美容ブログを始めようと思ってる人

今も昔も老若男女問わず、いつまでも綺麗でいたいし、若くいたいと思うものです。

なので美容ブログは検索ボリュームが期待できるので、アドセンス広告だけでも十分な収益を得られます。

 

ですが、美容ブログ記事を書くときには注意点があります。

 

それを無視して美容ブログを運営してると罰則を受けたり、育て上げた美容ブログを閉鎖せざるを得ない状況になったりする可能性もあるんですよね。

 

今回は、美容ブログを始めようと思ってる方に、「アドセンス広告で収益化する時の記事の書き方」と「注意点」を解説するので、参考にしてみてください。

美容ブログは好条件が揃ってる!

ブログをGoogleアドセンス広告で収益化する場合には、「アクセス数」が重要です。

 

アドセンス広告は「1クリック@20円~30円程度」で、クリック率(ページCTR)は「2~3%程度」です。

1日1,000PV集めたとしても、「400円~600円くらい」にしかなりません。

なのでアドセンス広告で十分な収益を得たいなら、1日1万PV以上は集めたいんですよね。

 

ただ、美容ブログにはその条件が揃ってます。

老若男女をターゲットにできる

商品にもよりますが、基本的には老若男女をターゲットにできるのが美容ブログです。

 

旅行ブログや映画ブログ、キャンプブログや日記ブログなど様々な趣味ブログがありますが、その中でも一番ターゲットが広いのが美容ブログなんです。

今も昔も誰だっていつまでも綺麗でいたいし、若々しくいたいですからね!

 

実際にテレビCMや通販番組を見ても、美容・健康系商品は必ず紹介されてます。

 

美容ブログは検索ボリュームが期待できるので、アドセンス広告での収益化も十分に可能なんです。

商品のサイクルが早い

美容・健康系の商品サイクルって早いですよね。

 

それがどうした?」と思われるかもしれませんが、ブログ運営者にとってはありがたいことなんです。

 

ブログにアクセスを集めるには、検索エンジン上(GoogleやYahoo!)でブログ記事が上位表示される必要があります。

 

では、どうすれば上位表示できるのか?

 

いくつか方法はあるんですけど、鉄板は「新規キーワードを狙うこと」です。

 

「新規キーワード」とは、今までに存在してなかったキーワードです。

 

つまり、検索エンジン上に該当するキーワードがないので、必然的にライバルサイトも少なく、上位表示できる可能性が高いんですよね。

 

新商品=新規キーワード」なので、美容ブログはアクセスを集めるチャンスが多いですし、ブログ初期から多くのアクセスを集められるんですよね。

 

また、商品のサイクルが早いので「ネタ」にも困りません。

色々な趣味ブログがありますが、ブログ運営歴が長くなると「ネタ不足問題」に直面するときがあります。

 

その点、美容ブログなら商品サイクルが早いので「ネタがない!」状態にはなりにくいんです。

美容系ブログにはルールがある!

美容ブログには、法的ルールがあります。

 

それは「薬機法(旧薬事法)」です。

 

この「薬機法(旧薬事法)」のなかに美容ブログのメインネタになるであろう「化粧品」も含まれてるので、気をつけないといけません。

 

もし「薬機法」に反すれば、「最大で5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金」です。

重たすぎですよね…。

 

なので「薬機法」には必ず目を通し、運営する美容ブログに関連しそうな項目はチェックして、ノートにまとめておくといいですね!

 

特にコンテンツ内容の書き方には注意してください。

過度な表現」や「誤解されそうな効果の説明」をしてると、違反になる可能性は十分にあります。

 

参考までに化粧品の「適正広告ガイドライン」のリンクを掲載いたします。

 

 

上記には表現方法の「認められる事例」と「認められない事例」なども含まれてるので、熟読しておくといいですね。

 

また、Googleアドセンスの規約にもヘルスケアについて下記ルールがあります。

 

ヘルスケアに関連するコンテンツ
ポリシーについて

ヘルスケアと医薬品に関する各地の法律や規制を遵守するため、ヘルスケアに関連した特定のコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可されません。たとえば、次のようなコンテンツが該当します。

処方薬のオンライン販売。これには次のような例があります。
処方薬の販売(アフィリエイト プログラムを経由する場合を含む)
オンライン薬局
オンラインのドラッグストアや薬局へユーザーを誘導することを主な目的とするページ
未承認の医薬品とサプリメントの販売。これには次のような例があります。
禁止されている医薬品とサプリメントのリストにあるすべての商品(エフェドラを含有する商品など。なお、このリストは禁止対象商品をすべて網羅しているわけではありません)
医薬品有効成分や危険な成分を含有するハーブ系サプリメントや栄養補助食品
未承認の医薬品やサプリメント、または規制薬物と混同される可能性がある名前の商品

 

美容ブログで市販薬を販売したり、情報明記したりするだけならOKですが、怪しい商品ならアウトです。

 

美容ブログを運営するときには、厳格なルール(薬機法とアドセンスポリシー)があるのを決して忘れないでくださいね!

美容ブログはルールを守ればブルーオーシャン

美容ブログを運営するには、厳守すべきルールがあります。

 

少し大変ですが、それはチャンスでもあるんです。

 

ぶっちゃけ…、ブログ運営を始める人の多くは、簡単に収入を得たいと思ってます

 

なので薬機法を読んだり、表現方法を1つ1つ調べたりする必要がある美容系ジャンルを選ぶ人って少ないんですよね。

 

また、美容系ブログのなかにはグレーゾーンの表現をしてるサイトもあるので、検索エンジン上での上位表示の入れ替えも頻繁にあります。

 

つまり、美容ブログは「参入障壁が高い」のでライバルは少ないし、ルールを守ってブログ運営してれば上位表示され続けるので、「資産性の高いブログ」にできるんです。

 

美容ブログはルールさえ守ればブルーオーシャンなので、十分な収益を確保できるんです。

ブルーオーシャンを楽しんでる人

美容ブログ記事の書き方

それでは、美容系ブログ記事の書き方を解説します。

 

  1. ネタ選定
  2. タイトル&キーワード選定
  3. ブログ記事内容の書き方

 

この3パートに分けてお話していきますね!

ネタ選定

美容ブログはネタの宝庫です。

 

  • 化粧水
  • 乳液
  • シートマスク
  • アイライン
  • マニュキュア

 

「スキンケア」や「メイクアップ」、「ネイル系」や「ヘアー系」など、他にもたくさんあるのでネタには困りません。

 

なので、まずは愛用してる商品をネタにすると良いですね!

 

もしネタに困ったとしても「フェイバー」や「アットコスメ」、「コスメランド」や「ラテコスメ」などの情報サイトを参考にすればOKです。

 

また美容系商品だけではなく、美容に関するネタでもOKです。

「運動」や「食事メニュー」、「肌ケア方法」や「美容に良い習慣&情報」でも良いですよね!

 

ライバルチェックをしながら、自分の強みが出せるネタを中心に選びましょう。

 

ライバルチェック方法は、下記ブログ記事で解説してます。

タイトル&キーワード選定

つぎにタイトルとキーワード選定を解説します。

 

基本的には「感想」や「レビュー」、「使い方」や「購入方法」など。

自分が「新しい化粧品」や「スキンケア商品」を買うときに、気になるキーワードを選ぶといいですね。

 

また「肌ケア方法」や「美容に関する情報」をネタにするなら、「ユーザーの悩み」や「解決できること」などをキーワードに選びましょう。

 

ただ、注意点があります。

 

それは「色々と詰め込みすぎない」です。

 

「使い方」をメインキーワードにしてるのに、「購入方法」までタイトルに盛り込んでしまったら、検索ニーズが分散されてしまいます。

使い方を調べてから購入する人もいますが、大半の人たちは購入してから使い方を調べますよね。

 

こんな風に「キーワード同士の相性」には気をつけてください。

 

基本的なタイトル作成方法とキーワード選定方法は、下記ブログ記事で解説してます。

記事内容の書き方

ブログ記事内容の書き方は、基本的にご自身の感想になると思います。

むずかしく考えずに、思ったままを書けばOKです!

 

・「使い方」なら、自分の使い方をまとめる。
・「レビュー」や「感想」なら、自分が使う前に気になってたコトや実際に使ってみた感想など。

 

個人ブログなので、そこまで硬くなる必要はありません。

分かりやすい構成で、ユーザーが読みやすい文章を丁寧に書いていきましょう。

 

ただ…、「薬機法」に触れるような表現方法は避けてください。

ホワイトニング効果」や「しみ・そばかすを防ぐ」、「傷んだ髪が回復する」や「敏感肌でも使えます」…など。

これらの表現はガイドラインで認められてないので、使うのは止めましょう!

 

また「※あくまでも個人の感想です。一定の効果を保証するものではありません」と使えばOK!

みたいなイメージはありますが…。

 

これもガイドラインで認められてる表現のみに有効なだけで、認められてない表現にこの一文を足したからと言って許されるわけではありません。

 

先程のガイドラインには、他のNG表現方法についても明記されてるので、使いたい表現がNGかどうかは必ず確認しましょう!

ガイドラインは遵守しよう!

今回は、美容ブログをアドセンス広告で収益化する時の記事の書き方と注意点を解説しました。

 

美容ブログにはGoogleアドセンスで収益化するための好条件が揃ってます。

ですが、「薬機法」のガイドラインは遵守しなくてはいけません。

 

他の趣味ブログと比べると労力は必要ですが、その分「参入障壁が高い」ので、ライバルは少ないし、資産ブログになる可能性も高いです。

ガイドラインを遵守しながら、美容ブログを運営していきましょう!

 

 


 

 


 

OTHER POSTS