読書をしてる人

読書は最高の自己投資とか収入が多い人ほど本を読んでるなんて言われてるので、
社会人になってから猛烈に本を読み始める人も多いと思います。

僕もその1人でした。

最初は文字を読むのが辛かったんですけど、
1冊また1冊と読むうちに知識が増えて仕事に活かせたり、
視野を広げられたりするのでどんどん読書にハマったんですよね!

ところが、300冊くらいを読み終えたくらいから、
本を読んでもまったく効果を感じなくなりました。

「何かがおかしい…。」

そう思ったので読書の仕方や読んできたジャンルを分析してみたら、
見事に落とし穴にハマってたんです。

今でも読書は続けてますし、最高の自己投資だと思ってます。

でも読書の仕方によっては自己満に陥るので、
今回は僕が読書するなかでハマった落とし穴と克服方法をお話します。

読書が最高の自己投資である理由

読書は最高の自己投資だ!」なんて言われてます。

でも、本をあまり読まない人だとピンと来ないですよね。

僕も学生時代に本を読まなかったので「読書って意味あるの?」と思ってたんですけど、
実際に読んでみると「読書は最高の自己投資」と言われる理由がわかりました。

視野が広がる

読書をすると、視野が広がります

これはビジネス書によく当てはまるんですけど、
テーマに関する考え方さまざまなアプローチ方法が書かれています。

それらを知ることで今の仕事の視野が広がったり、物事を多面的に考えられたりするんですよね!

自分で考えたり上司や先輩にアドバイスを求めたりするのは大切ですが、
自分の考えは今までの経験や知識からしか生まれてこないですし、
同じ環境にいる上司や先輩も似たような考え方になることも多いです。

読書ならテーマごとのプロフェッショナルの意見を知れるので、
視野が広がり、柔軟なアプローチができるようになります。

知識が身につく

2つ目が「知識が身につく」です。

これはもう言わずもがなだと思います。

ビジネス書でも語学書でも小説でも、
本を読めば今まで知らなかったことや仕事で使えそうな方法を学べます。

普通に生活してたら身につかない知識を得られるんですよね!

想像力が豊かになる

つづいてが「想像力が豊かになる」です。

いろんな人の意見を聞いたり知識を身につけたり、
様々な物語を知ったすると想像力が身につきますよね。

想像力が豊かになれば初挑戦のことでも上手くこなせますし、
ピンチになったときにも巧みに切り抜けられます。

毎日同じ仕事、同じ人間関係のなかで生活をしてると考える機会が少なくなりますよね。

そこを埋め合わせるのに読書は最適です。

コミュニケーション能力が上がる

視野が広がって、知識も増えて、想像力が豊かになれば、
必然的にコミュニケーション能力があがります

相手の立場で物事を考えられるようになるし、
伝え方や使う言葉が増えるので良好な人間関係を築けます。

自分の考え方が明確になる

これが一番の理由だと思ってます。

会社で働いてると、

上司の意見に合わせないといけない
お客さんの要望は絶対

こんな暗黙のルールに従う場面が多いですし、
職場の雰囲気からくる同調圧力に屈することもあります。

でも、そんな状況に慣れてしまうと自分の考えがなくなってたり、
意見を言えなくなったりしませんか?

仕事でも人生でも自分の意見がなくなったら、存在意義がなくなります。

でも、本を「賛成・反対」目線で読めば自分の意見が明確になるので、
読書は最高の自己投資なんですよね!

本を読みまくった僕がハマった落とし穴

読書の落とし穴にハマった人

読書を始めたころは先程お伝えした効果を感じてたんですけど、
300冊くらいを超えてから実感できなくなりました。

「なんでかなぁ~」と考えてみたら、
読書を習慣化したことで逆に落とし穴にハマってたんです。

本を読むことが目的になっていた

本を読み始めると、この落とし穴に誰もが1度はハマります。

本を読めば知識は身につきますし視野も広がりますが、
いつの間にか読書してる自分に酔ってるときもあります。

読書してる自分が高尚な人間になれてると思ったり、
電車でスマホをイジったり、音楽を聴いてたり、寝てたり人たちよりも
勉強してるぞ!」みたいに思ったりしてしまうんです。

そうなると読書するのが目的になり、
本から学ぼうとする意識が薄れてしまい、最大限の学びにつながりません。

新たな発見がなくなった

同じような書籍を読んでると、新たな発見はなくなっていきます。

僕は営業職だったので営業関連の本ばかり読んでた時期がありました。

何冊も読むうちに「同じようなことを言ってるなぁ~」みたいな感覚になって、
最終的には本を読む意味が分からなくなったんですよね。

知ってるだけになっていた

一番の落とし穴ですね、これが。

僕は300冊くらいの本を読み終えたくらいから、
大概のことを知ってる気がしてきました。

上司から「○○は知ってる?」と聞かれても「知ってます」と答えられましたし、
読書してても「この方法は前の本にも書いてあった」と思い出せたんです。

これが読書の最大の落とし穴「知ってるだけで何も活かせてない状態」です。

読書を最高の自己投資にするための方法

読書を習慣化したことで落とし穴にハマってたので本の正しい読み方を勉強しました。

そのなかで実際に「これはいい!」と思った4つの方法をお話します。

本質を見抜く

読書を最高の自己投資にするために、一番大切なのは「本質を見抜くこと」です。

同じテーマの本を2冊〜3冊くらい読むと著者によって具体的な説明が違うだけで、
抽象化したら同じようなことを言ってることに気づけます。

その本質を見抜くのが、読書を最高の自己投資にするための秘訣です。

実践する

本を読むだけでは意味がない。それを活かせないなら、読んでないのと同じ。

こんな風によく言われますが、僕もそう思います。

教科書を読んだり参考書を読んだりするのは、
テストで良い点を取るためなどの目的が必ずありますよね!

目的を達成するために本を読むのが基本的な姿勢なのです。

本で得た知識を自分の仕事やプライベートで実際に試して、
それでようやく読書した価値になります。

読書⇒実践⇒検証」のサイクルをガンガン回しましょう!

自分の意見と戦わせる

本は著者の意見書です。

本に書いてある内容が唯一の正解ではないので、
大切なのは著者の意見と自分の意見と戦わせること!

そうすれば深い理解や記憶ができますし、自分に足りない視点にも気づけます。

成功者が書いてる本でも絶対的な正解ではないので、
本質を見抜いたり、自分なりの正解を導き出せるよう読みましょう。

響いた言葉はメモをする

情報を受け取る状況によって、自分に響く言葉は違います。

「今の自分」に響いた言葉が「将来の自分」にも響くわけではありませよね!

でも、1つだけ間違いないのは今の自分には意味のあるフレーズだということ。

それらをメモして定期的に見返せば意識は変わりますし、高いモチベーションを維持できます。

1冊の本で人生が変わることもある

週4時間だけ働く

読書は最高の自己投資ですし、ときに1冊の本で人生が変わることもあります。

僕がそうでした。

僕は会社員時代に「週4時間だけ働く」という胡散くさすぎる本を三省堂書店で見つけました。

当時は「いつか会社員を辞めて独立したい!」と思ってたので、
人生を変えるヒントが見つかればと読んでみたんです。

そしたら胡散くさいどころか著者がどうやって週4時間だけ働く生活を実現したのか、
そのプロセスや方法が具体的に書いてありました。

これをマネすれば、自由に働けるかもしれない!

それから僕は「週4時間だけ働く」をベースに情報収集をして実践し、
今は会社員を辞めてフリーランスとして働けてます。

1冊の本で人生が変わる可能性は十分にあるので、本は読んだほうがいいと思います。

僕が「週4時間だけ働く」を読んで実践した話は下記ブログ記事でしてます。

本の読み方が大切

読書は最高の自己投資だと思って本を読みまくった僕がハマった落とし穴をお話をしました。

スポーツでもビジネスでも何でもそうですが、
習慣化するといつの間にか落とし穴にハマってることはあります。

そんなときには方法を疑うといいですね!

なにごとも正しい方法が大切です。