映画のワンシーン

好きな映画を見て、その感想やレビューをブログに書いて、
広告収入を得られたら最高ですよね。

映画好きには堪らない!

でも簡単ではありません。

映画関連の大手サイト熱狂的な映画ファンが運営してるブログなど、
ライバルが多いジャンルなので工夫しないとアクセスを集められないんですよね。

なので映画ブログを書くなら
「タイトル作成」や「キーワード選定」がホント大切になってきます。

今回は映画ブログのタイトル作成キーワード選定を実演解説しながら注意点もお話します。
ぜひ参考にしてみてください。

映画ブログで収入を得るには?

映画ブログでも収入を得ることは可能です。

好きな映画のあらすじや出演者情報などを書いてアクセスを集め、
アドセンス広告やVODサービスを紹介すれば収入を得られます。

ただ簡単じゃないんですよね。

大手映画サイトや熱狂的な映画ファンのサイトもあるので、
そっちにアクセスが集中してしまいます。

とくに初期ブログはドメインパワーが弱いので、
勝てる可能性はなかなかの低さです。

なので映画ブログで収入を得るには明確な戦略が必要です。

・映画ジャンル
・ブログのターゲット設定
・タイトル&キーワード選定

好きな映画でブログ収入を得るためにこの3つを徹底的に考えましょう!

映画のジャンルを決める

ターゲットが明確なひと

まずは映画のジャンルを決めましょう。
映画には大きく分けて3つのジャンルがあります。

・洋画
・邦画
・アニメ

ここからアクションやSF、サスペンスなどで細かく分けてくと、
ホント様々なジャンルがあります。

「じゃあ、どのブログジャンルが映画ブログに適してるのか?」

これはぶっちゃけ…どれでもOKです。

あえて言うなら「地上波でも放送されそうか?」を意識したほうが良いですね。

映画の上映期間と地上波放送で
ダブルのアクセスチャンスがあります!

また好きな映画ジャンルを書くのもおすすめです。

インターネット上には映画の公式HPや大手競合サイト、
熱狂的な映画ファンのブログなどが溢れかえってます。

初期ブログではこれらのサイトより勝つのは難しいので、
長期的な視点でのブログ運営が必要になってきます。

ちょっとニッチな映画なら初期ブログでもアクセスを集められますし、
好きな映画ならストレスなく続けられますよね。

好きを軸にして映画のジャンルを決めるのがおすすめです。

ターゲットを明確にする

つぎにターゲットを決めます。
「誰に向けて映画ブログ記事を書くのか?」をイメージしましょう。

・これから映画を見ようと思ってる人
・すでに映画を見て感想に共感して欲しい人
・映画には興味あるけど面白そうならVODで見たい人

この3つのターゲット像をブログ記事ごとで明確にすればOKです。

ターゲットを思い浮かべれば、
自然とキーワードが定まってきます。

【これから映画を見ようと思ってる人】
⇒「あらすじ」や「キャスト」など映画を楽しむための予備知識。

【映画を見た人】
⇒「感想」や「レビュー」、「結末の意味」など。

【面白そうならVODで見たい人】
⇒「見どころ」や「どんな人におすすめなのか」など背中を押してくれる情報。

ターゲットを映画に興味がある人と抽象的に決めるのではなく、
どのタイミングで映画について検索する人なのかまで考えてみるといいですね。

【実演解説】映画ブログのキーワード選定

それでは映画ブログのキーワード選定を実演解説します。

キーワード選定の考え方は他ジャンルの記事と同じで、
「Yahoo!」や「グーグル」の関連キーワードを活用していきます。

「関連キーワード=検索されてるキーワード」ですからね

また映画ブログ記事ならではの王道&鉄板キーワード選定のコツポイントがあるので、
参考事例を交えながらお話します。

(※「君の名は」でキーワードを考えてみます。)

【映画「君の名は」の関連キーワード】

映画「君の名は」の関連キーワード

【映画「君の名は」の関連キーワード②】

映画「君の名は」の関連キーワード

映画「君の名は」は関連キーワードが多いので簡単そうですが、
すべての関連キーワードが映画ブログに向いてるわけではありません

ポイント

映画を見た人ならではのキーワード選定がおすすめです。
映画を見なくても書けるキーワードはライバルが多いので。

実際に映画を見た人ならではのキーワード。
ex)「その後」「解説」「ネタバレ」

映画を見てない人でも調べたら書けるキーワード。
ex)「聖地」「主題歌」「声優」

つぎに映画「グレイテスト・ショーマン」の関連キーワードを見てみます。

【映画「グレイテスト・ショーマン」の関連キーワード】

映画「グレイテスト・ショーマン」の関連キーワード

【映画「グレイテスト・ショーマン」の関連キーワード②】

映画「グレイテスト・ショーマン」の関連キーワード

映画「君の名は」と映画「グレイテストショーマン」では、
関連キーワードがまったく違いますよね。

なぜ同じ映画なのに関連キーワードが変わるのかと言うと、
映画のジャンルや内容が違うからなんです。

映画によって気になるポイントが違うから、
関連キーワードも変わります。

また映画を見た人ならではのキーワードで「グレイテストショーマン」を検索してみると、

【映画「グレイテストショーマン ネタバレ」の検索結果画面】

グレイテストショーマンの検索結果画面

「グレイテスト・ショーマン」の関連キーワードに「ネタバレ」はありませんでしたが、
多くの人たちがネタバレについて書いてます。

それだけ検索ニーズがあるキーワードなんです。

定番のキーワード

映画を見た人ならではのキーワードは定番の検索キーワードです。
関連キーワード一覧に表示されてなくても検索ニーズはあります。
ex)「ネタバレ」「感想&レビュー」「結末」「実話」

ただ注意点があります。

定番キーワードを言い換えると誰もが検索するビックキーワードです。

ネタバレや結末は知りたくなりますよね!

競合サイトもどんどん狙ってくるので、初期ブログだとアクセスを集めるのは難しいです。

これから映画ブログを作ったり運営歴が短い雑記ブログだったりするなら、
定番キーワードだけではなく違うアプローチでもアクセスを集めるといいですね。

映画ブログのタイトル作成方法

マーケティング

つづいて映画ブログ記事のタイトル作成方法を解説します。

他ジャンルのブログ記事と考え方やコツは同じです。

・日本語になってるか?
・読みやすいタイトルか?
・何について書かれてるかイメージできるか?

この3つを意識しましょう。

ポイントはキーワードの統一です。
メインキーワードと関連性の高いキーワードを並べてタイトルを作るといいですね。

映画のネタバレならネタバレに関するキーワード
映画のロケ地なら具体的なシーンのキーワード
映画のその後なら映画の伏線に関するキーワード

キーワードを統一したり相性の良いキーワードを選べば、
自然と綺麗なタイトルになっていくはずです。

関連キーワードの考え方は下記ブログ記事で解説してます。

映画ブログを書くときの注意点

最後に映画ブログを書くときの注意点をお話します。

・著作権を侵害しない
・営業妨害をしない

この2つは必ず意識してください。

「あらすじ」や「ネタバレ」を書くときに、
全部を書いてしまうと著作権侵害になる可能性があります。

DVDパッケージ裏に書いてあるレベルならOKだと思います

また「否定的なワード」はやめましょう!
否定しすぎてたら営業妨害と言われても仕方ありません。

ブログなので自分の好き・嫌いを書くのはOKですが、
わざわざ否定的なキーワードをタイトルに入れる必要はないはずです。

感想や口コミでいいですよね!

映画への敬意を忘れないようにしましょう!

まずは好きな映画から書いてみよう!

今回は、映画ブログの書き方を解説しました。

映画ブログを書くときでも基本は同じです。
その基本を映画ブログに応用するだけでOKです。

まずは今回ご紹介した考え方で好きな映画のブログ記事を書いてみましょう!

それでアクセス状況を見てみて、色んな映画のブログ記事を書くといいですね。

 

OTHER POSTS