【プラグイン】Count per Dayの設定方法

今回は、【プラグイン】Count per Dayの設定方法の解説と除外BOTと国名一覧をまとめていきます。

ブログ運営者にとって、アクセス管理はとーっても大切です。

  • 記事ごとのアクセス数
  • 検索キーワード
  • リアルタイムの訪問者数

より多くのアクセスを集めるために、これらを把握してPDCAを回すのはブログ運営者なら当然のことですよね。

また、リアルタイムで大量のアクセスを眺めるのはモチベーションのアップにも繋がったりもします(笑)

Google Analyticsでも分析はできますが、WordPress管理画面でも確認できるのが【プラグイン】Count per Dayなんです。

他にもアクセス管理や分析ができるプラグインはありますが、個人的には【プラグイン】Count per Dayが見やすくて色々とデータがあるので、おすすめです。

【プラグイン】Count per Dayとは?

【プラグイン】Count per Dayとは、WordPress管理画面上でアクセス状況の把握検索キーワードが把握できる拡張機能です。

 

【プラグイン】Count per DayのWordPress上での分析画面

 

【プラグイン】Count per Dayで確認できること
  • 総訪問者数
  • 月別訪問者数
  • ブラウザ情報
  • 月別ページビュー数
  • 記事別の訪問者数
  • 1日の訪問者数
  • 検索キーワード

 

【プラグイン】Count per Dayは、Google Analyticsに劣らない項目を確認することができます。

【プラグイン】Count per Dayの設定方法

では、【プラグイン】Count per DayのWordPressでの設定方法を解説していきます。

WordPress管理画面の「プラグイン」から「新規追加」をクリック。

キーワード欄に「Count per Day」を入力して「今すぐインストール」をクリックして、「有効化」をクリックしてください。

 

【プラグイン】Count per DayのWordPressでのインストール方法

 

【プラグイン】Count per Dayのカスタマイズ方法

続いて、詳細のカスタマイズ設定をしていきます。

WordPress管理画面の「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリックして「Count per Day」の設定をクリックしてください。

「Count per Day」には「ツール」タグと「設定」タグがありますが、「設定」タグをクリックしてください。

 

【プラグイン】Count per Dayのカスタマイズ設定

 

ログインユーザー」の「カウントに含む」には、チェックは入れないでください。チェックを入れてしまうと、ご自身のアクセスもカウントしてしまいます。

無視するBOT」と「Exclude countries」については、後ほど詳しく解説します。

その他の項目については、基本的にはデフォルト状態で問題はありません。

ただ、一番上の「オンライン判定時間」は、訪問者数がリアルタイム300までのカウント設定になってるので、訪問者が増えてきたら変更してくださいね。

ダッシュボードの設定

続いて、ダッシュボードをカスタマイズ設定していきます。

 

【プラグイン】Count per Dayのダッシュボードのカスタマイズ設定

 

ダッシュボード設定も基本的にはデフォルト状態で問題はありません。

「閲覧を許可する人」は「Count per Day」のアクセス状況を見られる人です。なので、投稿者以外にも公開する際には設定してくださいね。

その他の設定項目は、各表示項目の表示件数や期間ですので、お好みで設定をしてください。

個人的にはブログ初期ならデフォルト状態をおすすめします。ある程度のアクセス数が見込めるようになったら変更していきましょう。

それ以外の設定は、デフォルト状態で問題ありません。

忘れずに「オプションの更新」をクリックしてくださいね。

 

【プラグイン】Count per Dayのカスタマイズ設定画面

 

以上で【プラグイン】Count per Dayのカスタマイズ設定は完了です。

WordPress管理画面上のダッシュボードに「Count per Day」が追加されてるので、そちらから確認してくださいね。

除外BOTと国名一覧まとめ

それでは【プラグイン】Count per Dayの除外BOTと国名一覧をまとめていきます。

Count per Dayで訪問者数をカウントするなら、BOTや日本以外の国は外しておきたいですよね。

その方法について解説していきます。

除外BOTの設定方法

では、まず除外BOTの設定方法について解説していきます。

WordPress管理画面の「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリックして「Count per Day」の設定をクリックしてください。

そして「設定」タグをクリックして「無視するBOT」に、除外したいBOT名を入力していきます。

 

【プラグイン】Count per DayでBOTを除外する設定方法

 

デフォルト状態でもBOT名は入力してありますが、下記BOTも追加しておくのをおすすめします。

 

 

除外国の一覧と設定方法

続いて、除外する国の一覧と設定方法を解説していきます。

日本以外の国で対象にしてる国があれば除いてくださいね!

「Count per Day」の「設定」タグの「Exclude countries」に下記国名を入力してください。

(※「無視するBOT」のすぐ下にあります。)

 

 

上記の国名コードを追加すれば、ほぼ問題ないです。

最後に忘れずに「オプションの更新」をクリックしてください。

これで【プラグイン】Count per Dayの余分なBOTと国名を外す設定は完了です。

どんどん分析しよう!

今回は、【プラグイン】Count per Dayの設定方法の解説と除外BOTと国名一覧まとめていきました。

Google Analyticsではガッツリ分析。「Count per Day」では、簡単な分析をしてブログ記事に反映させる。こんな使い方の棲み分けをおすすめしてます。

検索キーワードをどんどん分析して、アクセスアップさせていきましょう!

僕は今、働く場所も時間も服装もすべて自分で決めて働いています。

こんな生活ができてのはPC1つだけで「シゴト」ができるからです。

 

朝は好きな時間に起きて、カフェでブログ更新をして。
ランチタイムにはジムに行き、身体を動かして。
その後にコンサルの仕事が入ってたら対応して。
夜は大切な人たちと同じ時間を過ごす。

 

会社員だったころに思い描いてた理想的な平日を、今では過ごすことができてます。

 

でも、実はこんな生活を送れるとは全く思ってませんでした。

今のような自由な毎日を夢見るだけの普通の会社員として人生を過ごすと思ってたんですよね。

 

では、僕がどうやって今の毎日を現実にしたのか?

興味のある方はぜひ僕のプロフィールをご覧ください。

 

また、無料メルマガでは具体的な方法をお伝えしてるので、ぜひ読んで見てくださいね!

             メルマガ読者限定のプレゼント中

 

 


 


 

OTHER POSTS