今回は、【プラグイン】Google XML SitemapsのWordPress設定方法とSearch Consoleへのサイトマップ送信方法を解説します。

ブログを開設したら【プラグイン】Google XML Sitemapsを導入してGoogle用のサイトマップを作成し、Search Consoleに送信しましょう。

 

Search Consoleが未導入なら下記ブログ記事で設定方法を解説してます。

【プラグイン】Google XML Sitemapsとは?

【プラグイン】Google XML Sitemapsとは、Google規定のサイトマップを自動生成してくれる拡張機能です。

このサイトマップは訪問者用のサイトマップ(目次)とは違い、Googleに見せるためのブログ設計図みたいなものです。

もう少し説明すると、ブログ記事を検索エンジンに表示するには、Googleクローラーにブログ記事を見つけてもらう必要があります。

そのときに「Google XML Sitemaps」で作成したGoogle用サイトマップがあれば、Googleクローラーはブログ記事を発見しやすくなるんですよね。

なのでブログ記事を書く前に導入したほうがいいプラグインです。

【プラグイン】Google XML Sitemapsの設定方法

それでは【プラグイン】Google XML SitemapsのWordPress設定方法を解説します。

WordPress管理画面の「プラグイン」の「新規追加」をクリックしてください。

 

WordPress管理画面の「プラグイン」の「新規追加」画面

 

次にキーワード欄に「Google XML Sitemaps」を入力して、「今すぐインストール」をクリックして「有効化」してください。

 

【プラグイン】Google XML Sitemapsのインストール画面

 

これで【プラグイン】Google XML SitemapsのWordPress設定は完了です。

Search Consoleへのサイトマップ送信方法

つづいて「Google XML Sitemaps」で作成したGoogle用のサイトマップを「Search Console」に送信していきます。

WordPress管理画面の「設定」にある「XML-Sitemaps」をクリックしたらGoogle用サイトマップURLが登場するので、それをコピーしてください。

 

XML SitemapsのサイトマップURLの確認画面

 

次にSearch Consoleのページを開いて、右側にある「サイトマップ」を選択してください。

 

Search Consoleのサイトマップ登録画面

 

「サイトマップの追加テスト」をクリックしたら、先程コピーしたGoogle用サイトマップのURLを入力します。

 

Search Consoleのサイトマップ登録テスト画面

 

URLにダブリがないかを確認して、「送信」をクリックしたら作業完了です。

ページを更新すると登録を確認できます。

 

Search Consoleへのサイトマップ登録の完了

 

これでGoogle用サイトマップの送信は完了です。

最後に

今回は、「【プラグイン】Google XML Sitemapsの設定方法とサイトマップ送信方法」を解説しました。

ブログを解説したらSearch Consoleにサイトマップを送信しましょう。

たまにエラーになってる場合もあるので、2日後くらいに確認するといいですね!

 

 

 


OTHER POSTS