読書をしてる人

読書は最高の自己投資なんて言われてたり、収入が多い人ほど本を読んでるなんて言われてたりするので、社会人になってから猛烈に本を読み始める人も多いと思います。

 

僕もそんな情報を信じて、社会人になってから読書を始めた1人です。

最初は文字を読むのが辛かったんですけど、1冊また1冊と読み進めるうちに知識が増えてるのを実感したり、学んだことを仕事に活かせたり、視野を広げられたりするので、僕はどんどん読書にハマっていきました。

 

だけど、正確には覚えていませんが300冊くらいを読み終えたくらいのころから、本を読んでもまったく効果を感じなくなったんですよね。

「何かがおかしい…。」と思ったので、読書の仕方や読んできたジャンルなどを分析してみたら、見事に落とし穴にハマってたんです。

 

今でも読書は最高の自己投資だと思ってますし、収入が多い人ほど本を読んでるのは間違いのないと思います。

 

でも、読書の仕方や本のジャンルによっては自己満になってるだけの可能性はあります。

 

今回は、読書を最高の自己投資にするために、僕がハマった落とし穴と克服方法をお話するので、参考にしていただければと思います。

読書が最高の自己投資である理由

読書は最高の自己投資だ!」なんて言われてますが、本をあまり読まない人だとピンと来ないですよね。

 

僕も本を読み始めるまえは「読書なんて意味あるの?」と思ってました。

 

でも、実際に読んでみると「読書は最高の自己投資」と言われる理由がわかったんです。

視野が広がる

読書をすると、視野が広がります

 

これはビジネス書によく当てはまるんですけど、テーマに関する「考え方」や「さまざまなアプローチ方法」が書かれています。

それらを知ることで今の仕事の視野が広がったり、物事を多面的に考えられるようになったりするんですよね。

 

もちろん、自分で考えたり上司や先輩にアドバイスを求めたりするのは大切ですが、自分の考えは今までの経験や知識からしか生まれてこないし、同じ環境にいる上司や先輩も似たような考え方になることも多いです。

 

読書をすると視野が広がるので頭でっかちにならず、柔軟なアプローチをできるようになります。

知識が身につく

これはもう言わずもがなだと思います。

 

ビジネス書でも語学書でも小説でも、本を読めば今まで知らなかったことに気づけたり、仕事で使えそうな方法を勉強できたりします。

 

普通に日常生活をしてたら身につかない知識を読書で学べるんですよね。

想像力が豊かになる

いろんな人の意見を聞いたり知識を身につけたり、様々な物語を知ったすると想像力が豊かになります。

 

想像力が豊かになれば初挑戦のことでも上手くこなせるようになるし、ピンチになったときにも巧みに切り抜けられるようになります。

 

いつも変わらない仕事をしてたり、毎日同じ人間関係のなかで生活をしてたりすると考える機会が少なくなるので、そこを埋め合わせるために読書は最適です。

コミュニケーション能力が上がる

視野が広がって、知識も増えて、想像力が豊かになれば、必然的にコミュニケーション能力があがります

 

相手の立場になって物事を考えられるようになるし、伝え方や使う言葉に気をつけるようになるので良好な人間関係を築けるんですよね。

 

また、読書をすると圧倒的にボキャブラリーも増えるので、コミュニケーションをとること自体が楽しくなってきます。

自分の考え方が明確になる

これが一番の理由だと思ってます。

 

会社で働いてると「上司の意見に合わせないといけない」とか「お客さんの要望は絶対」みたいな暗黙のルールに従う場面が多いし、職場の雰囲気からくる同調圧力に屈することも多いはずです。

 

それは致し方ないんですけど、そんなことばっかりしてるといつの間にか自分の考え方がなくなってたり、意見を言えなくなったりします。

 

でも、本を「賛成・反対」目線で読めば、自然と自分の意見が明確になっていきます。

 

仕事でも人生でも自分の意見がなくなってしまったら、自分の存在意義が少なくなるので、自分の考え方を作るためにも読書は最高の自己投資なんですよね。

本を読みまくった僕がハマった落とし穴

読書を始めたころは先程お伝えした効果を感じてたんですけど、300冊くらいを超えてから実感できなくなりました。

 

「なんでかなぁ~」と考えてみたら、読書を習慣化したことで、逆に落とし穴にハマってたんです。

 

読書は最高の自己投資なのは今でも間違いないと思ってますが、読書を習慣化すると落とし穴にハマる場合もあるので注意してください。

本を読むことが目的になっていた

本を読み始めると、この落とし穴に誰もが1度はハマります。

 

本を読めば知識は身につくし、視野も広がるんですけど、いつの間にか読書してる自分に酔ってる場合もあるんですよね。

 

実際に僕は読書してる自分が高尚な人間になれてるような感覚があったし、電車でスマホをイジったり、音楽を聴いてたり、寝ていたり人たちよりも「勉強してるぞ!」みたいに思ってたんです。

(恥ずかしい話ですが…笑)

 

そうなると読書するのが目的になっていて、本から学ぼうとする意識が薄れてしまい、最大限の学びにつながらないんですよね。

 

読書をするのは自分に足りない知識や視野を身につけるためなので、本を読むことが目的にならないように気をつけましょう。

新たな発見がなくなった

同じような書籍を読んでると、新たな発見はなくなっていきます。

 

たとえば僕は営業職だったので営業関連の本ばかり読んでた時期があったんですけど、色々な人の本を読んでるなかで「同じようなことを言ってるなぁ~」みたいな感覚になってきたんです。

そうなると新たな発見がないので、本を読む意味が分からなくなるんですよね。

 

ずーっと同じジャンルの本を読んでると効果が薄れてしまうし、同じようなことを書いてそうな書籍なら買わないのをおすすめします。

知ってるだけになっていた

一番の落とし穴ですね、これが。

 

僕は300冊くらい本を読んだときくらいから、大概のことは知ってる気がしてきたんですよね。

 

なので、先輩や上司から「○○は知ってる?」と聞かれても「知ってます」と答えられるようになってたし、読書してても「この方法は前の本にも書いてあった」みたいに知識だけある奴になってたんです。

 

もちろん知識はあるのに越したことはないんですけど、ご存知の通り「知ってる」と「できる」ってまったく違うし、「聞いたことがある」と「知ってる」もレベルが違います。

 

「辞書」だけあっても意味がないのと同じように、読書して知識を身につけただけでは意味がなくて、それらの知識を自分の仕事やプライベートに活かさないと最高の自己投資とは言えないんです。

読書の落とし穴にハマった人

読書を最高の自己投資にするための方法

読書を習慣化したことで、逆に落とし穴にハマってた時期がありました。

 

なので抜け出すために、本の正しい読み方を勉強したんですよね。

 

そのなかで実際に「これはいい!」と思った4つの方法をお話するので、読書を最高の自己投資にするために参考にしていただければと思います。

本質を見抜く

読書を最高の自己投資にするために、一番大切なのは「本質を見抜くこと」です。

 

同じテーマやジャンルの本を2~3冊くらい読むと、著者によって具体的な説明が違うだけで、抽象化したら同じようなことを言ってると気づきます。

 

その本質を見抜くのが、読書を最高の自己投資にするための秘訣です。

 

本質さえ見抜ければ、あとは応用するだけですからね!

 

なので読書をするときには同じような本を数冊読んでみて、本質を見抜きましょう!

実践する

本を読むだけでは意味がない。それを活かせないなら、読んでないのと同じ。」なんてよく言われてますよね。

僕もそう思います。

 

教科書を読んだり、参考書を読んだりするのは、テストで良い点を取るためや試験で合格するためという「目的」が必ずあります。

 

つまり「目的」のために本を読むのが基本的な姿勢なので、今の仕事やプライベートで活かせないような読書方法なら意味がないんです。

 

本で得た知識を自分の仕事に活かせるように変換して、実際に試してみることが大切なんです。

 

すべてを仕事に活かせるわけではないし、実践する必要もありませんが、知識を定着させたりスキルを身につけたりするためにも「読書⇒実践⇒検証」のサイクルをガンガン回していきましょう。

自分の意見と戦わせる

本は著者の意見書です。

唯一の正解ではありません。

 

なので大切なのは、著者の意見を理解しながら、自分の意見と戦わせることです。

 

そうすれば深い理解ができるし、記憶もできるし、自分に足りない視点も身につけられます。

 

成功者が書いてる本でも絶対的な正解ではないので、自分なりの正解を導き出せるように読んでみると最高の自己投資に近づいていきます。

響いた言葉はメモをする

情報を受け取る状況によって自分に響く言葉は違います。

 

「今の自分」に響いた言葉が、「将来の自分」にも響くわけではありませんよね。

 

でも、1つだけ間違いないのは現在の自分には意味のあるフレーズだということです。

 

それらをメモして定期的に見返せば意識は変わってくるし、高いモチベーションを維持できるので、響いた言葉やフレーズ、考え方は手帳やスマホなどに保存しておくと良いですね。

1冊の本で人生が変わることもある

読書は最高の自己投資ですし、ときに1冊の本で人生が変わることもあります。

 

僕もその1人でした。

 

僕は会社員時代に「週4時間だけ働く」という胡散くささの塊のような本を三省堂書店で見つけました。

 

当時は「働き方を変えたい!」という漠然とした想いもあったし、人生を変えるヒントが見つかればと思って読んでみたんです。

 

そしたら胡散くさいどころか、著者がどうやって「週4時間だけ働く生活をできるようになったのか」についてのプロセスや方法が具体的に書いてあったんです。

 

なので僕はこの本に書かれてることを実践すれば自由に働けるかもしれない、毎日を思うがままに過ごせるかもしれないと思ったんです。

 

それから僕は「週4時間だけ働く」をベースに情報収集をして、実践したらフリーランスになれたんですよね。

 

なので「読書は最高の自己投資」なのは間違いないし、自分の人生を変えるきっかけにもなりうるので、本を読んだほうが良いですね!

 

僕が「週4時間だけ働く」を読んで実践した話は下記ブログ記事でしてます。

本の読み方が大切

今回は「読書は最高の自己投資だと思って本を読みまくった僕がハマった落とし穴」をテーマにお話をしました。

スポーツでもビジネスでも何でもそうですが、習慣化するといつの間にか落とし穴にハマってしまうことはあると思います。

 

そんなときには方法を疑ってみると良いですね。

読書を最高の自己投資にするためにも、正しい方法で本を読みましょう。

 


 


 

OTHER POSTS