怪しんでる女性

僕はブログ運営を始めるまえ「アフィリエイトって何か怪しいんだよな…」と思ってました。

「ブログで稼げるなんて意味がわからない」とか「そんな簡単に稼げるなら、みんなやってるでしょ?」と否定しまくってました。

 

だけどアフィリエイトが怪しいわけではないんですよね。

他の2つのことが怪しいだけなんです。

アフィリエイトは健全なビジネスモデル!

まずお伝えしたいのは、アフィリエイト自体のビジネスモデルは健全です。

アフィリエイトのビジネスモデルは主に2つです。

  • 広告収入
  • 代理販売収入

「アフィリエイト」って聞き馴染みない言葉なので抵抗があるんですけど、結局は「広告収入」か「代理販売収入」なんです。

広告収入

アフィリエイトの収入発生の仕組みの1つが「広告収入」です。

運営するブログやサイトに広告を貼り付け、ブログ訪問者がクリックすると収入が発生します。

 

有名どころだと検索エンジンを運営してるグーグルの「アドセンス」ですね。

僕も月収50万円くらいを稼げました。

 

では、どうしてグーグルが広告配信サービスを運営してるか?

それはサイト運営者がコンテンツ作成に集中できるようにするためです。

 

ブログやサイトって運営してるだけでは収入は発生しません。

スポンサーを見つけたり、有料広告を掲載してくれる企業を探したりして、収益化していく必要があります。

 

でもお客さんを見つけるのって難しいですよね。

それをグーグルが「アドセンス」を通じて担ってくれてるんです。

これでWebサイト運営者はコンテンツ作成に集中できるので、その結果グーグルの検索エンジンとしての価値もあがります。

 

また広告収入のビジネスモデルなんて巷に溢れてますよね。

新聞や雑誌などの紙媒体もそうだし、駅前の液晶や電車内にも広告をよく見かけます。

広告配信方法がブログやサイトなだけで、ビジネスモデルとしては普通なんです。

代理販売収入

これはブログやサイトに広告を掲載して、訪問者が広告に掲載されてる商品やサービスを購入したら、Webサイト運営者に収入が発生する仕組みです。

つまり、ブログやサイトを介して代理販売をしてるということ。

 

これも多くのWebサイトで見かけますよね。

トリバゴ」ならホテル予約の代理販売をしてるし、「トラベルコちゃん」なら旅行企画の代理販売、「食べログ」なら飲食店の予約受付の代行をしてます。

 

またネット以外でも代理販売してる企業なんて沢山あります。

「カーディーラー」はメーカーの代理販売してるし、「携帯ショップ」もメーカーの代理販売、「ほけんの窓口」も保険の代理販売をしてます。

これもまた代理販売の方法が店舗やお店ではなく、ブログになってるだけの話なんです。

手段がネットなだけ

「広告」でも「代理販売」でも、これらは一般的なビジネスモデルです。

ただ、アフィリエイトは手段が違うだけなんです。

 

新聞や雑誌の代わりがブログであり、店舗の代わりにWebサイトを活用してるだけなんです。

アフィリエイトは怪しくもなんともないんです。

 

より詳しいアフィリエイトの収入の仕組みは下記ブログ記事でお話してます。

疑うべきは「情報商材」

では、なぜ「アフィリエイトは怪しい」というイメージが出来上がったのでしょうか。

それは「情報商材」の存在です。

 

初心者がアフィリエイトブログを始めるって、具体的な方法がよくわからないですよね。

ブログ開設方法やブログの初期設定、広告配信サービスの利用方法などなど。

これらの具体的な方法が書かれてるのが「情報商材」です。

 

だけど一部の情報商材には酷いものもあります。

具体的な方法が書かれてないとか、やたら多いだけで中身がない情報商材も存在します。

それを購入してもアフィリエイトブログを作れなかったり、収入を得られなかったりするので、一部の人たちが「アフィリエイトは怪しい」と声高に唱えてるわけです。

個人的にも最もな発言だと思います。

疑うべきは「人間性」

また、もう1つの理由には「コンサルタント」の存在があります。

アフィリエイトブログでの稼ぎ方を教えてくれるコンサルタントです。

 

その中の一部のコンサルタントは、人間性が乏しいひとたちもいます。

「コンサルフィーを支払ってるのに全くコンサルしてくれない」とか「すべては教材に書かれてるから、それを読めば大丈夫」など。

こんな感じで、コンサルタントなのにコンサルしてない人たちもいるんですよね。

 

そりゃあ、安いとは言えない費用を支払ってるのに、こんな対応をされたら誰だって怒ります。

一部の悪質なコンサルタントの存在もあり、それが発展して「アフィリエイトは怪しい」というイメージが生まれたんです。

一部の悪いひとたち

見分ける方法

それでは、どうやって「良い情報商材」と「コンサルタント」を見分ければいいのか?

その方法をお話していきます。

ブログ運営をしてるかどうか。

まずは、その人が運営してるブログを見てみましょう!

コンサルタントってアフィリエイトブログのコンサルですよね。

それなのにも関わらずブログがないのはおかしいです。

 

「LINEに登録してくれたら、稼ぐ方法を無料で教えます」とか、いきなりTwitterでDMが来て「返信くれたら◯万円稼げるツールを提供します」など。

アフィリエイトブログのコンサルをするのにLINEっておかしいし、ブログ集客を教えるコンサルタントがDMで新規顧客を開拓してるのも意味わかりません。

 

実際に僕も何度かTwitter上でDMでお誘いを受けましたが、よく話を聞いてみると具体的な方法は一切教えてくれないんですよね。

「毎日2時間だけで月収◯◯万円稼げます」とか「自由に働くことが出来るようになります」など。

それはそれで魅力的なんですけど、具体的な方法をまったく教えてくれません。

 

このような人たちは避けるべきですね。

甘い言葉が少ない

当然なんですけど、良いコンサルタントはブログ運営をしてます。

ただ、甘い言葉が多いなら一度は疑いましょう。

 

アフィリエイトブログで収入を得るのはハードルは低いと僕も思います。

ただ、簡単にラクして誰でも稼げるわけではありません!

 

良いコンサルタントなら、それは分かってるはずなんですよ。

めちゃくちゃ優れてる「情報商材」や敏腕の「コンサルタント」だとしても、アフィリエイトブログで収入を得るために作業しないといけないのは購入者です。

正しい方法や努力の仕方を「情報商材」や「コンサルタント」から学んだとしても、実際にそれを実践するのはクライアントです。

 

またアフィリエイトブログの特性上、収益化するために最低でも3ヶ月はブログ作業を頑張り続けなきゃいけません。

つまりクライアントにも相応の「覚悟」と「決心」がないとアフィリエイトブログでの収益化は難しいんです。

購入者の頑張りがあるからこそ、コンサルタントを最大限に活用できるんです。

 

なのでコンテンツに甘い言葉が多いなら、ちょっとは疑いましょう。

この部分に関して下記ブログ記事で詳しくお話してます。

ブログ記事に共感できるかどうか

これは良いコンサルタントというよりも、自分に合ってるコンサルタントがどうかの見分け方です。

自分にとってブログ記事がわかりやすかったり、共感できる部分があるのかも大切です。

 

「分かりやすさ」って主観ですよね。

要点だけ書いてあるブログ記事のほうが分かりやすいとか、理由や背景なども書いてあるほうが良いとか、図とか画像が多めのほうが読めるなど。

自分の感覚に合うブログ記事かどうかもコンサルタントを選ぶ上で、大切にしたほうが良いです。

勘違いは勿体ない

今回は『アフィリエイトは怪しいと思ってる人が誤解してるたった2つのこと』をテーマにお話しました。

アフィリエイトブログの収益モデルは健全です!

だけど、その取り巻きの一部に許しがたい存在があるだけ…。

その一部の影響で、自分の知識やスキルを活かして収入を得られるブログをやらないのは、勿体ないんです。

あなたの英語マスター方法が誰かのためになるかもしれないし、旅行が好きならその体験が誰かの役に立つかもしれないし、映画が好きなら誰かと感想を分かちあえるかもしれません。

自分のスキルや知識で、収入を得られるのがブログなんです。

 

 

 


OTHER POSTS