今回は、【プラグイン】post-viewsの設定方法とアクセス確認方法(見方)について解説していきます。

ブログ運営する中で、どの記事がどれくらい読まれてるのかをチェックするのは大切です。

アクセス爆発してるコンテンツがあれば、関連する記事を増やして、アクセスを伸ばしたりブログ訪問者のサイト滞在時間を伸ばしたりすることが出来ます。

【プラグイン】post-viewsは、WordPress管理画面上でアクセス数を確認できるので、とても便利です。

【プラグイン】post-viewsとは?

【プラグイン】post-viewsとは、WordPress管理画面上で各ブログ記事のアクセス数をほぼリアルタイムで確認することができる拡張機能です。

ただ、Google Analyticsやアクセス分析できる他のプラグインと比較すると、簡易レベルのアクセスチェックしか出来ません。

でも、ほぼリアルタイムで各ブログ記事がどれくらい読まれてるのかをチェックできたり、その日に一番読まれた記事などは把握できるので、少し確認するくらいなら十分です。

実際に【プラグイン】post-viewsで簡易チェックをして、Google Analyticsでガッツリ分析するなど併用してるブログ運営者も多いです。

1つだけ留意していただきたいのが「post-views」でカウントできるのは、プラグインを導入してからです。なので、導入前のカウントは反映されません。

なので、ブログ初期に設定しておくのがオススメです。

WordPress管理画面上でGoogle Analyticsレベルの分析がしたいなら、下記プラグインがおすすめです。

【プラグイン】post-viewsの設定方法

それでは【プラグイン】post-viewsのWordPress設定方法を解説していきます。

導入はとても簡単です。

WordPress管理画面「プラグイン」の「新規追加」をクリックしてください。

キーワード欄に「post-views」を入力して「自動インストール」をクリックして「有効化」してください。

 

【プラグイン】post-viewsのインストール画面

 

以上で、導入作業は完了です。

WordPress管理画面に戻ると「post-views」が表示されてます。

そこをクリックすれば各ブログ記事のアクセスを確認することができます。

アクセス確認方法(見方)を解説

つづいて、WordPress管理画面上の「post-views」でのアクセス確認方法(見方)を解説していきます。

 

【プラグイン】post-viewsのアクセス確認画面

 

Analytics

各ブログ記事のアクセス状況を確認できます。通常時はこちらの画面を見れば十分です。

 

【プラグイン】post-viewsでのAnalytics確認画面

 

Analytics画面の上部にあるコマンドメニュー(上記赤枠部分)から、様々な指標でブログ記事のアクセス状況を確認できます。

 

カテゴリー 各カテゴリーでブログ記事のアクセス状況を確認。
年月日 指定した年月日でのブログ記事のアクセス状況を確認。
期間 全体、年間、半年間などでブログ記事のアクセス状況を確認。
対象設定 訪問者かBOTでのアクセス状況を確認。
アクセス状況 ブログ訪問者のアクセスと自身プレビューを確認。

 

いろいろと見られる指標はあるので、ぜひ色々とチェックしてみてください。

Sumary

ブログ記事全体の概要を年月日で確認できます。

Ranking

「全期間」「年間」「半年間」「月間」「週末」「本日」で最も読まれてるブログ記事ランキングと最も読まれてないブログ記事ランキングを確認することができます。

アクセスが集まってないブログ記事をリライトする時や、削除する際に便利です。

こまめにチェックしよう!

今回は、【プラグイン】post-viewsの設定方法とアクセス確認方法(見方)を解説について解説しました。

「post-views」は、ほぼリアルタイムでのアクセス状況を確認できるので、こまめにチェックしましょう!

そして、アクセス爆発してるブログ記事があればチャンスです!

関連する記事をどんどん投入していきましょう。アクセスを伸ばせたり、ブログ訪問者のサイト滞在時間を伸ばすことができます。

地道なことではありますがブログを収益化するには、とても大切なアプローチの1つです。

 

 


 

 


 

OTHER POSTS