類人猿診断

企業での人材登用や採用試験などでも活用されてる「類人猿診断」。

その人のパーソナリティーを「オラウータン」「ゴリラ」「チンパンジー」「ボノボ」の4タイプに分けて、分析してくれる診断です。

もし、まだ診断したことはない人は「類人猿診断」してみてください。(※5つの設問に答えるだけで結果が出るので、とても簡単です)

4タイプの特徴は大きく違うんですが、「オラウータン」と診断された人はフリーランスに向きまくってると思うんです。

【類人猿診断】「オラウータン」の特徴

類人猿診断でのオラウータンは「職人気質のこだわり屋」と一言で表されてます。

この一言だけ見ると「大工さん」や「竹細工職人」、「寿司職人」などの昔ながらの職人を想像しちゃいますよね。

では、オラウータンの特徴について引用しながらまとめていきます。

 

・「他人からどう評価されるか」よりも、「これは自分のやるべき仕事かどうか」という直感に従って行動する傾向がある。
・オランウータンが求めているのは周囲からの評価ではなく「納得」。
・オランウータンタイプは「人間は一人で生きていくもの」という感覚を心の芯ところに持っています。
・自分の頭で考えて納得さえすれば、どれほど先が見えない大変な仕事であっても、強いモチベーションと集中力でやりとげることができます。

オラウータンの特徴の一部を抜粋しましたが「THE 職人」ですよね。

自分が納得できる仕事に拘り、高いモチベーションを維持しながら続けることができる。

まさに「職人気質」です。

だけど…。

「職人」って聞こえは良いですが、逆に考えると「協調性がない」ということでもありますよね(笑)

自分が納得しない仕事なら、モチベーション高く臨めないということになりますからね…。

なので、オラウータンの特徴は「職人気質」で、悪い言い方をすると「協調性が全くない」ということになるんです。

「オラウータン」はフリーランスに向きまくってる!

類人猿診断で「オラウータン」になった人は、フリーランスにめちゃ向いてると思ってます。

というのも…。

  • 会社員に向いてない
  • 納得したらとことん出来る
  • 継続できる
  • 仕事のクオリティーに拘れる

主な理由はこの4つです。

では、もう少し詳しくお話していきます。

会社員に向いてない

オラウータンがフリーランスに向いてる最大の理由は「会社員に向いてない」ということです。

なぜ、オラウータンが会社員に向いてないのか?

それは「協調性がない」という他にもいくつか理由があります。

 

・他人に理解してもらうことを、どこかあきらめてしまっているところがある。
・何をやるにしても、自分自身が納得できないと、一気にモチベーションが落ちてやる気を失ってしまいます。
・自分の人生や仕事については、自分で状況を把握し、じゅうぶんに納得してから行動したい、という欲求が強く、なかなか人任せにすることができません。

 

会社員として働くために必要な「コミュニケーション」や「仕事への考え方」、「管理職の素養」がオラウータンにはないんです。

会社員として働くなら、会社全体の方針で決まった仕事なら気分が乗らなくてもしないといけないし、将来的には後輩もできて管理職になるんだからマネジメント能力も必要になってきます。

また、自分の好きな仕事だけしてると周りから反感を買う可能性もありますよね。

これらのセンスがないオラウータンは、会社員には向いてるとは言えないんです。

もちろん、自分を誤魔化しながら会社員を続けることはできますが、それでは働いてても楽しくはないと思います。

納得したらとことん出来る!

オラウータンは協調性がないので会社員には向いてませんが、納得したらとことん出来るという強みがあります。

これはフリーランスで生きてくために大切な要素です。

というのも、フリーランスで生きてくためには「1人で仕事」を続ける必要があります。

当たり前なことなんですけど、これが意外と大変だったりするんですよね。

会社員だと職場の雰囲気やライバル社員の存在があるからモチベーションが低いときでも仕事に向かうことは出来ますが、1人で仕事をするとなると自分で自分を奮い立たせる必要があります。

その時に大切なのが、自分の中から湧き上がってくるモチベーション。

それを生み出せるオラウータンは、フリーランスに向いてるマインドの持ち主なんです。

継続できる

オラウータンの特徴で「納得したら高いモチベーションと集中力でやりとげられる」というものがあります。

これもフリーランスとして働くために大切なこと。

というのも、フリーランスは会社員とは違い「成果給」で生計を立てていきます。

すぐに結果がでる仕事なら良いですが、すべての仕事が一瞬で成果を出せるわけではありませんよね。

地道な作業が必要だったり、時間をかけて1つの作品を作りだしたり、人脈をゼロから構築するなど…。

多くの時間や労力を費やさないといけないケースも多いです。

そんな仕事を成し遂げるには「止めないこと」がとても重要なんです。

オラウータンなら成功するまで継続できる能力を持ってるので、多くの時間や労力が必要な仕事でも成果を上げることが出来るんです。

仕事のクオリティーに拘れる

オラウータンの最大の特徴は「職人気質」ということ。

言い換えると、自分の仕事のクオリティーに拘れるということですよね。

これもまたフリーランスにとっては大切な要素の1つなんです。

というのも、フリーランスは「時間を売ってお金を稼ぐ」のではなく「価値を売ってお金を稼ぐ」必要があります。

仕事のクオリティーに拘れば価値を最大化できるとまでは言えませんが、提供する価値を大きくするには仕事にクオリティーを求めることは大切です。

惰性で作ったモノや楽して出来たモノに価値なんて、ほぼ無いですよね…。

なので、仕事のクオリティーに拘れるオラウータンは、フリーランスに向いてるんです。

会社と方向性が合えば話は別

今回は、【類人猿診断】でオラウータンと判断された人はフリーランスに向きまくってると思う理由についてお話しました。

最後に誤解のないようにお伝えしたいのが「会社との方向性が合ってるなら話は別」だということです。

というのも、オラウータンは自分が納得してる仕事であれば、どんなフィールドでも活躍できる人材です。

なので、自分が納得できる会社の仕事が多いなら、会社員でも素晴らしい成果を出せると思います。

大切なのは、オラウータンの特性を発揮することです。

自分が納得できる仕事に熱中していきましょう!

 

OTHER POSTS