WordPress(ワードプレス)ロゴ

WordPressでブログ記事を書く前に決めておくべきなのが「パーマリンク」です。

事前にパーマリンク設定をしておかないと後悔することになるので、忘れずに設定しておきましょう!

ただ、一言で「パーマリンク設定」と言ってもいろいろなな方法があります。

なので今回はWordPressでのパーマリンク設定をカスタム構造で実施する方法とSEOに最適なパーマリンクの決め方について解説していきます。

※今回の場合の「SEOに最適」は、Googleが推奨してるサイト構造やURL設定方法から推測してます。

パーマリンクとは?

パーマリンクとはURL内の「https://uzu-official-style.com/?p=123(ここ!)」です。

もう少し説明するとURLの構造は「https://ドメイン名/パーマリンク」となってるんですけど、このパーマリンク部分をブログ記事を書く前に設定する必要があるんです。

というのもWordPressでのデフォルト状態のパーマリンクは「?p=123」です。シンプルに「これって何の記事かわからない…」ですよね。

ブログ訪問者Google側、そしてブログ運営者などブログに関わる誰ひとりとして何の記事か分からないし、誰にも優しくもなくめちゃ不親切なパーマリンクですよね。

だからこそパーマリンク設定はブログ記事を書く前に設定して、ブログ訪問者にとってもGoogleにとってもブログ運営者にとっても最適にしておく必要があるんです。

パーマリンクを最初に設定すべき「もう1つ」の理由

パーマリンクはブログ記事を書く前に設定する理由は、先ほどの理由もありますが…。

もう1つの理由は「途中で変更したら台無しになる」ということです。

つまり、ブログ記事を公開してブログ運営を始めたら「パーマリンクの再設定はしないほうが良い」ということです。

というのもパーマリンクを変更すると「すべてがゼロ(リセット)」になるんです。つまり新しい記事としてGoogleに認識されて、再度インデックスするというカタチになってしまうんです。

せっかくインデックスして上位表示できてたら大変なことになりますよね…。

だからこそ、ブログ記事を書く前にWordPress内で最適なパーマリンク設定をする必要があるんです。

ドメイン&パーマリンク

WordPressのパーマリンク設定でSEOに最適な決め方

ではWordPressのパーマリンク設定でSEOに最適な決め方とはどんな感じなのか。

それは「Googleが推奨してる決め方」です。

というのもGoogleの検索エンジンは世界で一番多く利用されてますし、ブログ記事を公開するのもGoogleのインデックスがメインです。

なのでGoogleが推奨してる決め方がSEOに最適なのは間違いないですよね!

それではGoogleが推奨してるパーマリンク設定方法についてお話ししていきます。

Googleが推奨するサイト構造

まずGoogleが推奨するサイト構造を引用しますので、読んでみてください。

 

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

 

ここからSEOに最適なサイト構造の要素は…。

  • できる限りシンプルなURL。
  • 論理的かつ人間が理解できるURL。
  • URLを見れば何の情報が書いてあるか分かる。
  • 区切り記号を使用する(※その際にアンダーバーではなくハイフンを利用する)

ここまでの情報だけでもパーマリンクをどのように設定したら良いかイメージできますよね!

Googleが推奨するURLの設定方法

では続いてGoogleが推奨するURLの設定方法を引用します。

 

コンテンツの情報を伝えるわかりやすい URL
ウェブサイトのドキュメントにわかりやすいカテゴリやファイル名を使用すると、サイトを効果的に整理できるだけでなく、コンテンツにリンクしようとするユーザーにとって、より簡単で「フレンドリー」な URL を作成することができます。理解できる単語がほとんどなく、極端に長い暗号のような URL は、訪問者を困惑させることがあります。

 

ここでもブログ訪問者(ユーザー)にとって「より簡単でフレンドリー」なURLだと記載があります。

 

URL は検索結果に表示される
通常、ドキュメントの URL は Google の検索結果でドキュメントのタイトルの下に表示されることを忘れないようにしましょう。
複雑な URL であっても、Google はあらゆるタイプの URL 構造を適切にクロールできますが、時間をとって URL をできるだけ簡潔にしておくことをおすすめします。
おすすめの方法
URL で単語を使用する
サイトのコンテンツや構造に関連する単語を含む URL は、サイトを閲覧するユーザーにとってより親切になります。

 

これらからSEOに最適なパーマリンクの設定方法の要素はまとめてみます。

  • より簡単で分かりやすいURL
  • できるだけ簡潔にしたURL
  • ブログコンテンツや構造に関連する英単語を利用する

前述のGoogleのサイト構造の考え方と似てますよね!

SEOに最適なパーマリンクの決め方まとめ

これらのGoogleが推奨する方法から、WordPressのパーマリンク設定でSEOに最適な決め方をまとめていきます。

 

SEOに最適なパーマリンク設定
  • どんなコンテンツなのかURLを見れば分かる。
  • シンプルで分かりやすいURL。

 

この2つを念頭において、パーマリンク設定をしていきましょう!

最適なパーマリンクの考え方

パーマリンクの最適なカスタム構造

SEOに最適なパーマリンクの決め方はわかったので、具体的にパーマリンクの最適なカスタム構造についてお話ししていきます。

 

ユーザー(ブログ訪問者)やGoogleにシンプルに分かりやすく、どのようなコンテンツなのか把握できるURLが最適なのは間違いないです。

 

・「https://ドメイン名/カテゴリー/コンテンツのキーワード(単語)
・「https://ドメイン名/カテゴリー/ブログ記事タイトルの短縮版

 

なのでWordPressでパーマリンク設定する際には、上記2つのカスタム構造をオススメします。

個人的には1つ目のカスタム構造が特にオススメです。

というのも「ブログ記事タイトルの短縮版」とは言えURLが長くなる可能性があります。そうなるとGoogleが推奨する設定方法とは方向性が異なりますよね…。

なので「https://ドメイン名/カテゴリー/コンテンツのキーワード(単語)」を基本にして、上手く意味が分かるように「コンテンツのキーワード(単語)」を繋げて完成させるほうが良いと思います。

パーマリンク設定での注意事項

念の為、パーマリンク設定する上での注意事項についてもまとめていきます。

 

パーマリンク設定での注意事項
  • コンテンツのキーワード(単語)を多用しない。
  • アンダーバーよりハイフンを利用する。
  • 長くて分かりにくいURLは避ける。
  • コンテンツと関係ないキーワード(単語)を含める。

 

パーマリンク設定する上でこれらの注意事項はしないようにしましょう。

WordPressのパーマリンク設定方法

では実際にWordPressでパーマリンク設定をしていきましょう!

まずはWordPressにログインして左側のコマンドの「設定」から「パーマリンク設定」をクリックしてください。

 

WordPressでパーマリンク設定するまでの手順

 

「パーマリンク設定」をクリックしたら下記画像のような画面に移行します。

カスタム構造」もここで設定が可能です。その前に大体ニュアンスで分かるかもですが、1つずつ「共通設定」の説明をしていきます!

※画像下で詳細の説明をしてます。

 

WordPressのパーマリンクを設定する方法

 

基本 ドメイン名+投稿数
日付と投稿名 ドメイン名+日付+投稿名(自分で決定)
月と投稿名 ドメイン名+投稿月+投稿名(自分で決定)
数字ベース ドメイン名+archives+数字(自分で決定)
投稿名 ドメイン名+投稿名(自分で決定)
カスタム構造 ドメイン名+「オリジナル設定」

 

今回は「カスタム構造」でパーマリンク設定を行うので、「カスタム構造」をクリックしてください。

カスタム構造でのパーマリンク設定方法

ではカスタム構造でのパーマリンク設定方法を解説していきます。

カスタム構造を選択して、スペース部分にオリジナルで設定をしていきます。

 

WordPressのパーマリンク設定をカスタム構造にする方法

 

そして先ほどオススメしたパーマリンク「https://ドメイン名/カテゴリー/コンテンツのキーワード(単語)」にする設定方法は下記のコードを挿入してください。

「/%category%/%postname%」※コピペ出来ます。

パーマリンクの内容を解説すると「%category%」がカテゴリー(ジャンル)で「%postname%」が投稿名です。この投稿名は自分で決定できるのでコンテンツのキーワード(単語)をブログ記事ごとで入力してください。

これでWordPressのパーマリンク設定は終了です。

パーマリンクは大切!

今回は『WordPressのパーマリンク設定はカスタム構造でSEOに最適な決め方をしよう!』をテーマに解説をしました。

パーマリンク設定はホント大切です。

「カテゴリー」部分はWordPress内で選択すれば自動的にパーマリンクが生成されますが「投稿名」はブログ記事ごとに自分で決定する必要があります。

ときにはめどくさくなることもあるかもしれませんが、ユーザー(ブログ訪問者)やGoogleにとってシンプルで分かりやすいパーマリンクの設定は怠らないようにしましょう。小さなことからコツコツとです(^^)

 

 


 

 


 

                僕が書きました。

 

ゆず

 

京都外国語大学を卒業し、約7年間の営業マン生活を経て、独立。

 

現在は、メディア運営をメインに個人ブログの収益化コンサルや法人サイトの集客サポートなどをしてます。

 

詳しいプロフィールはこちら

OTHER POSTS