5Gの実用化で動画時代が到来

2020年に5G(第5世代移動通信システム)が登場します。

この次世代通信システムが実用化されると「動画時代」が到来するなんて言われてますよね。

YouTubeやAbemaTVなどの動画配信サービスを見るときにストレスになってた「ダウンロードの遅さ」や「通信の不具合」などが減るから動画を見る人が増えるというものです。

たしかに動画を見るときに画面がフリーズすることもあるので、それは嬉しいですよね!

その一方で、テキスト情報が特徴であるブログは「オワコンになるよ!」とも言われてます。

すべては仮説や意見なので「正解・不正解」はないんですけど、個人的にはちょっと違うと思ってます。

なので今回は『5Gの実用化で動画時代が到来してブログはオワコンになるのか?』をテーマにお話をしていきます。

5Gを分かりやすく解説

まずは「5G(第5世代移動通信システム)」について分かりやすく解説していきます。

5Gの実用化で様々なサービスがアップグレードするみたいですが、今回は「動画」や「ブログ」に関わる部分だけにスポットを当てて説明しますね。

5Gとは次世代の通信システムで今まで「3G」や「4G」とかあったと思うんですけど、その最新版ということです。

では、5Gとはどのような通信システムなのか?

一言で説明すると「インターネット回線のストレスが限りなくゼロになる」というものです。

  • 高速大容量
  • 低遅延
  • 少コスト・省エネ

5Gが実用化することで、この3つの変化が起こるんです。(※他にもありますが、今回は動画やブログと関連度の高い変化のみにしてます)

「高速大容量」になれば2時間の映画が3秒~5秒程度でダウンロードすることができたり、「低遅延」が実現されるとスカイプやYouTube、ライブ配信などでのタイムラグもなくなります。

また「少コスト・省エネ」が可能になればデータ通信量が減って利用金額を安くできるし、端末のバッテリーの減りも緩やかになります。

だから、5Gが実用化されればインターネット回線絡みで感じてた「ストレス」や「不満」は一気に改善されるんですよね。

5Gで動画時代の到来?

5Gの実用化で「動画時代の到来!」なんて言われてます。

僕もそう思います。

だって「高速大容量」が実現できれば今まで動画を見るときに感じてたストレス(画面がフリーズするなど)を感じなくなるから、動画配信サービスやライブ配信も躊躇なく見られるようになります。

また「低遅延」になることでライブ感をより味わえるので、動画ならではの醍醐味や魅力がどんどん増えるのは間違いありません。

そして何よりも「少コスト・省エネ」になれば誰でも気軽に動画を撮影し公開したり、ライブ配信もできるようになるので「見る側⇒見せる側」になることもできます。

なので、今まで不便に感じていた動画のハードルはなくなるし、気軽に誰でも動画配信ができるようになるので、5Gの実用化で動画時代が到来するのは間違いないと個人的には思います。

動画を気軽に撮影してる人

ブログはオワコンになる?

5Gの実用化で「動画時代」が来るのは明白です。

なので一部では「ブログはオワコン」だなんて言われてます。

その理由は「動画時代」の到来でWeb上に動画コンテンツが増えるから、テキスト情報がメインのブログは衰退していくというもの。

確かにそうなるかもしれません。

今まで動画コンテンツが少なかったから致し方なくブログを読んでた人もいるだろうし、容量の問題で動画よりもテキストコンテンツを選んでいた人もいるとは思います。

そういう人たちが「ブログ⇒動画」へ移行することは十分に考えられます

だけど、個人的にはブログがオワコンになるとは思ってません。

だってテキストも動画も情報を得る1つの手段なんだから、どちらが良くてどちらが悪いという話ではないし、どちらにもメリット・デメリットはあるからです。

簡単に早く知りたいなら動画よりもテキストのほうが向いてるし、解説を交えてインプットしたいなら動画のほうが向いてますよね。

また、テキストを読むのが面倒なら動画を見ればいいし、動画を見るのが面倒ならテキストを読めばいい。

つまり「情報をどうやって受け取りたいか?」だけの話です。

それを「動画時代の到来」だから「ブログはオワコン」って、個人的には「?」が飛びまくりです笑

価値あるコンテンツは残る

「動画時代の到来」だから「ブログはオワコン」というテーマでお話してきましたが、元も子もないことを言っちゃいます笑

結局、「価値あるコンテンツ」は残るんです。

すみません。。。

ホント今までの話がなくて良いくらい、元も子もないことを言ってしまいました笑

でも、ホントここだけだと思います。

テキストでも動画でも情報を受取るための「手段」でしかありません。

大切なのは「情報」です。

その情報がユーザーにとって価値あるものならブログであれ動画であれ重宝されるだろうし、価値ないものならテキストでも動画でも残るはずがありません。

分かりやすかったりや誰かを感動させたり、誰かの悩みを解決するような情報なら廃れることはありません。

逆に、「動画時代の到来」だからといって内容のないコンテンツや意味の分からないコンテンツを配信したとしても、一時期は話題になるかもしれませんが確実に廃れていきます。

だから大切なのは「価値あるコンテンツ」を作りつづけることなんです。

価値あるコンテンツを作ろうとしてる少年

複数のメディアを持てば良い

大切なのは「価値あるコンテンツ」を作ることです。

そして、その価値あるコンテンツを届けるための手段は多いほうが良いですよね!

1人でも多くの人に情報を届けるには「きっかけ」や「窓口」を増やすのは鉄則です。

だから「ブログ」や「動画」、「SNS」や「Note」など全てのメディアを活用して情報発信すれば良いんです。

たとえば動画コンテンツからブログへの導線を引いたり、ブログ内に動画コンテンツを埋め込んだり、それらの情報を検索エンジン上だけではなくSNSなどの他のプラットフォームでも発信したりと。

マルチメディア戦略を駆使すれば「動画の時代」が到来したとしても全く影響はありません。

また次の「◯◯時代」が到来したとしても受ける影響は少ないと思います。

結局「どっちが1つにしよう!」みたいな発想があるから「5Gの実用化で動画時代が到来してブログはオワコンになるのか?」みたいな話になるんです。

それ自体が無意味なことだと僕は思います。

そういう発想をベースにするなら「冬に着るのはダウンジャケットだけ」とか「夏は短パンだけ」みたいなことになります。

これは最悪ですよね笑

冬にダウンジャケットを着るのは「寒さ対策」なんだから、それが出来るならダウンジャケットである必要はありません。

コートでもジャケット&マフラーでも十分な日もありますよね。

「寒さ対策の正解は1つ」ではありません。

だから「動画時代」だから「動画だけ」なのではなく、動画でもブログでもTwitterでもNoteでも情報発信すれば良いんです。

複数のメディアを所有しておけば、ありとあらゆる状況に対応することができます。

ただ…。

今から動画時代が来そうだから動画に「ウェイトを置いてみる」というトレンド感は必要です。

流れに乗ることも大切ですからね。

話が逸れてしまいましたが…。

1つの手段だけに頼るのではなく、複数のメディアで情報を発信していきましょう。

そうすれば次の「◯◯時代」が到来しても十分に対応できると思います。

「目的」と「手段」を明確にする

今回は、「5Gの実用化で動画時代が到来してブログはオワコンになるのか?」をテーマにお話をしました。

5Gが実用化されれば動画を見るときのストレスは減るし、誰もが気軽にライブ配信や動画公開できるようになるので「動画時代」が到来するのは必然のことだと思います。

だからといって「ブログはオワコン」になるわけではありません。

動画でもブログでも価値あるコンテンツを提供するための手段でしかないからです。

「目的」と「手段」を明確にして、どの手段で情報発信したら良いのか

そこが大切なんだと僕は思います。

 

 

 


OTHER POSTS