【プラグイン】Count per Dayの設定方法

今回は、【プラグイン】Count per Dayの設定方法の解説と除外BOTと国名一覧をまとめていきます。

Google Analyticsでもアクセス分析はできますが、WordPress管理画面でブログ状況を確認できるのが【プラグイン】Count per Dayです。

アクセス管理や分析ができるプラグインは他にもありますが、【プラグイン】Count per Dayは見やすくて色々とデータがあるので、おすすめです。

Count per Dayとは?

 

Count per Dayは、WordPress管理画面上でアクセス状況検索キーワードなどを把握できる拡張機能です。

 

【ワードプレス管理画面上のCount per Day】

【プラグイン】Count per DayのWordPress上での分析画面

 

Count per Dayで確認できること
  • 総訪問者数
  • 月別訪問者数
  • ブラウザ情報
  • 月別ページビュー数
  • 記事別の訪問者数
  • 1日の訪問者数
  • 検索キーワード

 

Count per Dayは、Google アナリティクスには劣らない情報を確認することができます。

 

ただ、リアルタイムでどこのページが見られてるかは分からないので、そこはGoogle アナリティクスで確認したほうがいいですね。

Count per Dayをインストール

それではCount per Dayをインストールします。

 

WordPress管理画面「プラグイン」から「新規追加」をクリックして、キーワード欄に「Count per Day」を入力してください。

そして「今すぐインストール」して「有効化」しましょう。

 

【プラグイン】Count per DayのWordPressでのインストール方法

Count per Dayの設定方法

つぎにCount per Dayを設定方法を解説します。

 

WordPress管理画面「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」を選択して、「Count per Day」の設定をクリックしてください。

 

すると「ツール」タグと「設定」タグが登場するので、「設定」タグを選択してください。

 

【プラグイン】Count per Dayのカスタマイズ設定

 

ログインユーザー」の「カウントに含む」には、チェックは入れないでください。

チェックすると、自分のアクセスもカウントしてしまいます。

 

無視するBOT」と「Exclude countries」は、後ほど詳しく解説します。

その他の項目はデフォルト状態でOKです。

 

ただ、一番上の「オンライン判定時間」は、訪問者数がリアルタイム300までのカウント設定になってるので、訪問者が増えてきたら変更しましょう。

ダッシュボードの設定

続いて、ダッシュボードをカスタマイズ設定していきます。

 

【プラグイン】Count per Dayのダッシュボードのカスタマイズ設定

 

ダッシュボード設定は、基本的にデフォルト状態で問題ありません。

「閲覧を許可する人」は「Count per Day」のアクセス状況を見られる人なので、投稿者以外にも公開する際には設定しましょう。

その他の設定項目は各表示項目の表示件数や期間なので、お好みで設定をしてください。

ブログ初期ならデフォルト状態にしておいて、アクセスが増えたら変更するのがおすすめです。

それ以外の設定は、デフォルト状態でOKです。

忘れずに「オプションの更新」をクリックしましょう。

 

【プラグイン】Count per Dayのカスタマイズ設定画面

 

以上で【プラグイン】Count per Dayのカスタマイズ設定は完了です。

WordPress管理画面上のダッシュボードに「Count per Day」が追加されてるので、そちらから確認してくださいね。

除外BOTと国名一覧まとめ

それでは【プラグイン】Count per Dayの除外BOT国名一覧をまとめていきます。

除外BOTの設定方法

まずは除外BOTの設定方法を解説します。

WordPress管理画面の「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリックして「Count per Day」の設定をクリックしてください。

そして「設定」タグをクリックして「無視するBOT」に、除外したいBOT名を入力していきます。

 

【プラグイン】Count per DayでBOTを除外する設定方法

 

デフォルト状態でもBOT名は入力してありますが、下記BOTも追加しておくといいですね。

 

 

除外国の一覧と設定方法

続いて除外する国の一覧と設定方法を解説します。(※日本以外の国で対象にしてる国があれば除いてください。)

「Count per Day」の「設定」タグの「Exclude countries」に下記国名を入力してください。

(※「無視するBOT」のすぐ下にあります。)

 

 

上記の国名コードを追加すれば、ほぼ問題ないです。

最後に忘れずに「オプションの更新」をクリックしてください。

これで【プラグイン】Count per Dayの余分なBOTと国名を外す設定は完了です。

どんどん分析しよう!

今回は、【プラグイン】Count per Dayの設定方法の解説と除外BOTと国名一覧まとめていきました。

Google Analyticsではガッツリ分析して、「Count per Day」では簡単な分析をしてブログ記事に反映させる。

こんな使い方の棲み分けをおすすめしてます。

検索キーワードをどんどん分析して、アクセスを増やしましょう!

 


 


 

OTHER POSTS