今回は、【プラグイン】PS Auto SitemapのWordPress設定方法と表示されない場合を解説します。

【プラグイン】PS Auto Sitemapは、ブログの目次を自動生成してくれる拡張機能です。

ブログ内に目次を作って他の記事を見てもらいやすくして、ユーザーのサイト滞在時間を増やしたり、アクセスを伸ばしたりしましょう。

【プラグイン】PS Auto Sitemapとは?

【プラグイン】PS Auto Sitemapとは、サイトマップを自動生成してくれる拡張機能です。

「PS Auto Sitemap」を導入するとブログ内の目次ができあがります。

ゼロから目次を作らなくていいし、1度導入したら公開したブログ記事を自動的に目次として追加してくれるので、とても便利です。

 

Googleに提出するサイトマップもあります。こちらも導入してましょう。

【プラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法を解説

それでは【プラグイン】PS Auto SitemapのWordPress設定方法を解説します。

WordPress管理画面から「プラグイン」の「新規追加」をクリックして、キーワード欄に「PS Auto Sitemap」と入力してください。

そして「自動インストール」して「有効化」しましょう。

 

【プラグイン】PS Auto Sitemapのインストール画面

 

WordPress管理画面に戻り「設定」の「PS Auto Sitemap」をクリックして、下方にあるご利用方法のコードをコピーしてください。

 

【プラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法

 

次にWordPress画面に戻り「固定ページ」の「新規追加」をクリックして、新しい固定ページを作成します。

そして、先程のご利用方法のコードを固定ページのテキスト部分に貼り付けましょう。

(※「ビジュアル」と「テキスト」がありますが、貼り付けるのは「テキスト」です)

 

【プラグイン】PS Auto Sitemapのコードを固定ページのテキストに貼り付ける

 

ちゃんとコードを貼り付けられたかを確認して「公開」をクリックしたらサイトマップの作成は完了です。

続いて、サイトマップに表示する記事を選択します。

 

【プラグイン】PS Auto Sitemapのサイトマップを表示する記事のIDを入力画面

 

上記画像では「固定ページリストの出力」にチェックしてありますが、「固定ページ」をサイトマップに掲載しない場合には外してください。

それ以外はデフォルト状態で問題ありません。

次にWordPress管理画面に戻り「設定」から「PS Auto Sitemap」をクリックして、「サイトマップを表示する記事のID」を入力します。

「サイトマップを表示する記事のID」とは、先程の「固定ページ」のURLの「post=数字」です。(※下記の画像だと505です)

 

サイトマップを表示する記事のIDの確認画面

 

「固定ページ」のpostの数字を入力したら、忘れずに変更を保存しましょう。

サイトマップを表示する「固定ページ」をメニュー部分やフッター部分に設定すれば、ブログ訪問者が目次を確認できます。

目次が表示されない場合の対処法

稀に「PS Auto Sitemap」を設定しても、サイトマップが表示されない場合があります。

その際には2点確認してください。

  • 「有効化」で作業を終えてる。
  • 「PS Auto Sitemap」と「google xml sitemaps」のURLが同じ。

「有効化」で終わってるなら「固定ページ」と「サイトマップID」を記載しましょう。

よくあるパターンは「PS Auto Sitemap」と「google xml sitemaps」のURLが同じになってるケースです。

その場合には、いずれかのURLを「sitemap」→「site-map」にすれば表示できます。

 

PS Auto SitemapのURLの変更

 

最後に忘れずに「更新」をクリックしましょう。

分かりやすい位置に目次を設定しよう

今回は、【プラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法と表示されない場合の対処法を解説しました。

アドセンス審査に合格するためにも、ユーザーのサイト回遊率を上げるためにも目次は大切です。

【プラグイン】PS Auto Sitemapで目次ができたら、ブログ内の分かりやすい位置に設置しましょう。

 

 

 


OTHER POSTS