今回は、【プラグイン】BackWPupのバックアップ詳細設定方法と保存先を解説します。

サーバーによってはバックアップを取ってくれてますが、取得しようとすると費用が発生する場合があります。

【プラグイン】BackWPupは無料でバックアップを取得できるのでおすすめです。

【プラグイン】BackWPupとは?

【プラグイン】BackWPupとは、運営するブログデータのバックアップを自動的に取得してくれる拡張機能です。

ブログ運営してるなかで意図せずデータが飛んでしまう可能性はゼロではありません。

ブログデータを失ってしまうと今まで作成したブログ記事や固定ページ、設定などすべてがリセットされてしまいます。

そんな最悪な状況にならないように【プラグイン】BackWPupでバックアップを取って、リスクヘッジしましょう!

【プラグイン】BackWPupの設定方法

それでは【プラグイン】BackWPupのWordPress設定方法を解説します。

WordPress管理画面「プラグイン」の「新規追加」をクリックして、キーワード欄に「BackWPup」を入力してください。

そして「今すぐインストール」をして「有効化」しましょう。

 

【プラグイン】BackWPupのインストール画面

 

これで【プラグイン】BackWPupのインストールは完了です。

バックアップの詳細設定方法

次にバックアップの詳細設定方法をしていきます。

WordPress管理画面に戻ると下のほうに「BackWPup」が登場してるのでクリックして、「新規ジョブ」をクリックしてください。

一般設定

まずは一般設定からです。

【※詳細は画像下で解説してます。】

【プラグイン】BackWPupの新規ジョブ設定画面

 

【入力画面の解説】

プラグイン「BackWPup」のジョブ名の決定画面

 

バックアップする内容は「データベース」「ファイル」「プラグイン」の3つがあれば問題ないですが、怖いならすべてバックアップしておきましょう。

また、各バックアップ項目は下記の通りです。

 

プラグイン「BackWPup」のバックアップ項目

 

つぎに「アーカイブ」の設定をします。

 

【※詳細は画像下で解説してます】

【プラグイン】BackWPupのアーカイブ部分の設定画面

 

【入力画面の解説】

プラグイン「BackWPup」のアーカイプ設定項目

 

つづいて「ジョブの転送先」と「ログファイル」の設定をします。

 

【※詳細は画像下で解説してます】

【プラグイン】BackWPupのジョブ転送先とログファイル設定画面

 

【入力画面の解説】

プラグイン「BackWPup」のバックアップ先の設定項目

 

メール送信元は「タイトル」で「ブログ名とバックアップエラー」だと分かるようにしましょう。

最後に忘れずに「変更を保存」をクリックしてください。

スケジュール設定

次にスケジュール設定をします。

 

【※詳細は画像下で解説してます】

【プラグイン】BackWPupのスケジュール設定画面

 

【入力画面の解説】

プラグイン「BackWPup」のスケジュールの設定項目

 

「スケジューラー」は毎日だとデータが増えすぎるので毎週がおすすめです。

また時間帯はサーバーへの負荷がかかるので、夜中2時~4時くらいまでが良いですね。

DBバックアップの設定

続いてDBバックアップの設定です。

【※詳細は画像下で解説してます】

【プラグイン】BackWPupのDBバックアップ設定画面

 

【入力画面の解説】

プラグイン「BackWPup」のDBバックアップの設定項目

最後に忘れずに「変更の保存」をクリックしてください。

ファイル、XMLエクスポート、プラグイン、DBチェックの設定

「ファイル」「XMLエクスポート」「プラグイン」「DBチェックの設定」は、デフォルト状態でOKです。

【プラグイン】BackWPupのファイル、XMLエクスポート、プラグイン、DBチェックの設定

宛先:フォルダーの設定

最後に「宛先:フォルダー設定」をします。

 

【※詳細は画像下で解説してます】

【プラグイン】BackWPupの宛先:フォルダーの設定画面

 

「バックアップを格納するフォルダー」は、デフォルト状態だと契約してるサーバーにバックアップされるので、保存先をDrop boxなどに変更したいなら、こちらで変更してください。

そして最後に忘れずに「変更を保存」をクリックしてください。

すべての設定が終了したら、設定した期間でバックアップが取得できてるかを確認しましょう!

 

【プラグイン】BackWPupのバックアップ確認画面

 

データが多い場合だと時間がかかることがあります。

バックアップの保存先を解説

【プラグイン】BackWPupでバックアップを取得しても、保存先が不明だと意味がないので把握しておきましょう。

WordPress管理画面「BackWPup」の「バックアップ」をクリックしてください。

 

【プラグイン】BackWPupのバックアップ保存先の確認画面

 

フォルダー部分を見てみると「サーバーユーザ名+ドメイン名+public_html+wp-content+バックアップを格納するフォルダー名」になってます。

こちらが保存先です。

データの確認方法

実際のデータ確認方法は、FFFTPソフトで確認できます。

FFFTPソフトを開き「サーバーユーザ名+ドメイン名」⇒「public_html」⇒「wp-content」⇒「バックアップを格納するフォルダー名」の順番にクリックしてくと、バックアップデータを確認できます。

 

FFFTPソフトでのバックアップデータ確認画面

 

【プラグイン】BackWPupの設定が完了したら、念のために1度バックアップデータを確認するといいですね!

FFFTPソフトが未導入の場合は下記ブログ記事で解説してます。

バックアップは定期的に確認しよう!

今回は、【プラグイン】BackWPupのバックアップの詳細設定方法と保存先を解説しました。

これでバックアップできてますが、エラーになってないか定期的に確認しましょう。

 

 


 

 


 

OTHER POSTS