデザインも簡単にカスタマイズできます

プラグイン「Table of Contents Plus」の設定方法は下記ブログ記事で解説してます。

内部リンクの設定方法

続いて、内部リンクの設定方法を解説します。

内部リンクについても「プラグインを活用した方法」と「手動での設定方法」の2つあります。

プラグイン「TinyMCE Advanced」を導入

プラグイン「TinyMCE Advanced」を導入してるなら、
基本的にはページ内リンクの設定方法と同じです。

リンク挿入したいテキスト部分を選択して、
リンク挿入/編集」をクリックするとリンク挿入画面が登場します。

そこにリンク先のページURLを入力してください。

内部リンクの設定方法

「矢印マーク」をクリックすれば、内部リンクの設置は完了です。

またリンク挿入画面の「歯車マーク」をクリックすれば、
ジャンプしたいページの一覧が表示されるので、その中から選択してもOKです。

「リンクを新しいタブで開く」を設定できます。

内部リンクを歯車マークから設定する方法

「リンク追加」ボタンをクリックすれば、内部リンクの設置は完了です。

最後にプレビュー画面で確認して、無事にリンク先にジャンプできるか確認しましょう。

手動での設定方法

手動で内部リンクを設定する方法を解説していきます。

WordPress投稿ページの「テキスト」画面を開いたら、
内部リンクを挿入したいテキスト部分を下記の文字列で囲ってください。

<a href="コンテンツURL">内部リンクを挿入したいテキスト</a>

コンテンツURL部分にリンクさせたいURLを挿入したら、内部リンクの手動設定は完了です。

内部リンクを設定する時の注意点

内部リンクを設定する時の注意点は2つです。

・半角「#」は必要ない
・コンテンツとリンク先の関係性

ページ内リンクとは違い、
内部リンクの場合にはコンテンツURLの前に半角「#」は必要ありません。

また、コンテンツ情報とリンク先情報の関係性にも注意が必要です。

コンテンツと関連のない別コンテンツへリンクさせるのは、
Googleから低評価を受ける場合があります。

コンテンツ情報と関連性が高いリンク先を設置しましょう。

アンカーテキスト(リンクテキスト)名にも注意!

最後に「ページ内リンク」と「内部リンク」に共通する注意事項を解説します。

それは「アンカーテキスト(リンクテキスト)名」です。

アンカーテキストとは、
ページ内リンクや内部リンクを設置した場所(スタート地点)のテキスト名です。

アンカーテキスト名はユーザーだけではなく
Googleにとっても分かりやすいテキスト
にしましょう!

「こちらです」や「ここをクリック」
「リンク先と関係のないテキスト名」はやめましょう!

基本的には「コンテンツタイトル」や「ページ内リンク先のタイトル」でOKです。

たとえば内部リンク先がプラグイン「TinyMCE Advanced」に関する情報なら、
【プラグイン「TinyMCE Advanced」の設定方法を解説】のようなイメージです。

ユーザー目線だけなら「こちらをクリック」でも悪くはないですが、
「アンカーテキスト(リンクテキスト)名」にはGoogle目線も必要になります。

正確に設定して上位表示を狙おう!

今回は、WordPressでのページ内リンク(アンカー)と内部リンクの設定方法と注意点を解説しました。

「ページ内リンク(アンカー)」や「内部リンク」を正確に設定して、
ユーザービリティーを向上させサイト滞在時間を伸ばせば、Googleから優良サイトだと認識されます。

正確に設定して、上位表示を狙いましょう!

 

OTHER POSTS