自分に合った本を探してるひと

今回は、自分に合った本を見つけるための手順心構えについてお話していきます。

自分に合った本を見つけるのって、なかなか苦労しますよね。

僕は社会人になってから5年間で300冊以上の本を読んできましたが、その中で自分に合う本は数十冊程度だし、「運命の本」と言えるのは2冊しかありません。

なので、自分に合う本を見つけたり、運命の1冊に出会うには時間と労力が必要です。

でも、出来ることなら少しの時間と労力で「自分に合った本」や「自分にとって運命の1冊」を見つけたいところですよね。

今回は、そんな風に思ってる人に向けて、自分に合った本を見つけるための手順と心構えをお話していきます。

自分に合った本とは?

自分に合った本とは、具体的に「どのような本」でしょうか?

まずは、そこを考えてみましょう!

それが分からないまま「自分に合った本」を見つけようと思っても、探し出すのは難しいですよね。

また、現時点で「自分に合った本」をイメージできなくてもOKです。

というのも、「自分に合った本」を探すには、それなりに本を読まないと分かることではありません。

好きな食べ物を聞かれた時に即答できるのは、今までに色々な種類のご飯を食べてきたからですよね。

比較対象があるからこそ、自分に合った食べ物や合わない食べ物が分かるんです。

なので、今「自分の合った本」が分からないのは、これまでの本を読む頻度が少ないだけなので、これから読み始めれば、具体的にイメージできると思います。

つまり、自分に合った本を見つけるためには、ある程度は本を読んでみないと分からないということでもあります。

自分に合った本を見つけるための手順

それでは、自分に合った本を見つけるための手順についてお話していきます。

「自分に合った本」を見つけるには、自分がどのような本に興味・関心があるのかを知る必要があります。

それが分からないのに「自分に合った本」を選ぶ事はできません。

なので、基本的には「本屋さん」から始めてるのが良いと思います。

本屋さんに行こう!

ネット上でも本は購入できるような時代ですが、自分に合った本を見つけたいなら本屋さんから始めるのを強くおすすめします。

というのも、ネットで本を買うとなると、タイトルが決まってたり、ジャンルが決まってたりする必要がありますよね。

なので、自分に合った本が分からない場合やノープランの場合には、ネットで本を探すのはむずかしいと思います。

レビューを参考にするのは良いですが、大前提にレビューを書いてる人とあなたの価値観は違うし、怪しい感想や評価も多かったりするので、あまりオススメはしません。

また、本屋さんをおすすめするもう1つの理由は、実際に目で見て、手に取ることができるところです。

これはネットにはなくて、本屋さんにある魅力の1つです。

「自分に合った本や分からない」とか「どんな本が良いのか分からない」状態というのは、結局は自分のなかに選択肢がないから陥るんですよね。

なので、まずは自分の興味・関心があるジャンルや選択肢を増やすことが大切です。

その点、本屋さんなら半強制的に色々な本と出会えることができるので、ネットよりも自分に合った本を見つけられる確率は高くなるんです。

本屋さんをウロウロしてみる

本屋さんに行ったら、ウロウロしてみましょう。

手始めに、本屋さんを一周してみると良いですね。

小説やビジネス書、自己啓発本など様々なジャンルのコーナーがあるので、ウロウロしながらタイトルを見て、読みたくなる本を探してみます。

その時のポイントは2つです。

  • 少しでも興味が沸いたら手に取る
  • 「あらすじ」と「目次」を読む

この2つのポイントを意識しながら、探してみましょう。

あまり本を読まない人は、自分にバッチリ合う本でないと手に取らない傾向があります。

だけど、タイトルや表紙、帯コメントだけでは自分にバッチリ合う本かどうかって分からないですよね。

なので、少しでも興味・関心が沸いたなら手にとって、「あらすじ」や「目次」を読んでみてください。

それらを見て、読みたくなったなら躊躇せずに買いましょう!

もし、あまりピンと来る本がなかったら「目立ってる本」を見てみると良いですね。

「ベストセラー」や「店員おすすめ」、「表紙が見えてる本」や「在庫が積まれてる本」など。

それらは多くの読者によって読まれてる本だし、人気があるからこそ目立ってるんですよね。

読みやすい本であることも多いので、そこから始めてみるのも良いですね。

本を読む時のポイント

本屋さんに行き、自分に興味・関心がある本や目立ってる本を購入したら、読んでいきましょう!

本を読む時のポイントは1つです。

それは「とにかく最後まで読むこと」です。

というのも、あまり本を読んでこなかった人にとって、本を読むこと自体がツラいことですよね。

なので、まずは「本を読むこと」に慣れる必要があります。

巷では「興味のある部分から読み始めよう!」とか「面白くなかったら、読むのを止めよう!」など。

「別に最後まで読む必要ないよ」的な読み方も紹介されてますが、それは読書に慣れてきたからだと思ってます。

だって、今の自分に興味あることを知るために本を読んでるのではなく、「自分に合った本」を探すために読んでますよね。

だから、興味・関心が沸いた本なら最後まで読んでみるべきだと思います。

そうすれば、最初は興味がないと思ってたことでも意外と興味・関心が沸いてくる可能性はあります。

「食わず嫌い」ならぬ「読まず嫌い」にならずに、最後まで読み切ってみましょう!

そして、読書に慣れてきたら「興味ある部分読み」や「面白くなかったら次の本」スタイルへと転換すればOKです。

次の本の選び方

最初に買った本が「自分に合った本」になる可能性は少ないです。

実際に、僕は5年間で300冊以上の本を読んできましたが、その中でも自分にあった本は数十冊レベル。

なので、次の本の選び方が大切になってきます。

その時のポイントは2つです。

  • ジャンル攻め
  • 著者攻め

自分が興味・関心を持った「ジャンル」や「著者」を絞って、次の本を選ぶと良いですね。

特におすすめなのが、「著者」を絞ることです。

というのも、「本」で一番大切なのは「誰が」「何を」「どんな考え方」で書いてるのかどうかです。

それに共感するから、興味・関心が沸いてくるんですよね。

なので、自分の中で勉強になる部分が多かったり、読みやすい本だったりしたら、その著者が書いてる違う本を読んでみると良いですね。

そうすれば、自分に合った本に出会える確率はグンっと上がります

自分に合った本を見つけた女性

自分に合った本を見つけるための心構え

「自分に合った本」や「運命の1冊」に見つけ出すには、心構えが大切です。

というのも、「自分に合った本」や「運命の1冊」に出会うためには、とにかく本を読めば見つかる可能性は上がります。

だけど、実際に周りを見渡したときに「自分に合った本」や「運命の1冊」を持ってる人って少ないですよね。

この原因は、ズバリ「心構え」なんです。

自分に合った本を見つけるために必要な心構えは「見つかるまで読み続ける」ことです。

これしかありません!

だって、結婚相手を選ぶときでも自分に合う人を見つけるために、自分を客観視したり、異性との出会いの数を増やしたりしますよね。

見つかる前に途中で諦めてしまったら、結婚することは難しくなります。

「自分に合った本」や「運命の1冊」を選ぶときにも同じことなんです。

自分に合った本が見つかるまで読み続けるという心構えでいきましょう!

運命の1冊を探そう!

今回は、自分に合った本を見つけるための手順と心構えについてお話しました。

自分に合った本を見つけるのは、簡単なことではないと思います。

実際に、自分に合った本や運命の1冊に出会えてない人のほうが多いですよね。

では、どうすれば「運命の1冊」に出会えるのか?

それは「探し続けること」しかないと思います。

僕の場合だと「自分に合った本」や「運命の1冊」を探そうと思って本を読んでませんでしたが、結果的には2冊の運命の本を見つけることができましたし、今なら数十冊程度なら自分に合った本を紹介することができます。

なので、読み続ければ、いつかは「自分に合った本」や「運命の1冊」に出会うことができるので、コツコツと続けていきましょう。

 

OTHER POSTS