トレンドアフィリエイトのライバルチェック

トレンドアフィリエイト(雑記ブログ)でも特化ブログでも、ライバルチェックはとても大切です。

 

アクセス数が期待できるネタを書いても、検索エンジン上にネタに関する情報が溢れかえっていたら、思うようにPVは集められません。

せっかく書いたのに、アクセスが集まらないのはツラいですよね。

 

今回は、トレンドアフィリエイトのライバルチェック方法を実演解説していきます。

そのなかでポイント注意点などもお話するので、参考にしてみてください。

ライバルチェックをする時の2つのポイント

ライバルチェックとは、自分が書いたブログ記事が上位表示できる可能性があるかどうかの場チェックをすることです。

 

狙いたい「ネタ」や「キーワード」でブログ記事を書いても、ライバルサイトたちが強すぎだったら上位表示できません。

 

なのでブログ記事を書くまえに、「自分のブログでも上位表示できそうか?」を調査しましょう。

 

ライバルチェックチェックする時に、見るべきポイントは2つです。

ブログ(サイト)の強さをチェック

まずは、ライバルブログ(サイト)自体の強さをチェックしましょう。

 

チェックポイント
  • ドメイン
  • サイト名
  • ブログ記事数(※コンテンツ数)
  • ブログ運営歴
  • アクセス数(ランキングなどがあれば…)
  • ドメインパワーチェック(※チェックツールを活用)

 

ブログ(サイト)自体の強さは、「検索エンジンからどれだけの信頼を獲得してるか」と言い換えられます。

 

なので、誰が運営してるか分からない個人ブログよりも、大手ニュースサイトNAVER まとめなど、企業サイトのほうが上位表示されやすいんです。

 

また「不定期更新で3ヶ月間だけ運営してる個人ブログ」か「毎日更新で1年以上は運営してる個人ブログ」のどちらが検索エンジンから信頼されるかというと、圧倒的に後者ですよね。

信頼を勝ち取るには、インターネット上でもリアルな世界でも、あまり大差はないんです。

 

なので、「自分が運営するブログ」と「ライバルブログ」のどちらが検索エンジンから信頼されてそうか考えてみましょう!

 

強力なライバルサイトたち
  • 大手ニュース系サイト
    ・新聞系:スポニチ、スポーツ報知など
    ・週刊誌系:FRIDAY、週刊文春など
    ・検索エンジン系:Yahoo、Googleなど
    ・Web系:livedoorニュース、ナタリーなど
  • 大手まとめ系サイト
    ・NAVER まとめなど
    ・飲食系:ぐるなび、クックパッド
    ・旅行系:トリップアドバイザー、フォートラベルなど
  • 公式サイト&オフィシャルブログ

 

具体的なライバルチェック方法は、後ほど参考事例を交えて解説します。

ブログ記事単体の強さをチェック

つぎにブログ記事単体の強さもチェックします。

 

コンテンツのクオリティーですね。

 

チェックポイント
  • タイトル内のキーワード数
  • タイトル内のキーワード同士の関連度
  • タイトルとブログ記事内容が合ってるか。(※ちゃんと答えが用意されてるか)
  • 情報量(画像数も)
  • 公開日と更新日

 

ライバルブログの記事をチェックするときには、これら5つのポイントを大切にしてください。

 

これらに共有してるのは「検索者に適切な情報を提供できるコンテンツなのか?」です。

 

「キーワード連発のタイトル」なら、検索者に適切な情報を提供しようという気持ちは感じないし、タイトルに含まれるキーワードの情報がコンテンツ内にないなら、検索者はガッカリしますよね。

また「キーワード同士の関連度が低い」と検索者の満足度は低くなるし、完読してもらえなくなります。

 

なのでブログ記事単体の強さをチェックするときには、「自分が検索者になる」視点を持つといいですね。

 

狙いたいキーワードでググったときに、「自分が知りたい情報が網羅されてたり、満足できるコンテンツ内容なのか?

そういう視点で見れたら、ライバルチェックは上手くいきます。

 

キーワード同士の関連度については、下記ブログ記事で解説してます。

ライバルチェックを実演解説!

それではライバルチェックを実演解説していきます。

 

ライバルチェックするときには「Yahoo!!」がおすすめです。

検索窓のすぐ下に「関連キーワード」が表示されるので、ライバルチェックがしやすいんですよね!

ライバルチェックの一連の流れ

まずは、ライバルチェックの一連の流れをまとめます。

 

ステップは、3つです。

 

  • サイト名やドメイン名で「ブログ(サイト)自体の強さ」をチェック
  • 記事タイトルや公開日で「コンテンツ単体の強さ」をチェック
  • コンテンツを見て「クオリティー」をチェック

 

この流れでライバルチェックをしていきます。

メインキーワードのチェック

それでは各ステップを実演解説していきます。

まずは、書きたいネタのメインキーワードのライバルチェックからですね。

 

今回のネタは、人生で1度は挑戦してみたい「わんこそば」にします。

 

まずは、Yahooの検索窓に「わんこそば」と入力していきます。

 

【※わんこそばの検索結果】

ライバルチェックしながらメインキーワードの設定

 

関連キーワードには、「盛岡」「関東」「関西」「平均」がでてきますね。

 

!注意!
わんこそばのサジェストキーワードが「盛岡」「関東」「関西」「平均」だからとはいえ…。

いきなり「わんこそばの盛岡は関東?関西で食べれる平均は?」みたいなキーワード連発のタイトルNGです!

今回は分かりやすいネタ例ですが、他のネタだとキーワード連発してるタイトルは多いです。

注意しないといけないのは「わんこそば」について検索ニーズがあるのではなく「わんこそばの◯◯」に検索ニーズがあるんです。

ex)「わんこそばの作り方」「わんこそばを食べれる場所」など…。

 

また、Yahooの検索結果画面下でも関連キーワードはあるので、チェックしましょう!

 

【※わんこそばの検索結果】

ライバルチェックしながらメインキーワードの設定

 

先程の4つ以外にも「名古屋」「たち花」「大阪」「岩手」「東屋」「値段」など、関連キーワードがありました。

 

ポイント

Yahooの「関連キーワード」は、基本的に検索ボリューム順で並んでます。

この場合なら「盛岡」>「関東」>「関西」>「平均」>(~間は省略~)「値段」の順に、検索ボリュームは少なくなっていきます。

 

それでは上位の関連キーワード「盛岡」で、ライバルチェックをしていきます。

 

【※「わんこそば 盛岡」の検索結果画面】

ライバルチェックしながらメインキーワードの設定

 

ブログ(サイト)自体の強さをチェック

検索結果からチェックできるポイントは「サイト名」と「ドメイン」です。

タイトルからサイト名が分かるのが1番目の「東屋(あずまや)」と3番目の「Tap Trip」です。

そして、ドメインからサイト名が分かるのが4番目の「ぐるたび」ですね。

「そうですね、ライバル強そうですよね(笑)」

コンテンツ単体の強さをチェック

次に、コンテンツ単体の強さもチェックしましょう。

検索結果から分かるのは「タイトル内のキーワード数」と「キーワード同士の関連度」と「情報公開日 or 更新日」です。

まずはタイトル内のキーワード数から見ていきましょう!この場合の含まれてるべきキーワードは「わんこそば」と「盛岡」ですよね。

いずれの記事もキーワードの「わんこそば」は入ってます。

ですが、メインキーワード候補である「盛岡」は意外と2番目しかありません。「ひょっとしたら、ワンチャンイケるんじゃないか?」と思うかもしれませんが…。

 

チェック
そのままのキーワードがタイトルに含まれてなくても、類語が入ってたり、コンテンツ内に頻繁にキーワードが出現してるなら上位表示されます。
なので「キーワードがそのままタイトルに使われてないから狙ってみよう」はNGなので、注意してくださいね。

 

つづいて「キーワード同士の関連度」チェックしていきます。

これは4番目のぐるたび以外はバッチリですよね。

2番目の「暮らしーの」と3番目の「Tap Trip」は、「盛岡市でわんこそばに挑戦できるお店紹介」でキーワードが統一されてます。

「わんこそば 盛岡」と検索するひとたちは、盛岡市でわんこそば体験したいのは間違いないので、キーワードの関連度としては適切ですよね。

また、1番目の「東屋(あずまや)」は、盛岡市に本店があるわんこそば屋さんのホームページなので文句なし。

ただ、4番目の「ぐるたび」は、キーワードの関連度は低めですが、それはドメインコンテンツ内容でカバーしてるんでしょう(笑)

最後に「情報の公開日 or 更新日」をチェックしましょう。

2番目の「暮らしーの」と3番目の「Tap Trip」は記載してありますね。この日時が現在と近ければ近いほど、新しい情報だと認識されるので、チェックしておきましょうね。

ちなみにドメイン自体の強さを数値化できるツールは、こちらをご参考にどうぞ!

コンテンツ内容をチェック

それではコンテンツ内容のクオリティーをチェックしてみましょう。

「東屋(あずまや)」は盛岡市に本店を構えるわんこそば屋さんのホームページ。

4番目の「ぐるたび」は「ぐるなび」の姉妹サイト。そんな「ぐるたび」より上位表示されてる2番目の「暮らしーの」と3番目の「Tap Trip」は、文字情報も画像情報も満載。

僕が「岩手県盛岡市にわんこそばを食べに行きたい!」とググったときに、これらの情報が出てくれば十分でした(笑)

「わんこそば 盛岡」では勝てそうにないので、メインキーワードの次のキーワードなら勝てそうなのか、チェックしていきます。

トレンドアフィリエイトのライバルチェックに少し疲れてる様子

キーワード2語目をチェック

「わんこそば 盛岡」で絶対的に勝てそうではありませんでした…(笑)

なので、「わんこそば 盛岡」では個人ブログでは上位表示できなさそうなフィールドなので、次のキーワードをチェックしていきましょう!

 

【「わんこそば 盛岡」の次のキーワード候補たち※検索窓下】

ライバルチェックしながらメインキーワードの次のキーワードを選定

 

【「わんこそば 盛岡」の次のキーワード候補たち※検索画面下】

ライバルチェックしながらメインキーワードの次のキーワードを選定

 

様々な2語目のキーワードたちが出現してます。

もちろん、1つずつ検索すればライバルチェックできますが…。時間がかかるので、一旦検索者目線で考えてみましょう!

わんこそば 盛岡 料金」と調べるひとたちって、盛岡でわんこそば体験をするときの料金が知りたいひとたちですよね。お店限定ではなく、わんこそばの相場はいくらなのかを知りたいひとたちも多いんだと思います。

わんこそば 盛岡駅」は、盛岡駅でサクッとわんこそば体験できるお店を知りたいひとたち。

わんこそば 盛岡 東屋」と「わんこそば 盛岡 初駒」は、わんこそば体験したいお店名が決まってて、特定のお店に関する情報を知りたいひとたちですよね。つまり、ホームページ情報がほしいひとたち。

わんこそば 盛岡 ランキング」と「わんこそば 盛岡 おすすめ」は、わんこそば体験したいんだけど、お店は決まってないから、お店情報の一覧が知りたいひとたち。

わんこそば 盛岡 大会」は、わんこそばに自信があるひとたちが大会出場したいからと検索してて、「わんこそば 盛岡 ツアー」は、ツアーでわんこそば体験をしたいひとたちです。

わんこそば 盛岡 予約」は、わんこそば体験するのに予約がいるかどうかを知りたいひとたちです。もし、予約をしたいのなら「わんこそば 店名(東屋など) 予約」や「わんこそば 店名(東屋など) 予約方法」と検索しますよね。

わんこそば 盛岡 子供」は、わんこそばの子供料金だったり、そもそも子供でもチャレンジできるのかを知りたいひとたちです。

 

ポイント
サジェストキーワードだけに頼るのではなく、自分でも検索者目線になって検索ニーズをイメージしましょう。別にそれが正解かどうかは関係ありません
サジェストキーワードとは、顕在化してる検索ニーズなので必然的にライバルは多くなります。
そんなフィールドで上位表示させたりアクセスを集めるためには、自分でも検索者目線になって「このサジェストキーワードで調べるひとたちは、これについても知りたいんじゃないか?」とイメージしたり仮説を立てることです。
それが出来るようになれば「ずらし」も簡単になるし「オリジナル性」も比較的容易にできるようになります。

 

今回の2語目キーワードは「子供」にしようと思います。

なぜなら、他のキーワード候補たちは「お店」や「飲食系まとめサイト※ぐるなび、じゃらん等」で調べたほうが検索者にとっても健全ですよね。

なので、比較的ライバルが少なさそうな「子供」に決めました。

キーワード3語目をチェック

「わんこそば 盛岡 子供」まで決定したので、キーワード3語目を決めていきましょう!

 

【「わんこそば 盛岡 子供」の検索結果】

ライバルチェックしながらメインキーワードの3語目のキーワードを選定

 

まず1番目に表示されてるのは個人ブログです。大手ニュースサイトと比較するとブログ自体の強さは劣ります。

ブログ記事単体の強さは、タイトル内に「わんこそば 盛岡 子供」がすべて網羅されて、記事クオリティーも体験談風の記事でテキスト情報も画像情報も多く、とても素敵な記事でした。

つづいて2番目に表示されてるサイトは、2回目の登場「Tap Trip」です。きっとわんこそばに強い系のサイトなんでしょうね。

またコンテンツ単体の強さですが、実はこのコンテンツは「わんこそば 盛岡」で3番目に表示されてたコンテンツと同じです。

 

【「わんこそば 盛岡」の検索結果画面】

ライバルチェックしながらメインキーワードの設定

 

なので、コンテンツ内容も1番目のブログと比較すると「子供」というキーワードにあまり触れてません

どちらかというと「わんこそば 盛岡 おすすめ」とか「わんこそば 盛岡 ランキング」などのキーワードで検索した人向けのコンテンツです。

そして、3番目は「じゃらん」です。ブログ(サイト)自体の強さは文句のつけようがありません。

コンテンツ単体の強さは「東屋」の口コミ情報でした。「じゃらん」のオリジナルコンテンツではないので、コンテンツ単体の強さはあるとは思えませんね。

「わんこそば 盛岡 子供」の上位3つがこんな感じなのでワンチャンありそうなので、1ページ目に表示されてる他のライバルコンテンツのチェックをしてみると…。

 

【「わんこそば 盛岡 子供」の上位3つ下の結果】

ライバルチェックしながらメインキーワードの3語目のキーワードを選定

 

ブログ(サイト)自体は強そうだけど、コンテンツ単体のクオリティーはオリジナル性がない口コミだったり、「わんこそば 盛岡 子供」関係ない情報が多い。

つまり、コンテンツを充実させれば十分に勝てる可能性はありますよね!!!

 

大切!

コンテンツファースト」という考え方が基本です。

「ブログ(サイト)自体の信頼性が高いけど、キーワードに沿ってないコンテンツ」

「ブログ(サイト)自体の信頼性は低めだけど、キーワードに沿ってるコンテンツ」

この2つなら、圧倒的に後者が上位表示されます。
リアルな世界でもブランド力があるからといって、必要のない商品やサービスは要らないですよね。それと同じ考え方です。
なので、十分に「わんこそば 盛岡 子供」なら勝てそうなので、これらのキーワードを軸にタイトル作成をしていきましょう!

最終チェック

では、「わんこそば」をネタに「盛岡 子供」をキーワードして、タイトル作成をしていきます。

  • 「盛岡市内で家族(子供有り)でわんこそばを楽しめるお店まとめ!」(※31文字)
  • 「盛岡市内でわんこそば体験できるお店の子ども料金ランキング!」(※29文字)
  • 「盛岡市内のわんこそばは大人料金と子供料金や幼児料金は同じなの?」(※31文字)

これら3つくらいがサクッと思いつきました。

そして、これらのタイトルで本当に勝負ができそうなのか、最終チェックしていきます。

1番目のタイトルなら「わんこそば 盛岡市 子供 」と「楽しめる」。

2番目のタイトルなら「わんこそば 盛岡市 子供 」と「料金 ランキング」。

3番目のタイトルなら「わんこそば 盛岡市 子供」と「子供料金 幼児料金」。

このように 「わんこそば 盛岡市 子供」と「◯◯」で検索してみて、ライバルがいなさそうなら狙っていきましょう!

 

【「わんこそば 盛岡 子供料金 まとめ」の検索結果※2018年12月23日現在】

ライバルチェックしながらタイトル作成の最終チェック

 

なので、「盛岡市内でわんこそば体験できるお店の子ども料金ランキング!」というタイトルで書けば上位表示される可能性はグッと高くなります。

以上、ライバルチェック方法を一連の流れで解説しました。

勝てそうなら勝負しよう!

今回は、トレンドアフィリエイトのライバルチェック方法を一連の流れで解説しました。

ライバルチェックとは「市場調査」です。

今回の一連の流れでは「ブログ(サイト)自体の強さ」と「コンテンツ単体の強さ」の両方で勝てそうな市場を探すライバルチェックをしましたが、常に2つとも勝ってる必要などありません。

「ブログ(サイト)自体の強さ」がめちゃくちゃ強くても、コンテンツのクオリティーが低いなら、どんどん狙っていくべきだし。

逆に「ブログ(サイト)自体の強さ」が弱そうでも、コンテンツのクオリティーが高いなら、勝負するのは避けたほうが良いかもしれません。

つまり、ライバルチェックも「コンテンツファースト」で、ブログ(サイト)の強さを意識しすぎず、良い商品・良いサービス・良いコンテンツを持ってるなら、どんどん勝負していきましょう!

 

 

 


OTHER POSTS