今回は、【プラグイン】All in One SEO Packの初期設定方法と入力項目の意味や使い方を解説していきます。

ブログにアクセスを集めるためにはSEO(検索エンジン最適化)対策が必要です。

SEO(検索エンジン最適化)対策とは、検索結果画面にブログ記事が上位表示されるようにブログ構築をしたり、ブログ記事を書いていくことです。

【プラグイン】All in One SEO Packは、ブログ構築面においてのSEO対策を手助けしてくれます。

【プラグイン】All in One SEO Packとは?

【プラグイン】All in One SEO Packとは、ブログ構築面のSEO対策を手助けしてくれる拡張機能です。

検索エンジン上で上位表示させるには、ブログコンテンツの質や更新頻度、運営歴などが求められます。これらはブログ運営者の日々の努力によってカバーできます。

ただ、その前にしておくべきことはGoogleに「どのようなサイトなのか?」をしっかりと認識してもらうことです。また、これはブログ初期に設定しておく必要があります。

「All in One SEO Pack」は、それらの設定を手助けしてくれるとともに「Google Analytics」や「Search Console」などの設定も簡単に出来るようサポートしてくれます。

【プラグイン】All in One SEO Packの初期設定方法

それでは【プラグイン】All in One SEO PackのWordPressでの初期設定方法を解説していきます。

また、各入力項目の意味や使い方も交えながら解説していきます。

プラグインのインストール

WordPress管理画面の「プラグイン」の「新規追加」をクリック。

キーワード欄に「All in One SEO Pack」を入力して「今すぐインストール」をクリックして「有効化」してください。

 

【プラグイン】All in One SEO Packのインストール画面

 

初期設定と入力項目の意味

つづいて、初期設定と入力項目の意味を解説していきます。

WordPress管理画面に戻り「All in One SEO」が登場してるので、「一般設定」をクリックしてください。

 

【プラグイン】All in One SEO Packの初期設定

 

ホームページ設定

ホームページ設定の入力項目は、検索エンジン上でのブログ名の表示方法を設定できます。

 

【※詳細については画像下で解説してます】

【プラグイン】All in One SEO Packのホームページ設定画面

 

【ホームページ設定の入力項目】

ホームタイトル ブログ名を入力
ホームページディスクリプション ブログ内容の説明文
代わりに限定フロントページを利用する 無効でOK

 

【検索エンジンでの表示例】

ホームページ設定の入力項目設定後の検索エンジン上の表示例

 

タイトル設定

タイトル設定の入力項目は、検索結果画面での固定ページや投稿ページのタイトル表示方法を設定できます。

 

【プラグイン】All in One SEO Packのタイトル設定画面

 

「タイトルを書き換える」は「無効」を選択してください。

以下の各ページのフォーマットは、デフォルト状態で「タイトル(表示項目)+ブログ名」と表示されるようになってます。

もし、ブログ名を掲載したくないのであれば「%blog_title%」を削除すれば「ブログ記事タイトル」のみの表示になります。

 

【プラグイン】All in One SEO Packのタイトル設定画面

 

「404エラーのタイトルフォーマット」とは、404エラー(ページが存在しない)場合にどのようなメッセージを表示させるかを設定できます。

 

【プラグイン】All in One SEO Packのタイトル設定画面

 

書いたブログ記事を削除した場合、WordPress管理画面上では消えますが、検索エンジン上では一定期間残ってるので、その時に表示される可能性があります。

表示設定

こちらはデフォルト状態の「投稿」「固定ページ」で問題ありません。

 

【プラグイン】All in One SEO Packの表示設定画面

 

ウェブマスター認証

「Googleウェブマスターツール」とは、Search Consoleのことです。

Search Consoleの本人確認の認証をすることができます。

 

【プラグイン】All in One SEO Packのウェブマスター認証設定画面

 

Search Consoleの詳細の解説については、こちらの記事をご参考にどうぞ!

Google設定

「Google+デフォルトプロフィール」は、Google+のプロフィールがあればURLを入力してください。

「Google アナリティクスID」は、Google アナリティクスのトラフィックコードを貼り付けるだけでGoogle アナリティクスの導入ができます。

既にGoogle アナリティクスを導入してる人は無視してください。ダブルカウントになってしまいます。

 

【プラグイン】All in One SEO PackのGoogle設定

 

Google アナリティクスの登録については、こちらの記事で詳しく解説してます。

Noindex設定

「Noindex」とは、検索エンジン上にブログ記事を表示させないという設定です。

 

【Noindexの設定画面】

【プラグイン】All in One SEO PackのNoindex設定

 

【Noindexの入力項目】

Noindexをデフォルト すべてのチェックを外しましょう。
Nofollowをデフォルト すべてのチェックを外しましょう。

 

それ以外の入力項目は、どのページも検索エンジン上に掲載しても意味はあまりないので、すべてチェックしてNoindexにしておきましょう!

 

【Noindexの設定画面】

【プラグイン】All in One SEO PackのNoindex設定

 

詳細設定

「ディスクリプションを自動生成」は、チェックしましょう。

ブログ記事のディスクリプションを記事本文から自動生成してくれます。その他の部分はデフォルト状態で問題ありません。

 

【詳細設定画面】

【プラグイン】All in One SEO Packの詳細設定

 

キーワード設定

キーワードを自動生成するかを設定できます。

「キーワードは検索エンジンの上位表示の条件には関係ない」という話もありますが、設定しておいても問題はないので「有効」を選択しましょう。

その場合に「カテゴリーを使う」「タグを使う」「アーカイブ」が出てきますが、こちらはチェックを外してください。

 

【プラグイン】All in One SEO Packのキーワード設定

 

最後に忘れずに「設定の更新」をクリックして、初期設定作業は完了です。

プラグインを上手く利用しよう

今回は、【プラグイン】All in One SEO PackのWordPressでの初期設定方法と入力項目を解説しました。

設定項目が少し多めですがブログ初期には大切な設定なので、1つ1つしっかりと設定しましょう。

また、プラグインにはAll in One SEO Packだけでなく他にも便利なモノが多いです。プラグインに頼れるところは上手く頼っていきましょう!

OTHER POSTS